勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-10-06 (金) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 千古乃岩 辛口純米酒
 NEC_1148.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+1.3
 酸度:1.5

 このお酒を造るのは創業明治42年の千古乃岩酒造さん

 岐阜県土岐市にあります

 銘柄は地元にある名石「稚児岩(ちごいわ)」が由来

 千年のめでたさを願いすこやかな子供のように大きくなるよう字を変えています

 仕込水は硬度が0.4以下の超軟水を使用

 4代目で越後流の蔵元杜氏が醸します

 ホームページを見ると海外展開を強化している様子

 香港やシンガポールの食品展示会に出展しています

 蔵元杜氏が若いので色々とチャレンジしているのでしょう

 今回のお酒は円やかな米の旨味が楽しめるもの

 全体的にはスッキリとした辛口ながらコクのある味わいがいい

 香りは穏やかで和食と合わせやすい感じか

 美味しかったです



 引き続き愛知県西部に行った時のことです

 愛西市の佐屋から向かったのは津島市

 今回のメイン目的は津島市

 理由は尾張津島秋まつりが開催されていたから

 町の中には山車が出ています
DSC_0469.jpg

 そして津島神社を参拝
DSC_0473.jpg

 ここは全国約3000あるといわれる「天王社」の総本山
DSC_0475.jpg

 西の八坂神社・東の津島神社と言われるだけあり立派でした

 ちなみに神社の横にあるのは天王川公園
DSC_0476.jpg

 ここも日本歴史公園100選に選らばる大きな公園でした

 津島市をあとに向かったのはあま市の甚目寺

 ここは尾張四観音の一つとして知られるお寺です
DSC_0478.jpg

 塔など立派な建物がいくつもあります
DSC_0479.jpg

 どうやら聖徳太子の母親である推古天皇の時代が始まりの様子

 国の重要文化財も6件あるとのこと

 さすがは駅名になるほどのお寺です

 今回の散策で初めて知るような観光資源がたくさんありました

 まだまだ愛知県も行くところがいっぱいありそうで楽しめそうです

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-10-03 (火) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 米宗 純米吟醸無濾過生原酒 山廃酛
 NEC_1129.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:美山錦)
 精米歩合:55%
 日本酒度:+2
 酸度:2.3
 アミノ酸度:1.7


 このお酒を造るのは愛知県愛西市にある青木酒造さん

 米宗は今回で2回目

 前回は約1年前にいただきました

 蔵の特徴は山廃造り

 前回は山廃ではなかったので米宗の初山廃です

 今回のお酒はしっかりした濃醇な味わいが楽しめるもの

 熟れた果実のような甘味にしっかりした酸味がグッド

 濃い目の料理にもびくともしない芯の強さは秀逸

 とっても美味しかったです 



 この前の週末は愛知県の西部を散策してました

 行ったのは弥富市・愛西市・津島市・あま市

 まずは弥富市

 歴史民俗資料館で弥富について勉強
DSC_0458.jpg

 弥富は金魚の町として有名です

 150年もの歴史があり資料館にも水槽で展示
DSC_0461.jpg

 そんな弥富なのでゆるキャラも金魚をモチーフにしたもの

 水槽のなかに弥富の「きんちゃん」というキャラがいました
DSC_0460.jpg

 歴史民俗資料館を出るとすぐ西側に木曽川があります

 天気も良く雄大な木曽川が気持ちが良かったです
DSC_0465.jpg

 続いて行ったのは愛西市

 名鉄線「佐屋駅」で下車して散策

 愛西市は蓮やレンコンで有名な町

 特に蓮は観光スポットもあるようですが残念ながら季節はずれ

 そこで佐屋代官所址に行きました
DSC_0468.jpg

 ここはかつて徳川3代将軍の家光が上洛時に宿泊していた場所

 佐屋路の隆盛とともにかつては繁栄していたのでしょう

 代官所址にあったのが水鶏塚
DSC_0466.jpg

 松尾芭蕉が江戸から伊賀に帰郷途中に詠んだ句が記されています

 今年は伊賀上野や大垣といった芭蕉ゆかりの地によく行く自分

 最近、行く先々で芭蕉ゆかりのものにやたらと出会います

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-09-30 (土) | Edit |
 今月は健康診断於結果がでました

 肝臓は良かったのですがピロリ菌が発見されました

 精密検査のためした胃カメラは二度としたくないですね

 仕事は今年度の上半期が終了

 まずまずの成果を出せて良かったです

 そんな2017年9月に飲んだお酒はこちら

 花泉 ロ万 純米吟醸
 華鳩 華colombe
 櫻室町 赤碧雄町 80%純米
 KAKEYA 純米無ろ過生原酒
 大信州 純米吟醸 手の内 生詰
 純米吟醸 碧乃都美人
 南長 純米
 白川郷 炭酸純米 泡にごり酒
 浦霞 特別純米 ひやおろし

 そのなかで美味しかったベスト3を勝手に発表

 横綱:大信州 純米吟醸 手の内 生詰
 大関:華鳩 華colombe
 関脇:浦霞 特別純米 ひやおろし

 その他にも 花泉 ロ万 純米吟醸 がとっても美味しく、自分の好みのお酒が多かった気がします

 来月からはいよいよ仕事は第3四半期に突入

 仕事も繁忙期に入ってきます

 忙しくなりそうです






にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-09-27 (水) | Edit |
 今月も浦霞を飲んでいます

 浦霞 特別純米 ひやおろし
 NEC_1152.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:ササニシキ)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+1~2
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは宮城県塩竃市にある佐浦さん

 浦霞は今回で13回目

 毎月飲んでいますが今年初のひやおろし

 ちなみに浦霞のひやおろしは7年振りです

 今回のお酒はリンゴを思わせる味と香りが楽しめるもの

 上品で心地よい甘味と爽やかな酸がグッド

 十分に味が乗った旨に飲み飽きしない味わいがいい

 とっても美味しかったです

 これぞ浦霞という感じでクセになりますね



 今年の健康診断で要精密検査と診断された自分

 原因はピロリ菌です

 早速、精密検査に行ってきました
DSC_0392.jpg

 人生初の胃カメラ

 待合室で待っている間も緊張します

 そして遂に呼ばれて鼻から胃カメラが挿入

 麻酔をしているとは言え鼻や喉にはツンと違和感がする

 たまにくる嗚咽が苦しい

 看護婦さんが背中をさすりながら励ましてくれます

 胃カメラの時間自体は約3分くらいでしょうか

 今までの人生で一番といっていいほど長い3分間でした

 もう二度としたくないですね

 その後は息を採取してのピロリ菌検査

 そしていよいよ精密検査の結果がでました

 間違いなくピロリ菌ですと

 胃カメラで撮影した写真とともに説明してくれました

 最後に医者がひとこと

 これを記念にどうぞ
IMG_20170923_081354.jpg

 胃カメラで撮影した自分の胃の写真です

 記念にって・・・

 見ても分からん

 だいたい何の記念なんだか

 結局、最後にピロリ菌を除菌する1週間分の薬をもらいました
IMG_20170923_081337.jpg

 1カ月後に再検査があります

 無事に除菌されていることを祈るばかりです

  

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-09-24 (日) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 白川郷 炭酸純米 泡にごり酒
 NEC_1150.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:70%
 日本酒度:-50


 このお酒を造るのは創業天保8年(1837年)の三輪酒造さん

 岐阜県大垣市にあります

 蔵は白川郷の近くにあるわけではありません

 どぶろく祭り用に売れるどぶろくの製造を白川村から依頼されます

 造った商品が昭和51年に製品化され白川郷が生まれました

 コンセプトは祭りのどぶろくに近いもので都会の人々に喜ばれる商品

 今では海外にもうすにごり酒が輸出されているそうです

 そういえば白川郷純米にごりは埼玉のスーパーでもよく見かけます

 販売力のある蔵なのでしょう

 今回のお酒はヨーグルトのような酸味が楽しめるもの

 発泡しており爽やかなタッチと甘味が女性向きな感じ

 11度の低アルコールなのも飲みやすい

 美味しかったです



 今は名古屋に単身赴任しており自分は社宅暮らしをしています

 家族は埼玉にいますがこちらも社宅暮らし

 家族の方はいつまでも社宅にいられるわけではありません

 そこで最近は埼玉に帰ると不動産屋さんや住宅展示場へ行き物件を物色

 色々とパンフレットを見て研究しています
DSC_0391.jpg

 しかし、これがなかなかしんどい

 特にハウスメーカーは営業が熱心

 大きな買い物なのですぐには決断できないんですが・・・

 とは言っても色々と情報は欲しいし・・・

 当面悩ましい日々が続きそうです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村