勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2016-02-22 (月) | Edit |
 静岡のお酒を飲んでいます

 英君 純米吟醸 無濾過生原酒
 NEC_0915.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:五百万石)
 精米歩合:55%
 日本酒度:+5
 酸度:1.7
 使用酵母:静岡HD-101


 このお酒を造るのは創業明治14年の英君酒造さん

 静岡県静岡市清水区にあります

 銘柄の由来の説は2つ

 ひとつは創業年に日英修好通商条約が結ばれた為「英」の文字を取った

 静岡で晩年を過ごした徳川慶喜を「英でた君主」と慕う気持ちから命名したものです

 仕込水は桜野沢の湧き水を使用

 中軟水のこの水を蔵に引き込み鉄分を徹底除去しています

 ちなみにこの水のため山ごと地主から買ったそうです

 年間製造量は約600石

 目指すは料理と一緒に楽しむ酒です

 今回のお酒は穏やかなメロンのような味わいが楽しめるもの

 口当たりのいい爽快な飲み口ながら膨らみのある旨味が乗っている

 香りは穏やかでキレもよく食事と合わせやすい

 とっても美味しかったです
  


 引き続き福島へ行った旅行のことです

 2日目には氷が張っている檜原湖へ

 湖上の小さな小屋へスノーモービルで行きました
NCM_4347(ワカサギ1)

 目的はワカサギ釣り

 小さな釣竿を準備します
NCM_4344(ワカサギ2)

 いざスタートです
NCM_4342(ワカサギ3)

 一昨年と3年前にも家族でワカサギ釣りに行きました

 自分の釣果は2回連続で家族最下位

 ここは父親としての威厳を見せたいところ

 結果はというと・・・
NCM_4345(ワカサギ4)

 自分が7匹でトップ

 ちなみに娘が6匹、嫁さんが5匹と僅差の勝負でした

 釣ったワカサギは近くの道の駅で天婦羅にしてもらいました
NCM_4352(ワカサギ5)

 甘くてホカホカのワカサギは最高に美味しかったですよ

 そして冷えた体にはやっぱり温泉

 大塩裏磐梯温泉の米澤屋さんで日帰り入浴しました
NCM_4349(ワカサギ6)

 ここは日本秘湯を守る会の会員宿

 大塩の名のとおりしょっぱい味の塩化物泉で体はポカポカ

 いい旅行となりました

 
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: