勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-12-02 (水) | Edit |
 新潟のお酒を飲んでいます

 越後鶴亀 純米吟醸
 NEC_0876.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:五百万石・こしいぶき)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 

 このお酒を造るのは創業明治23年の越後鶴亀さん

 新潟県新潟市西蒲区にあります

 銘柄の由来は初代がわかりやすくおめでたい商標を考えたこと

 それで「鶴亀」と名付けられました

 蔵はもともと上原酒造という名前でした

 この蔵は全国で初めて地ビールの生産を開始

 東京芸大出身の5代目がアイデアマンだったようです

 しかし2010年に民事再生法を申請

 多くの酒蔵と同じように経営的に苦労されていたのでしょうか

 そして2011年に現在の名前になりました

 東京の酒問屋「佐々木」さんが支援して再出発したようです

 確かにスーパーなどで越後鶴亀はそこそこ見かけます

 卸問屋の営業力が背景にあるのでしょう

 今回のお酒は吟醸らしいフルーティーな味わいが楽しめるもの

 香り程よく爽やかで軽快なキレもある

 個人的にはもう少しコクがある方が好みもコスパはグッド

 美味しかったです



 先週の土日は泊りで1泊2日の旅行へ行ってきました

 行き先は茨城

 茨城県プレミアム付き宿泊券・周遊券をゲットしていたからです

 まず行ったのは笠間焼という陶器で有名な笠間へ

 ここでは陶芸体験をしてきましたよ
NCM_4051(陶芸4)

 嫁さんは電動ろくろに熱中
NCM_4047(陶芸1)

 お皿やお猪口を作っていました
NCM_4050(陶芸3)

 娘は手ひねりで湯のみを作成
NCM_4049(陶芸2)

 小学校でやっている粘土と同じようにはいかなかったようです

 その分、茶碗への絵付けは頑張っていましたよ
NCM_4052(陶芸5)

 自分は二人のサポーター

 手先がホント不器用で変な形のものしか作れないもので・・・

 午前中いっぱい楽しんでいるとお腹が空いてきました

 そこで陶芸教室の隣りにある蕎麦屋へ
NCM_4053(陶芸6)

 打ちたての蕎麦は最高でした

 最後は笠間工芸の丘にある公園でのんびり
NCM_4055(陶芸7)

 自然溢れる笠間はホントいい所でした

 ちなみに今回作った陶器が焼きあがるのは約2カ月後

 完成品が楽しみです  

   

 
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: