勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-08-22 (土) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 御湖鶴 純米吟醸
 NEC_0834.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%
 日本酒度:±0
 酸度:1.8


 このお酒を造るのは創業大正元年の菱友醸造さん

 長野県諏訪郡下諏訪町にあります

 銘柄は初代創業者が見た夢が由来

 夜に諏訪湖へ飛来し一服の安らぎをとる鶴の華麗さから命名しました

  コンセプトは「透明感のある酸味」

 お酒だけが主張するのではなく料理と自然に調和のとれる味わいを追求

 繊細さを映し出すような日本酒造りを心掛けています

 かつて品評会で賞を受賞するなど輝かしい歴史のあった蔵

 ところが時代とともに一時は廃業同然に休造していたようです

 そのような蔵を平成15年に26歳で引き継いだのが現蔵元杜氏です

 昼夜を問わずに没頭した熱意による新生「御湖鶴」が誕生

 今では県内外から非常に高い評価を受ける蔵となっています 

 仕込水には黒曜石の産出地である和田峠の湧き水「黒曜天然水」を使用

 蔵元杜氏はかつてプロスノーボーダーを目指していたようです

 今回のお酒は円やかな旨味と穏やかな香りが楽しめるもの

 酸によるキレが心地よく全体のバランスがとってもいい

 どんな料理にも合わせやすく邪魔をしない味わいは秀逸の一言

 自分は手羽先の焼き物と一緒に飲みましたが杯が進む進む

 とっても美味しかったです

 また違うスペックを試したいと思います



 引き続き嫁さんの実家へ帰省したときのことで

 3泊4日の帰省では2日連続で海へ

 ここではまったのが磯での貝採り
NCM_3704(磯1)

 蒸すと美味しいとの情報で俄然やる気がでます

 しかしアクシデント発生

 浅瀬を歩き回っていると気付かずウニを踏んでしまった

 ディスカウントショップで買った磯遊び用の靴をウニの針は貫通

 398円の靴では仕方がないか

 負傷しつつも気を取り直して捜索再開

 一生懸命捕まえましたよ
NCM_3708(磯2)

 水深2m位の所も潜って大きめの貝もゲット
NCM_3709(磯3)

 夜のおつまみは当然これ

 実家に戻り調べるとクボガイという貝の種類でした

 塩茹でしたクボガイを新鮮で最高
 NCM_3713(磯)

 自分で獲ると美味しさ倍増ですね



スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: