勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-06-10 (水) | Edit |
 鳥取のお酒を飲んでいます

 冨玲 特別純米酒 生もと仕込
 NEC_0792.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+7.5
 酸度:2.3


 このお酒を造るのは創業慶応元年(1865年)の梅津酒造さん

 鳥取県東伯郡北栄町にあります 

 銘柄は応援団が応援するときの掛け声「フレー、フレー」に由来

 留学経験のある3代目が蔵を継ぐにあたりつけたものです

 目指すは「しっかりした造りの程よく熟成した、お燗で美味しく飲める純米酒」

 平成18年からは全量純米蔵となっています

 蔵の特徴は19年度から取組む生もと造り

 現蔵元が生産量を一気に減らし手作業による製造に戻しました 

 上槽は昔ながらの槽(ふね)によるもの  
 
 清酒の他にも長いも焼酎や野花梅を使った梅酒も醸しています

 今回のお酒はまさに生もとの酒をといった感じ

 厚みのある旨味とふくらみのある味わい

 酸の効いた味わいは燗映えする

 美味しかったです



 引き続き東京ディズニーシーに行ったときのことです

 ここに行くと娘からせがまれるもの

 今回もぬいぐるみを買わされました
NCM_3534(ディズニーシー5)

 一緒にいった娘の友達も色々とグッズを購入

 カチューシャや手で持つ扇風機などを買ってもらってましたよ

 ところが帰る直前に男の子がぬいぐるみが欲しいと駄々をこねだしました

 これまでも買ってもらっており母親は「ダメ!!」と言いますが諦めない

 ならば自分で買うと財布から小銭を出して自己資金を数え始めます

 ただ殆どが1円玉や10円玉

 しかも大量にあったため、店の前でみんなで数えるお手伝い
 NCM_3527(ディズニーシー6)

 結局、男の子の全財産は約1000円でぬいぐるみの値段には全く足りず
  
 しかし、男の子の執念が実りました

 お小遣いを前借して念願のぬいぐるみを購入

 借金してまで欲しいものを買う

 この子の将来に一抹の不安をちょびっと感じました


スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: