勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-05-28 (木) | Edit |
 静岡のお酒を飲んでいます

 富士錦 純米酒
 NEC_0788.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+2
 酸度:1.3


 このお酒を造るのは創業元禄年間(1688~1703年)の富士錦酒造さん

 静岡県富士宮市にあります

 銘柄の由来は政治家である尾崎行雄氏の言葉

 氏が蔵を訪れたとき富士山が赤く染まった風景に感激

 故郷に錦を飾った事を「富士に錦なり」と残したのが由来です

 蔵は昭和46年に純米酒を発売

 これが戦後、初めて正式に純米酒が発売されたとのことです

 蔵元は元証券会社のシンクタンクに勤務

 奥様の父親が先代であり退社後に東京農大で醸造学を勉強

 31歳で酒造りにデビューしたとのことです

 造りを担当するのは南部杜氏

 蔵人たちとともにシーズンになると岩手から造りにきます
 
 蔵の年間製造量は約2000石

 殆どが静岡県内で消費されています

 今回のお酒は飲み口は軽めのもの

 その後にややモッタリとした味わいが続きます

 コクのある旨味もそれ程なくやや苦手な感じでした



 先日、娘が学校で生まれて初めて野球みたいのものをしたとのこと

 結構、楽しかったようでした

 そこでイオンに行っておもちゃのバットとボールを購入
NCM_3468(バット1)

 早速、2人で近くの公園に行ってきました
NCM_3470(バット2)

 バットもボールも大きいので投げると結構バットにあたる

 娘は思い切り振るので結構飛びます

 しかし、これが2人でやっているので大変

 打ったボールを取りに行くのにダッシュの繰り返し
NCM_3473(バット3)

 さすがに疲れたので投打のチェンジを打診すると

 「投げるとボール取りに行くのが疲れるから嫌だ」

 そりゃないですよね~



スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: