勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-05-04 (月) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 都鶴 純米 極辛
 NEC_0772.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦60%)
 精米歩合:70%
 日本酒度:+6
 酸度:2.0


 このお酒を造るのは創業昭和45年の都鶴酒造さん

 京都市伏見区御駕籠町にあります

 都鶴酒造さんの商標である都鶴は歴史あるもの

 都鶴は天保11年(1840年)の「江戸積銘酒大寄為御覧表」で前頭に格付されていました 

 銘柄は長寿のシンボル鶴と千年の歴史を持つ京都を組み合わせたもの

 昭和45年に中野酒造さんから譲り受けた商標です

 「心を込めた手造りの酒」

 HPにある言葉です

 造りを担当するのは丹波杜氏

 年商1億5000万円と伏見では小規模な蔵です

 今回のお酒はじっくりと旨味が乗った味わいが楽しめるもの

 厚みのあるコクが飲みごたえがある

 高精白ですが飲み口に引っかかりがなく盃が進む

 美味しかったです 



 GW前半の30日は会社は休み

 娘は小学校のため、一人で埼玉県行田市に行ってきました

 まず行ったのはさきたま古墳公園

 埼玉県内でも随一の古墳群です

 始めは前方後円墳である稲荷山古墳
NCM_3374(古墳2)

 登った古墳の上から見た景色もグッド
NCM_3375(古墳3)

 ちなみにこの古墳から発掘されたのが国宝「金錯銘鉄剣」
NCM_3387(古墳7)

 太古のロマンを感じます

 次に登った古墳は丸墓山古墳
NCM_3378(古墳5)

 この古墳は日本最大規模の円墳です

 他にもたくさん古墳がありましたよ

 ちなみに公園を歩いているとこんな垂れ幕を発見
NCM_3381(古墳6)

 世界遺産への登録を目指しているんですね

 世界遺産の基準のレベル感はわかりませんが頑張って欲しいものです

 そういえば園内にはこんな看板も発見しました
NCM_3373(古墳1)

 この平成の世に古墳を荒らす人がいるとも思えませんが・・・

 でも貴重な歴史遺産なのでしっかり守っていきたいものですね






スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: