勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-02-26 (木) | Edit |
 静岡のお酒を飲んでいます

 白隠正宗 辛口純米 しぼりたて生原酒
 NEC_0747.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:あいちのかおり)
 精米歩合:65%
 日本酒度:+6
 酸度:1.6
 酵母:静岡酵母NEW-5


 このお酒を造るのは創業文化元年(1804年)の高嶋酒造さん

 静岡県沼津市にあります

 銘柄は朝廷が白隠禅師に贈った国師号「正宗国師」が由来

 明治に朝廷の使者が白隠禅師に国師号を携え蔵に来た時のこと

 使者である山岡鉄舟が蔵のお酒を気に入り命名したそうです

 「この地でしか作れない地酒を最高のコミュニケーションツールに」

 HPにある蔵のコンセプトです

 そのためには地酒も地元のものに合わせる必要がある

 静岡には他地区に比べてえぐみのある魚や料理も多いようです

 そこで従来の静岡型にプラスしてコクのあるタイプの酒造りをしています

 仕込水は敷地内の地下150mから湧き出る軟水を使用

 この水は富士山の伏流水で地元の方にも提供しています

 年間製造量は約600石  

 病で倒れた南部杜氏を引き継いだ蔵元杜氏が醸します
 

 今回のお酒は奥行きがあって膨らみのある味が楽しめるもの

 ギュッと詰まった力強い旨味が口に広がり心地よい

 それでいて重さはなく飲み疲れしないため盃が進む

 美味しかったです



 先週の土曜日は天気もよく外出

 新聞屋さんにチケットをもらった「むさしの村」に行きました
 NCM_3128(むさしの村1)

 フリーパスだった娘はアトラクションに乗りまくり

 ジェットコースターは降りたら、すぐに乗るの繰り返しです
NCM_3129(むさしの村2)

 並んでもすぐ乗れるのがありがたいですね

 そんなアトラクションのなかで娘が最もはまったのがこちら
NCM_3125(むさしの村3)

 「カード迷路 ぐるり森 大冒険」という大型の迷路です

 迷路も楽しいのでしょうが最大のポイントは出口でカードがもらえること

 生き物や植物をキャラにしたカードがなかなか可愛い
NCM_3145(むさしの村4)

 出ては入っての繰り返しで何枚もカードをもらっていました 

 調子に乗ってカードを手で持ちながら迷路をしていたからでしょうか

 帰るとき一番のお気にいりカードがないではないですか

 どうやら途中で落とした模様

 大泣きしながら探しましたが見つからず・・・

 何とも後味が悪い感じでしたが帰りの車中でお菓子を食べると気分一新

 家に着く頃には機嫌が戻り、近所の友達を誘い遊んでいました 

 夕食時もカードの話など一切なし

 あの大粒の涙は何だったのか

 子供の心の切り替え力、羨ましいです




 
 
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: