勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2014-09-12 (金) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 鼎 純米吟醸 限定秋上がり
NEC_0675.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは創業天保3年(1832年)の信州銘醸さん

 長野県上田市にあります

 昭和33年に4つの蔵が合併してできた酒蔵です

 銘柄は三本の足がついている古代中国の金属製器が由来

 王位の象徴である鼎

 蔵の世代がかわる三人を中心に頂点を目指す意味が込められています 

 他にも「梁山泊」「喜久盛」「黒耀」などのブランドがあります

 仕込水には黒耀の湧き水を使用するものもあります

 この水の硬度は0.95と超軟水

 他にも特徴ある商品を醸しているようです

 蔵は鑑評会で7年連続金賞受賞

 実力ある蔵です
 
 今回のお酒は華やか香とフルーティーな味わいが楽しめるもの

 口に含むと心地よい含み香が鼻を突き抜け、旨味が広がります

 コクはあえて抑えているのか軽やかな飲み口

 味わいの余韻が残る後口もいいですね

 とっても美味しかったです


 群馬旅行の記事も今回で最後です

 チャツボミゴケ公園をあとに向かったのは草津温泉
NCM_2580(草津温泉1)

 有名な湯畑にはたくさんの人がいました
NCM_2584(草津温泉2)

 湯畑の大きさと、その湯量は圧倒的
NCM_2585(草津温泉3)

 観光客も集まるわけだ

 温泉まんじゅうを頬張りながら温泉街を散策しましたよ

 もちろん温泉にも入りました
NCM_2588(草津温泉4)

 草津温泉は温度が高いことでも有名

 46℃のとっても熱いお湯にも浸かりましたが、1分ももたず・・・

 低い温度の湯船で温まりました

 帰り際、嫁さんがお店で土産を購入しました
NCM_2592(ぐんまちゃん)

 3月に続きぐんまちゃんのワンカップです

 前回からイラストが変わった日本酒と梅酒です

 空きグラスをコップに使うため購入

 中身を飲む係りは、もちろん自分ですよ


スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: