勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2014-09-04 (木) | Edit |
 山梨のお酒を飲んでいます

 七賢 純米大吟醸 絹の味
NEC_0670.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:夢山水)
 精米歩合:47%


 このお酒を造るのは創業寛永3年(1750年)の山梨銘醸さん

 山梨県北杜市にあります

 銘柄は5代目が「竹林の七賢人」の欄間一対を頂戴したことが由来

 母屋新築の際、以前の主の高遠城主内藤駿河守より竣工祝に頂きました

 ちなみに竹林の七賢人とは3世紀末の中国で活躍した知識人です

 創業者は蔵のある白州の水質の良さに惚れ込み当地にて創業

 この花崗岩層で濾過された甲斐駒ヶ岳の伏流水で醸します

 ちなみに蔵の近くを流れる尾白川は日本の名水百選に指定されるほど

 水を見る目があったんですね

 蔵は米にも力を入れており農業法人を設立

 原料からこだわる真の地酒を求め、地元農家とも連携しています

 今回のお酒は大吟醸らしいフルーティーな味わい

 香りは穏やかで口当たりよく全体的にはスッキリとした感じ

 それでも上品できめの細かい繊細な甘味が存分に楽しめる

 とっても美味しかったです 


 8月最後の週末は群馬へ旅行に行きました

 しばらく群馬旅行のことを書きたいと思います

 最近の群馬で旬といえば世界遺産に登録された富岡製糸場

 ブームに沸いてて混んでそうなので、そこはあえてスルー

 最初に行ったのは高崎です

 行き先は高崎白衣大観音
NCM_2510(高崎観音1)

 大きな観音様は仙台の観音様を思い出させます
NCM_2508(高崎観音2)

 この観音様、なんと戦前の昭和11年に建立されています

 こんな立派な観音様が約80年前に建立されたことに驚きました

 次に行ったのは少林山達磨寺

 高崎といえば達磨が有名ですね

 庭は整理されていてとても綺麗なお寺です
NCM_2520(達磨5)

 寺の中には達磨のおみくじがあり、嫁さんがやっていましたよ
NCM_2516(達磨3)

 このおみくじ300円なのですが達磨付でなかなかお得
NCM_2591(達磨4)

 肝心のおみくじの内容は小吉と中途半端なものでしたが

 さらにお寺を散策すると境内に達磨を返却する場所がありました

 山積みになっている達磨たち
NCM_2514(達磨1)

 普段、なかなか見ることのできない眺めです

 そのなかに何故か・・・
NCM_2515(達磨2)

 招き猫が1匹いました





 
  
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: