勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2014-08-28 (木) | Edit |
 和歌山のお酒を飲んでいます

 車坂 純米大吟醸 生原酒 新酒鑑評会 出品酒
NEC_0657.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:40%
 日本酒度:+4
 使用酵母:1801号


 このお酒を造るのは創業大正4年の吉村秀雄商店さん

 和歌山県岩出市にあります

 銘柄は小栗判官が熊野に向かう際に通ったといわれる坂が由来

 熊野は古より死者再生の聖域で、男女・貴賎を問わず参拝していました

 日本酒にも労苦を癒し喜怒哀楽と共にとの想いが込められています

 目指すは上り坂を歩む力強さの中にも後味は下り坂を駆け下りるような爽快感のあるお酒

 他のブランドとして日本城や鉄砲隊があります

 地酒と言えば飲食店などに看板の協賛しているケースが多いと思います

 特に地方へ行くと、その土地のお酒の看板をよく目にします

 ところが吉村秀雄商店さんは殆ど協賛をしていません

 看板争いはシェア争いの賜物であり、2代目が中止を決意

 「販促費を掛けるくらいなら、米をもっと磨け」

 世の流れを見据えて品質向上に尽くしたとHPにありました

 仕込水にはやや軟水の紀ノ川の伏流水を使用

 焼酎やリキュールも製造しています

 今回のお酒はフルーティーで華やかな味と香りが楽しめるもの

 コクのある深い味わいはお酒単体で楽しめる

 口に入れると華やかな含み香が鼻を突きぬけ心地いい

 とっても美味しかったです


 先週末の夕方、娘は浴衣に着替えました
NCM_2492(盆踊り1)

 行き先は盆踊り会場
NCM_2494(盆踊り2)

 自治会主催のイベントです

 お店もいくつか出ており盛り上がっています
NCM_2495(盆踊り3)

 東京音頭や花笠音頭などが大音量で流れます

 自分が小さい頃はアラレちゃん音頭がよく流れていました

 当然ながら今のご時世、アラレちゃん音頭は流れず残念

 今は氷川きよしのズンドコ節なんかが流れていましたよ

 夜も更けてきて雰囲気があがってきます
NCM_2497(盆踊り4)

 いよいよ盆踊りのスタートか

 と思いきやなんとここで大雨

 嫁さん曰く、自分が行けなかった前日、娘は踊りまくっていたとのこと

 おばあさんに混じり子供は娘と友達の2人だけの状況だったらしい・・・

 不思議そうなシチュエーションを雨で見られず残念

 真夏の夜の夢として儚く散ってしまいました


スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: