勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2014-06-06 (金) | Edit |
 東京のお酒を飲んでいます

 喜正 純米酒
 NEC_0594.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹 (原料米:美山錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+2
 酸度:1.6


 このお酒を造るのは創業明治17年の野崎酒造さん

 東京都あきる野市にあります

 銘柄は初代野崎喜三郎氏の名前が由来

 始めは「喜笑」と考えましたが、お酒は仏事にも使うため「喜正」としました

 蔵があるのは東京都内ですが、JR五日市駅よりさらに奥にあります

 静かな山里という感じのところにあるようです

 造りは昔ながらの手間暇かけた手造りが中心

 ラベルに名前が載るのを気恥ずかしいと語っていた南部杜氏が造りを担当します

 年間製造量は約400石

 戸倉城山より湧く、伏流水を使用して醸します

 今回のお酒は穏やかなコクが楽しめるもの

 旨味と酸のバランスがよく飲み飽きしない

 料理とも合わせやすいのがいいですね

 とっても美味しかったです


 先週の日曜日のことです

 少し前にこんなチラシが入っていました
NCM_2154(JA1).jpg

 どうやら近くのJAで何やらイベントがある様子

 無料のイベントであり行ってみました

 行くとなかなか羽振りがいい

 海苔をもらえたり、ポップコーンをもらえたり

 メダカすくいも無料なので娘は大興奮
NCM_2155(JA2).jpg

 3回もやらせてもらえました

 そしてなんとお土産もあったのです

 埼玉県産のコシヒカリを使った団子です
NCM_2158(JA3).jpg

 モチモチしていてとっても美味しかったですよ

 そしてもうひとつ

 これ何だかわかりますか
NCM_2159(JA4).jpg

 エンディングノートです

 エンディングノートは死んだときに残った家族が困らないよう備忘を残すもの

 ここのJAは葬祭会館もあるから配っているのでしょう

 人の人生は儚いもの

 自分もいつ死ぬかわかりませんが、30代半ばでノートは少し早すぎるか・・・

 相続で揉める様な大した資産もありませんしね

 エンディングノートはともかく、楽しませてもらったイベントでした 

   
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: