勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2013-08-14 (水) | Edit |
 帰省先で飲んでいる京都のお酒です

 酒呑童子 夏吟醸
 NEC_0480.jpg

 (データ)
 原材料:米(五百万石)、米麹
 精米歩合:麹米60%、掛米60%
 日本酒度:+3


 このお酒を造るのは創業天保3年(1832年)のハクレイ酒造さん

 京都府宮津市にあります

 社名のハクレイは漢字では白嶺と書きます

 冬の朝に蔵の前にある由良ヶ岳の嶺に真っ白な雪が積もった様子が名の由来

 「酒呑童子」は大江山の鬼伝説に因んだもの

 その大江山連峰の湧き清水により酒を醸していることが由来です

 米は地元の契約農家から仕入れることで栽培から関与

 低コストで品質のよい米を調達しています

 仕込水は古来より不動産水と呼ばれる超軟水を使用

 不動の滝から砂濾して取水した湧き清水を約600mのパイプラインで運んでいます

 年間製造量は1200石

 地域に根差した酒造りをしています

 今回のお酒は夏酒らしいサラリとしたもの

 瑞々しい味わいとスッキリ感の飲み心地がいい

 香りも控えめで飲みやすいですが、もう少しコクがあってもいいかなぁ

 美味しくいただきました


 引き続き関西旅行です

 今回の関西旅行のメインの目的は親戚の結婚式への参加

 信楽を後に、開催される大阪のウエスティンホテルへ行きました

 時間があったので周りを散策

 ホテルの横には梅田スカイビルがありました(正面の大きなビルです) 
NCM_1018(スカイウォーク1)

 ここの39階から上3階が展望台になっています

 どうやらビルとビルの間をエスカレーターで上れる様子
NCM_1010(スカイウォーク2)

 早速行ってみました
NCM_0976(スカイウォーク3)

 エスカレーターから外を見ると眩暈がしそうなくらい怖い
 NCM_0977(スカイウォーク4)

 もしもこんな時に地震が起きたら・・・

 余計なことを考えてしまいます

 ようやく上り終わり外を眺めると大阪の街を一望できます
NCM_0979(スカイウォーク5)

 夜にくると夜景とかでもっと綺麗なんだろうなぁ

 その後、ウエスティンホテルの横の庭園を散策

 ここはとにかくセミの鳴き声がうるさい

 これでもかというくらい鳴いていて耳が本気でおかしくなりました

 庭園内の木をみると至る所にセミの抜け殻が・・・
NCM_1013(セミ1)

 どおりでうるさいわけです

 娘が面白そうにセミの抜け殻を拾いまくっていました

 じっくり見るとなかなか凛々しい感じ
NCM_1015(セミ2)

 でも、これだけ集まったら気持ち悪いですね
NCM_1016(セミ3) 




スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: