勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2013-05-21 (火) | Edit |
 栃木の日光にある蔵のお酒を飲んでいます

 自然醸 清開
NEC_0434.jpg

 (データ)
 原材料:米、米こうじ
 精米歩合:65%
 日本酒度:+2

 このお酒を造るのは創業天保13年(1842年)の渡邊佐平商店さん

 栃木県日光市にあります

 銘柄は飲む人の心が清々しく開く酒という意味

 明治時代は栃木県内でトップの製造量だったそうです

 現在は南部杜氏が醸し、年間製造量は400石程

 仕込水は軟水である大谷川の伏流水を使用しています

 蔵の造りの90%が純米のもの

 将来的には全量純米を目指しています

 蔵には年間9000人もの見学者があり、日本酒教室なんかもやっている様子

 栃木県酒造組合主催のバスツアーのコースにも入っていました

 今回のお酒は円やかな味わいのもの

 色はかなり黄色がかっていて味もドッシリとした感じ

 少し麹の味が強いかなぁ

 美味しく頂きました 


 ところで若者向けの百貨店でPARCOは有名ですよね

 特に女性向けの店が多く、30代半ばのオッチャンである自分には縁のないところ

 そんなPARCOと似つかわないクラシックな景色が宇都宮にありました
NCM_0536(パルコ) 

 PARCOの前に大きな鳥居
 
 どこのPARCOも町のど真ん中にありますが、もちろん宇都宮もそう

 宇都宮の方には違和感ないと思います

 しかし、個人的には鳥居とPARCOのセットは多少違和感ありです

 でも町の真ん中に大きな神社があるなんて素敵ですね

 ちなみに神社は宇都宮二荒山神社です
NCM_0535(宇都宮神社)NCM_0537(宇都宮神社2) 

 厄除けなどで神社には縁がありますが、やっぱりPARCOには縁がなさそうです
 
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: