勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2013-03-11 (月) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 十六代九郎右衛門純米吟醸にごり生酒
 NEC_0395.jpg

 (データ)
 原材料:米(ひとごこち)、米麹
 精米歩合:55%
 使用酵母:長野D酵母

 このお酒を造るのは創業慶安3年(1650年)の湯川酒造店さん

 長野県木曽郡木祖村にあります

 地元での銘柄は「木曽路」

 「十六代 九郎右衛門」は特約店限定流通品です

 酒名は代々の蔵元名と十六代目の当主であることが由来

 ちなみに現蔵元は女性です

 別の蔵で修行していた蔵元のご主人が杜氏を務めます

 中山道の宿場町にある蔵の標高は1000m

 日本で一番星が近い蔵だそうです

 仕込水には広大なカラマツ林が広がる木曽山地より湧き出す井戸水を使用

 平均30代の若い蔵人が醸します 

 今回のお酒はにとにかく発泡&濃厚につきる

 栓を開けた瞬間、ポンッ!!

 栓が天井に直撃します

 発酵途上の炭酸と濃厚でコクのある味わい

 飲みやすく杯がドンドン進んでしまう・・・

 危険なお酒です

 とっても美味しかったですよ


 先週の金曜日、昨年入社した新人二人と飲み屋に行きました

 行った先は仙台にある和醸良酒〇たけ

 仙台でも屈指の日本酒ラインナップを誇るお店です

 自分も知らない日本酒も数多くある

 否が応なしに興奮します

 たくさんの種類を味わいたいため3人で利き酒セットを注文

 好きなお酒3品を自分で選べます
NCM_0120(まるたけ) 

 自分は「山間」「屋守」「義侠」を選択

 新人の二人は好みを言って店員さんにチョイスしてもらいました

 お互いのお酒を味わいながら多種類のお酒を飲み比べて楽しめる

 さらにいいのが、このお店は半合でも頼めるところ

 結局、利き酒セット以外にも頼み20種類程のお酒を楽しめました

 若い二人も非常に意欲的で将来が楽しみな人材

 若者から刺激もいただきましたよ

 とっても楽しかったです


 そういえば今日で震災から2年経ちます

 自分も当時は宮城県大崎市にいて被災

 家に帰れず古川第五小学校の体育館で避難し、夜を過ごしました

 徐々に忘れられつつある被災地

 絶対に忘れてはならないし、まだまだ援助が必要です

 一人一人やれることは限られていますがやれることをやりましょう

 ということで皆さん被災地の美味しいお酒や食材をいただきませんか

 それもひとつの被災地支援です
 
 もちろん自分もいただきますよ~  

 
 
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: