勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2012-07-25 (水) | Edit |
 日本で最古の蔵のお酒を飲みました

 郷の誉 純米吟醸
 NEC_0291.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:58%

 このお酒を造るのは創業永治元年(1141年)の須藤本家さん

 茨城県笠間市にあります

 常陸の国で武士と造り酒屋の両方を営んでいました

 家訓は「酒・米・土・水・木」

  良い酒は良い米から
  良い米は良い土から
  良い土は良い水から
  良い水は良い木から
  良い木は蔵を守り酒を守る

 お酒が生まれる基本を家訓としています

 現在の蔵元はなんと55代目

 恐るべき歴史を持つ蔵です

 酒名「郷乃誉」は郷土の繁栄に願いを込められたもの

 800年間同じ場所で三箇所の井戸水を使い醸しています

 蔵で造られるのは純米大吟醸と純米吟醸のみ

 しかもすべて無ろ過、殆ど火入れをしない「生」で出荷します

 日本で最初に「生々酒・無ろ過の酒」を出荷した蔵です

 今回のお酒は生らしくフレッシュなもの

 吟醸らしいフルーティーな感じに後味はスッキリ

 美味しかったです


 ところで須藤本家さんが創業した1141年には何が起きていたのか??

 残念ながら大きな出来事はなかったようです

 強いて言うと臨済宗開祖の栄西が誕生したくらい‥・

 いずれにせよ大河ドラマの平清盛が活躍していた時代

 ホント想像もできないくらい昔の話ですよねぇ
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: