勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-05-14 (日) | Edit |
 今月も浦霞を飲んでいます

 浦霞 純米吟醸生酒 春酣
 NEC_1102.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:トヨニシキ、山田錦)
 精米歩合:50%
 日本酒度:+1.5
 酸度:1.5



 このお酒を造るのは宮城県塩釜市にある佐浦さん

 浦霞は今回で9回目

 前回は先月いただきました

 この春酣(はるたけなわ)は季節限定商品

 春の訪れを感じられるような味わいが特徴です

 今回のお酒はラムネのような爽快な味わいが楽しめるもの

 微かなガス感に軽快なタッチ

 それでいてジワッとビターな旨味が広がり存在感も十分

 上品で主張し過ぎない含み香が鼻を突き抜けるのも心地よい

 とっても美味しかったです



 先日、長久手温泉ござらっせで野菜を買ってきました

 そのなかにはネギ3本もありました

 ネギを有効活用しようと考え鶏肉を購入
NCM_5933.jpg

 作ったメニューは焼き鳥です
NCM_5934.jpg

 居酒屋では定番の焼き鳥

 どおせグリルに入れて焼くだけだと思っていたら大間違い

 火加減や焼き加減が難しい

 特にタレに付けたのは周りが焦げてしまう
NCM_5935.jpg

 それでも悪戦苦闘しながらなんとか完成
NCM_5936.jpg

 お酒に合わせていただきましたよ

 しかし、改めて焼き鳥を作る難しさが身にしみました

 やっぱり焼き鳥は居酒屋で食べるか買ってくるかがいいですね

 
スポンサーサイト


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

コメント:
この記事へのコメント:
タレは難しそうですね!
塩・コショウでの焼き鳥は、わたしもたまに作ります。
始めは焼き過ぎ・焦がしは当たり前でしたが、
めげずに作っていたら、美味しくできるように
なりました。
上手にできるようになったら、奥様と娘さんに
食べさせてあげると喜ばれるのでは…?
2017/05/27(土) 13:41:54 | URL | 薬屋の嫁 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
 薬屋の嫁 さん


 いつもご訪問&コメントありがとうございますe-374

 タレは相当難しそうですe-443

 ある程度焼いてタレをつけないと真っ黒になりますねe-444

 塩・コショウは自分もめげずにまた作りたいと思いますe-281

 腕を磨き単身赴任が解消したら家族に作れるようになりたいですねe-343 

2017/05/27(土) 17:13:58 | URL | ウチケン #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: