勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-06-14 (水) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 千代菊 純米吟醸 うさぎと山田錦
 NEC_1098.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは岐阜県羽島市にある千代菊さん

 千代菊さんのお酒は今回で3回目

 前回は動物シリーズのねこをこの前に飲みました

 今回の動物シリーズはうさぎ

 米は山田錦を使用しています

 今回のお酒は角のない滑らかな飲み口が楽しめるもの

 微かな甘味と心地よい膨らみのある苦味がグッド

 朝日米の方が繊細な感じだが山田錦の方が飲みごたえがある

 美味しかったです



 引き続き知多四国巡礼のことです

 第29番札所をあとに第30番札所へ

 第30番札所から第34番札所までの5つは大井漁港周辺に集中しています

 まずは第30番札所医王寺から
NCM_5886.jpg

 ここは大井5ヶ寺の中核をなす寺

 弘法大師が開山とされ、当寺で護摩を修法したと伝えられています

 続いて第31番札所利生院
NCM_5887.jpg

 ここは医王寺の十二坊中の塔頭「東光庵」として開創されたそうです

 お寺のなかには可愛らしい仏さんがいました  
NCM_5888.jpg

 続いて第32番札所宝乗院
NCM_5890.jpg

 ここは医王寺の塔頭「宝泉坊」として開創されたそうです

 別堂は海上安全の守り神として漁業関係者から信仰を集めています

 続いて第33番札所北室院
NCM_5892.jpg

 ここは医王寺十二坊のひとつ「浄光坊」として開創されました

 北室院には「明星井」と呼ばれる水が湧いています

 江戸時代刊行の「尾張名所図会」にも紹介される弘法大師ゆかりの水です

 続いて第34番札所性慶院
NCM_5899.jpg

 ここは医王寺十二坊のひとつ「円蔵坊」として開創されました

 性慶院には賭け事にご利益のある「おきつねさん」が鎮座しています 

 そして5つの寺が集まる多いの町から海岸へ

 ここは弘仁5年(814年)に弘法大師が知多半島に上陸した地

 聖崎というこの地に上陸大師像が海に浮かぶ岩場にありました
NCM_5896.jpg

 高さ3.5mとあったのでさぞや大きいものを思っていたのですが・・・

 陸地から遠く思ったよりも小さかったです  



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト