勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-01-16 (月) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 翠露 純米大吟醸
 NEC_1028.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:49%
 日本酒度:-5
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは長野県諏訪市にある舞姫さん

 舞姫さんのお酒は今回で2回目

 前回は一般流通ブランドのものを約1年前にいただきました

 ちなみに翠露は特約店限定流通品です

 この前に紹介した横笛のある伊東酒造さんと舞姫さんはご近所

 仕込水の水質なんかは近いのでしょうかね

 今回のお酒は上品で優しい甘味が楽しめるもの

 軽やかな飲み口にフルーティーな旨味がふわっと広がる

 香り過ぎないなかすっとキレるので飲み疲れしない

 とっても美味しかったです



 週末の寒波、凄かったですね

 名古屋市内も雪が積もりましたよ
NCM_5550.jpg

 ただ、想定していたよりも積雪が少なくてよかったです
 
 特に日曜日は仕事があったため交通機関が乱れると大変

 無事に仕事へ行けました

 しかし、雪は少なくても寒いものは寒い

 そこで仕事帰りに購入したものがあります

 それは土鍋
NCM_5551.jpg

 これまでも鍋は食べていましたが雪平鍋で調理してました

 具材は白菜や大根に肉など鍋物ですが土鍋でないとなんか物足りない

 これからは見た目でも美味しく温まれそうです



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-01-14 (土) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 横笛 超辛口 〆(けじめ)
 NEC_1054.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:65%
 日本酒度:+8.5
 酸度:1.3
 使用酵母:701


 このお酒を造るのは創業昭和33年の伊東酒造さん

 長野県諏訪市にあります

 銘柄は平家物語に登場する建礼門院の雑仕女横笛の悲恋物語が由来

 信仰心深かった初代が「横笛」の名を後世に残すこと

 さらに末長く菩薩を弔うことを目的に銘柄としました

 しかし創業昭和33年とは随分新しい蔵ですね

 軟水の霧ヶ峰の伏流水で醸します

 ちなみに蔵があるのは諏訪でも蔵の密集地帯

 真澄麗人舞姫本金を醸す蔵が近くにあります

 今回で5つの蔵を制覇できました

 今度は是非とも現地へ行って飲み比べてみたいです

 今回のお酒はまさに淡麗辛口といった感じのもの

 つるっとした飲み口に米の少し甘い旨味が感じられる

 そのあとにくる強いキレが辛さを高める

 美味しかったです



 昨年末のマラソン大会で痛めた膝

 どうもあまり調子がよくない

 歩いても違和感があり走ってもすぐに痛みがでます

 ちょっと心配だったので整形外科へ行ってきました

 先生に見てもらった結果、膝の軟骨がすり減っているとのこと

 2~3週間は湿布を貼って安静にするように言われました
NCM_5542.jpg

 原因を聞くと激しい運動のし過ぎともうひとつ

 「年齢によるものです」と

 今月で40歳を迎える自分のボディもガタがき始めているのか

 そこでボディケアのためサプリメントを購入
NCM_5543.jpg

 どれくらい効くかわかりませんが早くランニングを再開したい

 健康的なことをやるにも他にケアしないといけないことがある

 そんなこと考えもしなかった若かりし頃が懐かしいですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-11-18 (金) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 喜久水 一竿風月 純米 秋あがり
 NEC_1007.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%
 日本酒度:+3
 酸度:2.3


 このお酒を造るのは創業昭和19年の喜久水酒造さん

 長野県飯田市にあります

 ちなみに喜久水酒造さんは飯伊37酒造業者が企業合同して誕生した蔵

 企業合同したまま残っているのも稀なケースとのことです

 銘柄も企業合同したある蔵が使っていたものを引き継いでいます

 そういえば秋田にも同じ喜久水酒造という名前の蔵がありました

 造りの特徴はサイズに応じた仕込を行うこと

 様々なラインナップが提供できるかなりの規模の蔵なのでしょう

 他にも焼酎やリキュール等も製造しているようですしね

 仕込水には全国名水百選のひとつ「猿庫の泉」と同じ水系のものを使用

 南信州では唯一の酒蔵です

 今回のお酒は生酒らしいフレッシュでガス感が感じられるもの

 それでいて相反するような円みと熟成し旨味が後からくる

 芳醇で旨口の味わいは自分好みの味

 とっても美味しかったです



 先週末は埼玉に帰りました

 深夜帰宅すると娘から手紙がありましたよ
NCM_5284.jpg

 前回帰宅時にはなかった手紙

 いよいよ手紙も無くなったかと思っていましたがありました

 いつかは無くなる日は来るもの

 覚悟は出来ていましたが娘が書いてくれていて嬉しかったですね

 ちなみに裏には謎の似顔絵も
NCM_5285.jpg

 意味は分かりませんが帰宅時の楽しみが続いてほしいものです 




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-10-29 (土) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 斬九郎 特別純米 ひやおろし
 NEC_1006.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:美山錦)
 精米歩合:61%


 このお酒を造るのは長野県伊那市にある宮島酒店さん

 宮島酒店さんのお酒は今回で2回目

 前回は別銘柄でスパークリングタイプの信濃錦をいただきました

 斬九郎ブランドは芳醇辛口を切り口とした「食中酒」がテーマ

 味わい豊かでキレの良い酒質が特徴のようです

 今回のお酒は十分に旨味が乗った味わいが楽しめるもの

 香り穏やかで膨らみのある味わい広がったあとのキレ味が抜群

 飲み飽きせず食事と合わせやすく知らないうちに盃が進んでいる

 とっても美味しかったです 



 今月も名古屋めし楽しんでいますよ

 まず食べたのは天むすです

 行ったのは「天むす千寿」

 早速、天むすを注文
NCM_5099.jpg

 といってもこのお店は天むす一本で勝負しています

 成人男性で2口大の大きさでしょうか
NCM_5100.jpg

 食べるとふっくらとしたごはんと海老の天婦羅の相性がグッド

 美味しかったですよ

 そしてもうひとつは名古屋めしの進化版と言ってもいいもの

 味噌煮込みうどんならぬカレー煮込みうどんです

 行ったのは鯱市 

 早速、店内に入り注文
NCM_5071.jpg

 ちなみにこの店、味噌煮込みうどんで有名な山本屋本店の姉妹店

 どおりで麺に歯ごたえがあるわけです

 濃い目のカレーの味わいと麺との相性がグッド
NCM_5072.jpg

 こちらも美味しかったです




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-10-27 (木) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 北安大國 純米吟醸原酒
 NEC_0989.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:ひとごこち)
 精米歩合:55%
 日本酒度:-4
 酸度:1.8
 使用酵母:K-901


 このお酒を造るのは創業大正12年の北安醸造さん

 長野県大町市にあります

 もともとの銘柄は大國正宗

 大町市街北部の大黒町にある七尺(2m強)にも及ぶ大黒天が由来

 その後に蔵名でもある北安がついた現銘柄に替わりました

 造りの特徴は甘口のお酒

 小谷杜氏の技で醸します

 仕込水は北アルプスの伏流水を使用

 特定名称酒は契約栽培した米を使用しています

 今回のお酒はリンゴのようなフルーティーな味わいが楽しめるもの

 上質でほのかな甘味と綺麗で膨らみのある旨味

 柔らかにキレていく後口もいい感じ

 とっても美味しかったです

 

 先日、今年の最も重要な結果のひとつが分かりました

 毎年恒例のものです

 それは健康診断

 肝臓の結果はセーフ
NCM_5101.jpg

 初めての単身赴任生活で食生活は偏りまくり

 肝臓は環境の変化に対応することができました

 しかしながら要経過観察しなければならない臓器がありました

 それは胃
NCM_5102.jpg

 萎縮性胃炎という診断がくだされました

 原因はストレスなのでしょうか

 ストレス発散のため「適度」にお酒を飲んでいきたいと思います

 これまでも十分に飲んでいますがね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村