勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-10-12 (木) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 白馬錦 純米吟醸 美米酒
 NEC_1142.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:美山錦)
 精米歩合:55%
 日本酒度:±0
 酸度:1.4
 アミノ酸度:1.5
 酵母:協会1801号


 このお酒を造るのは長野県大町市にある薄井商店さん

 白馬錦は今回で2回目

 前回は約3年前にいただきました

 名古屋の名鉄百貨店ではよく見る白馬錦

 夏に帰省した時、嫁さんの義母からお土産としてもらいました

 今回のお酒は黒糖のような柔らかい甘味が楽しめるもの

 きめ細かいタッチに香り過ぎない含み香が心地よい

 クセのない余韻が盃を進める

 美味しかったです



 涼しくなってきたので知多四国巡礼を再開しました

 今回は第41番札所西方寺から
DSC_0330.jpg

 ここは山門からすぐに海が広がる場所

 魚の供養碑があるなど海岸に面した寺ならではのものがありました
DSC_0331.jpg

 続いて行ったのが第42番札所天龍寺
DSC_0332.jpg

 もともと龍泉と呼ばれる欅の根元から湧く水があったことが名の由来

 今は残念ながら枯れてしまったそうです

 ちなみに寺社内には可愛らしいお地蔵さんがありました

 その名も愚痴聞き地蔵尊
DSC_0333.jpg

 自分も心のなかで日頃の愚痴を聞いてもらいましたよ

 続いて行ったのは第43番札所岩屋寺
DSC_0335.jpg

 とても立派なお寺で尾張高野山宗総本山

 末寺20、教会79もあるそうですが昭和26年に天台宗から変わったそうです

 続いて行ったのが番外である奥之院
DSC_0341.jpg

 ここには岩窟があり、かつて弘法大師が護摩修法したそうです

 周りは木々に覆われており厳かな雰囲気が満載

 すっと背筋が伸びる思いでした

 続いて行ったのは第44番札所大宝寺
DSC_0343.jpg

 このお寺は木蓮の花が有名なようですが行った時は季節はずれ

 残念でした

 ところで第43番札所から44番札所はちょっとした峠越え

 ここで蜂やアブに追われまくりえらい目に遭いました 





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-09-15 (金) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 大信州 純米吟醸 手の内 生詰
 NEC_1135.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは長野県松本市にある大信州酒造さん

 大信州は今回で2回目

 前回は約2年前にいただきました

 ちなみに2015年に飲んだお酒で一番気に入ったのが大信州
 
 自分の好みにドストライクな蔵でお気に入りの銘柄です

 今回のお酒はリンゴのような爽やかな香りが楽しめるもの

 柔らかなタッチに上品な甘みの伴う旨味が口に広がります

 その後にくる心地よい渋みと円やかな苦味の余韻がたまらない

 とっても美味しかったです

 やはり大信州はいいお酒ですね



 8月に受診した健康診断の結果がでました

 今年も自分の肝臓は健全に働いているか

 結果はというと・・・
DSC_0390.jpg

 総ビリルビンが少し高いようですが問題なし

 当面は安心してお酒が飲めそうです

 しかし!!要精密検査の項目がありました

 胃のなかにピロリ菌がいるようなのです
DSC_0389.jpg

 早速、内視鏡クリニックに電話して検査を予約

 どうやら胃カメラを飲んで検査するとのこと

 人生初の胃カメラで緊張します

 検査が終わるまで悶々として嫌だな~





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-23 (水) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 渓流 朝しぼり 出品貯蔵酒
 NEC_1140.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 日本酒度:-6
 酸度:2.0


 このお酒を造るのは長野県須坂市にある遠藤酒造場さん

 渓流は今回で2回目

 前回は約1年前にいただきました

 ちなみに前回飲んだのは会社の上司にもらったもの

 今回は嫁さんの実家でいただきました

 自分自身では買ったことがないのですが2回目となる渓流

 酒販店でも見かけることもあり販売力のある蔵なのでしょう

 今回のお酒は原酒らしいしっかりした味わいが楽しめるもの

 甘味や旨味など全体的にどっしりし、高いアルコール度数を感じさせない

 飲み口に重みがあり氷を入れたら程よい口当たりとなる

 美味しくいただきました



 お盆の後半は嫁さんの実家へ

 雨続きだったお盆も一日だけ晴れました

 それならば海へ行くしかない

 毎年行く海水浴場で泳ぎましたよ
DSC_0273.jpg

 ここには岩場があって潮が引くと色々な魚がいます

 鮮やかな青色の魚や銀と黄色の縞がある魚など・・・

 シュノーケリングが楽しめるのです

 なかには体長50㎝程の鯛の仲間もいました

 気分よく海中を散歩していると目の前に驚きの生き物が・・・

 ウツボです

 1m超はあるウツボがこちらを睨みつけているではないですか

 慌てて逃げました

 調子に乗って少し深いところに行くと危ないですね

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-05-06 (土) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 積善 純米無ろ過生酒
 NEC_1074.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:ひとごこち)
 精米歩合:59%
 日本酒度:-3
 酸度:1.9
 使用酵母:りんごの花酵母


 このお酒を造るのは創業江戸時代末期の西飯田酒造さん

 長野県長野市にあります

 メイン銘柄は信濃光

 光輝くような信濃の美酒にとの願いを込められています

 積善は花酵母を使用する銘柄

 蔵元の息子の飯田一基杜氏が醸しています

 蔵元の飯田基氏は花酵母で有名な東京農大の中田教授と同級生

 一基杜氏は中田教授の教え子だそうです

 蔵ではワインも醸造しています

 同じお酒であり醸造にも通じるものがあるのでしょう

 今回のお酒はまさにリンゴのような味わいが楽しめるもの

 フレッシュで甘味のある旨味と心地よい酸味がいい感じ

 香りもフルーティーながら飲みごたえもある

 とっても美味しかったです



 GWの前半の2日目は名鉄に乗ってお出掛け

 行き先はとこにゃんがいるあの場所
NCM_5948.jpg

 そうです、愛知県の常滑市に行ってきました

 常滑は焼き物の町

 町中には至る所に土管のような焼き物が積まれています
NCM_5949.jpg

 狭い路地沿いには雰囲気のいいお店も並んでいます
NCM_5951.jpg

 陶器が好きな嫁さんは大興奮

 さらに町の中には猫をモチーフにした陶器も多数あります

 本物のポストの上には猫の可愛らしい郵便配達員
NCM_5952.jpg

 娘も喜んでいました

 そして最後には中部国際空港で飛行機見物
NCM_5955.jpg

 伊勢神宮に常滑と娘と嫁さんに喜んでもらえて良かったです

  

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-01-16 (月) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 翠露 純米大吟醸
 NEC_1028.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:49%
 日本酒度:-5
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは長野県諏訪市にある舞姫さん

 舞姫さんのお酒は今回で2回目

 前回は一般流通ブランドのものを約1年前にいただきました

 ちなみに翠露は特約店限定流通品です

 この前に紹介した横笛のある伊東酒造さんと舞姫さんはご近所

 仕込水の水質なんかは近いのでしょうかね

 今回のお酒は上品で優しい甘味が楽しめるもの

 軽やかな飲み口にフルーティーな旨味がふわっと広がる

 香り過ぎないなかすっとキレるので飲み疲れしない

 とっても美味しかったです



 週末の寒波、凄かったですね

 名古屋市内も雪が積もりましたよ
NCM_5550.jpg

 ただ、想定していたよりも積雪が少なくてよかったです
 
 特に日曜日は仕事があったため交通機関が乱れると大変

 無事に仕事へ行けました

 しかし、雪は少なくても寒いものは寒い

 そこで仕事帰りに購入したものがあります

 それは土鍋
NCM_5551.jpg

 これまでも鍋は食べていましたが雪平鍋で調理してました

 具材は白菜や大根に肉など鍋物ですが土鍋でないとなんか物足りない

 これからは見た目でも美味しく温まれそうです



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村