勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-01-02 (火) | Edit |
 青森のお酒を飲んでいます

 田酒 特別純米酒 生
 NEC_1183.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは青森県青森市にある西田酒造店さん

 田酒は今回で4回目
 
 前回は昨月にいただきました

 年末年始に実家で飲むため酒屋で物色してて発見したこのお酒
 
 特別純米スペックで生酒とは珍しいと思い購入しました

 今回のお酒は生酒らしいラムネのようなフレッシュ感が楽しめるもの

 ぎゅっと詰まった甘味と渋みを伴う旨味が口に広がり心地よい

 香り穏やかでキレも心地よく何杯でも飲めてしまう

 若々しい味わいは火入れしているものとは違う楽しみ方がある

 とっても美味しかったです



 年末年始の実家には兄の家族も帰省していました

 兄夫婦には2人の息子がおり自分からすると甥っ子
DSC_0627.jpg

 この子達がとても元気がいい

 公園に行っては犬と一緒にサッカー
DSC_0634.jpg

 無尽蔵のスタミナで動き回る

 よく一緒に遊んでいたからでしょうか

 夕方には「おじさんと一緒にお風呂に入る!!」と

 娘とも既に一緒に入らない風呂に甥っ子2人と入る

 しかも風呂場でも水鉄砲などで暴れまくり

 自分の娘は女の子のなかでも比較的おとなしいほう

 男2人を育てるというのが大変なことと身をもって分かりました

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-12-06 (水) | Edit |
 青森のお酒を飲んでいます

 田酒 特別純米酒
 NEC_1178.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは青森県青森市にある西田酒造店さん

 田酒は今回で3回目

 前回は約1年前に飲みました

 ネットなんかではプレミアム価格で売られることもある田酒

 全国的にも人気がある酒蔵です

 特約店が近くに2つもある埼玉の家

 住む場所によって飲めるお酒もかなり変わってきますね 

 今回のお酒は芳醇でいて厚みのある味わいが楽しめるもの

 重みのない甘さのあと味の乗った渋みと旨味がグッド

 それでいて全体てきに綺麗な飲み口でキレよく飲み飽きしない

 とっても美味しかったです

 田酒の底力を感じる一本でした



 先週の土曜日は愛知県の日進市に行ってきました

 目的はぐるぐるNISSHINまちミル博覧会という体験型プログラム

 約80のプログラムがあります

 自分が行ったプログラムはこちら
DSC_0551.jpg

 やっぱりお酒関係のプログラムです

 先生の講義のあと4分類のお酒の種類を飲み比べ
DSC_0553.jpg

 日本酒教室に通うスキルを少しは発揮できました

 ちなみに飲んだ4本はこちらです
DSC_0555.jpg

 このプログラムが凄いのはお土産があること

 お土産は4合瓶1本と飲み比べに使ったお猪口6つ
DSC_0556.jpg

 講義と飲み比べに加え3000円でお土産まで付くとは・・・

 驚異のコストパフォーマンスです

 ただ、お猪口を6つももらっても・・・

 単身赴任の自分に使う日が来るのでしょうか





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-10-10 (月) | Edit |
 青森の有名なお酒を飲んでいます

 田酒 純米吟醸 生
 NEC_0980.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは青森県青森市にある西田酒造店さん

 田酒は今回で2回目

 前回は5年前にいただきました

 なかなか手に入りにくい田酒

 プレミアム価格で売られていることもあります

 埼玉の自宅の近くに特約店があるのでありがたいですね

 今回のお酒はリンゴのようなフルーティーな味わいが楽しめるもの

 繊細で上品な甘味が口いっぱいに広がります

 そして心地よい吟醸香がフワーッと鼻を突き抜ける

 さらに綺麗な酸による後口がたまらない

 とっても美味しかったです

 やっぱり田酒は美味しいですね



 引き続き愛知県日進市に行ったときのことです

 レトロでんしゃ館をあとに行ったのが旧市川家住宅

 この建物が建てられたのはなんと約300年前
NCM_5047.jpg

 大黒柱がなく土間境の柱を含めた上屋柱四本を梁でつなぐ独特な造りです

 ボランティアの方が丁寧に説明してくれましたよ

 続いて愛知牧場方面に自転車を走らせると大きな池がありました

 この池は愛知池
NCM_5050.jpg

 地元の説明書によると名古屋ドーム5個分の広さもあるそうです

 東京ドーム○個分という表記でない所に愛知県にいる実感がしました

 そして愛知牧場に到着
NCM_5054.jpg

 当日は休みの日でもあり家族連れで大賑わい

 キャラクターや動物によるパレードもしていました
NCM_5058.jpg

 せっかく牧場に来たので食べたのがソフトクリーム
NCM_5056.jpg

 牧場という雰囲気もあり美味しさもアップ

 ただ巨峰味なので牧場で収穫されたものでは確実にないんですがね~ 




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2015-07-16 (木) | Edit |
 青森のお酒を飲んでいます

 白神 雫取り無濾過純米吟醸
 NEC_0819.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:華吹雪)
 精米歩合:55%
 日本酒度:+2
 酸度:1.2


 このお酒を造るのは青森県弘前市にある白神酒造さん

 白神酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は3年前に飲みました

 3年前はランプの宿で有名な青森の青荷温泉に旅行に行きました

 その旅行のときに買って飲んだ気がします

 自分のなかでは山廃に強い蔵というイメージがある白神酒造さん

 今年の1月に蔵で火災が発生し、全焼してしまったとのこと

 記事を見ると蔵元杜氏は廃業も考えたとのこと

 しかし、昔からつながりのある六花酒造の製造設備を借りて復活

 5月中旬にようやく初出荷できたそうです

 今回、たまたま大宮駅で青森フェアが開催されており発見した白神

 自分も東日本大震災を仙台で経験した身
 
 災難のあった白神酒造さんを今後も応援していきたいと思います

 今回のお酒はフルーティーでまろやか飲み口

 米の旨みがしっかり感じられるコクのある味わい

 それでいて軽やかな口当たりで飲み飽きしない

 美味しかったです  



 以前、娘がカブトムシの幼虫を飼っていると書きました
NCM_3590(カブト1

 先月末頃からなぜか地中から出てきたこの幼虫

 地表から地中に返しても返しても地表に出てきます

 そしたら何と幼虫がサナギに

 娘も大興奮してカブトムシ用のゼリーや木を100円ショップで購入

 今か今かと成虫になるのを待っていました

 ところがまさかの脱皮失敗

 なんと脱皮途中に死んでしまったのです

 霧吹きしたり土の掘り返しなど結構世話をしていた娘

 死んでしまった悲しさのあまり泣き続けていました

 友達にも幼虫を自慢して見せていたんですがね
 
 そのため、社宅の庭に友達とお墓を作ることに
NCM_3592(カブト2)

 なかなか立派なお墓ができました
NCM_3593(カブト3)

 お供えは砂糖水を浸したティッシュにサランラップを巻いたもの

 カブトムシも天国で甘い液を吸っていることでしょう
 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2014-11-18 (火) | Edit |
 青森のお酒を飲んでいます

 豊盃 特別純米酒 あきあがり
 NEC_0697.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:麹米55%、掛米60%

 このお酒を造るのは青森県弘前市にある三浦酒造さん

 豊盃は今回で2回目

 前回は3年前に仙台にいた頃に若林区の酒屋で買って飲みました

 三浦酒造さんといえば豊盃米を使用するの蔵

 このお酒の米も豊盃米です

 豊盃米は青森県農業試験場が長年開発し、昭和51年に誕生したもの

 「古城錦」と「レイメイ」を交配してできた青森県の酒造好適米です

 三浦酒造さんだけが農家に契約栽培して使用しています

 今回のお酒は滑らかな口当たりと程よい酸味が楽しめるもの

 コクのある旨味が広がったあとの酸によるキレがいい

 引っかかりのない飲み口が杯をドンドン進めます

 とっても美味しかったです


 先週の金曜日と土曜日は東京へ行ってきました
NCM_2824(東京1)

 大手町にある会社で研修があったからです

 約5年振りに行った大手町

 天を突くような高層ビル群は圧倒的です
NCM_2823(東京29

 土曜日はビジネスマンも少なく、いつも以上に圧倒されました
NCM_2825(東京3)

 やっぱり日本経済の中心地は凄いですね

 凄いといえば物価も高いこと

 ランチもこの量でこの価格⁉と思うよう感じ

 それでも金曜日の昼は長蛇の列でした

 慣れないせいか大都会は気疲れする・・・

 やっぱり自分は物価も安く自然も多いところの方が合ってるようです



   

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村