勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2015-04-26 (日) | Edit |
 熊本のお酒を飲んでいます

 花の香 純米大吟醸
 NEC_0775.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業明治35年の花の香酒造さん

 熊本県玉名郡和水町にあります

 銘柄の由来は酒蔵周辺の木々から梅の香りが蔵の中に漂うことから

 元の名は神田酒造でしたが銘柄である花の香酒造に名称変更しました

 造りを担当するのは6代目蔵元

 もともと飲食店を経営しながら劇団員活動をするなど異色の経歴

 事業承継とともに飲食店事業は売却したようです

 造りについては獺祭で有名な山口県の旭酒造へ2か月間修業

 杜氏経験や勘に頼らないデータ重視の酒造りを学びました

 蔵人たちも2週間の研修を受けたようです

 これからは米作りから取組む予定
 
 蔵元をはじめ若い方が多いようで今後が楽しみな蔵です

 今回のお酒は華やかな香りが楽しめる大吟醸らしい味わいのもの

 上品な甘みのあとにくる旨味とキレのある酸がバランスがいい

 フルーティーで綺麗な仕上がりながら安価であり抜群のコスパ

 とっても美味しかったです



 昨日は2週連続で料理教室に行ってきました

 先週行ったのは3回コースのもので今回は1回限り

 魚を捌いて料理するコースです
NCM_3363(料理教室1)

 今回の食材は真鯛
NCM_3364(料理教室2)

 いつかこんな大物を釣りたい・・・

 そんな思いから参加してきました

 いつもアジやキスは釣っているので魚を捌くのは慣れている

 はずなのですが、やはり魚体が大きくなると難しい

 先生に教わりながら捌き、料理したのがこちら
NCM_3359(料理教室3)

 なんか料亭で出てきそうな感じ

 締めの一品は鯛茶漬け
NCM_3362(料理教室4)

 とってもうまくできました

 これで真鯛を釣ってきても安心

 ただ、肝心の釣りの腕がついてこないんですがね~

  


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015-03-06 (金) | Edit |
 熊本のお酒を飲んでいます

 美少年 純米吟醸酒 剣門
 NEC_0741.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+1
 酸度:1.7
 アミノ酸度:1.8


 このお酒を造るのは創業平成25年の美少年さん

 熊本県菊池市にあります

 もともとは宝暦2年(1752年)に創業した美少年酒造でした

 しかし2008年に世間を賑わせた三笠フーズの事故米転売問題で倒産

 民事再生法の再生手続き終結後に現法人に営業譲渡されました

 ちなみに火の国酒造と名を改めた元の会社は約11億円の負債を抱え破産

 今の蔵は小学校跡地に蔵を移しています

 ちなみに銘柄の由来は唐代の詩人・杜甫の詩「飲中八仙歌」に由来

 大正9年から使われている銘柄です

 歴史ある蔵であり再出発後もうまく軌道に乗って欲しいですね

 今回のお酒はしっかりした味わいが楽しめるもの

 コクのある旨味は飲みごたえがある

 やや濃い目の味の料理にも合わせやすい

 美味しくいただきました




 引き続き草津・万座温泉旅行のことです

 今回の旅行の宿泊地は万座温泉

 しかし、初日は草津国際スキー場に行きました

 理由は嫁さんが懸賞で草津のリフト券を当てたから

 朝から3時間半ひたすら滑ったあと万座温泉へ移動しました

 万座温泉スキー場では娘がスノーボードに初挑戦
NCM_3169(ボード1)

 レンタルしたガチャピンとムックのイラストのボードが可愛らしい

 スノーボードを装着していざ出陣・・・
NCM_3175(ボード2)

 と勢いはよかったのですが、やっぱりそこは初心者

 転びまくってましたよ
NCM_3170(ボード3)

 それでも半日もすると少しターンができるようになっていました

 やっぱりスキーで雪に慣れていると習得が早いんですかね~

 まあ、転びまくっているうちに体で覚えたんでしょうね

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2014-05-26 (月) | Edit |
 熊本のお酒を飲みました

 瑞鷹 純米酒
 NEC_0619.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは創業慶応3年(1867年)の瑞鷹さん

 熊本県熊本市にあります

 銘柄の由来は明治22年の元旦の朝、蔵に鷹が舞い降りたこと

 正月の鷹のめでたい瑞兆をもとに銘柄を名付けました

 蔵は平成13年に同族経営していた焼酎蔵の東肥酒造と合併

 清酒は川尻本蔵で製造しているようです

 他にも熊本県特有の赤酒も製造しています

 ちなみに赤酒とは木灰を使う独特の製法により生み出された料理酒です

 蔵では昭和37年に四季醸造蔵を全国に先駆けて完成

 阿蘇山系の伏流水で仕込みます

 今回のお酒は瑞々しい味わいのもの

 やや雑味の感じる味わいで個人的にはもう少し膨らみのある味の方が好きかも

 美味しく頂きました


 サンシャイン水族館の「へんないきもの展」に行った続きです

 「へんないきもの展」だけではなく、通常の水族館の展示も見てきました

 熱帯魚やアマゾンの大きな魚など見ごたえがあります
NCM_2098(水族館3)

 全般的に暗いなか明るい水槽は雰囲気がいい
NCM_2095(水族館1)

 黄色の珍しいカエルなんかもいるじゃないか
NCM_2097(水族館2)

 じっくり展示していると気になることが

 前も後ろも、右も左も・・・

 周りは全てカップル

 30代半ばのスーツ姿のおっさんは自分一人

 とても居づらい雰囲気です

 居たたまれない雰囲気であり、結局は足早に出てきてしまいました  

 

   

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2014-05-18 (日) | Edit |
 初めて熊本のお酒を飲みました

 香露 特別純米酒
 NEC_0613.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米 麹米:山田錦、掛米:神力)
 精米歩合:60%
 日本酒度:-2


 このお酒を造るのは創業明治42年の熊本県酒造研究所さん

 熊本県熊本市にあります 

 蔵の由来は熊本県酒造組合が「酒造りの神様」野白金一博士を迎え入れたこと

 博士は野白式天窓、二重桶仕込み、袋吊り上槽など多くの技術を生み出した方

 ちなみに銘柄は一般公募により決まったそうです

 そしてこの蔵と言えば熊本酵母

 いわゆる協会9号酵母であり、この蔵の醪から分離・培養に成功したもの

 吟醸酒の造りに適した酵母です

 漫画「夏子の酒」にも出ていた「YK35」

 ある時期、「YK35」であれば鑑評会で金賞を取れると言われていました

 「Y」は山田錦で「35」は精米歩合35%

 そして「K」が協会9号酵母、つまり香露を醸すのに使われる酵母です

 技術といい酵母といい、まさに日本酒業界をリードしてきた蔵なんですね

 今回のお酒はコクのある旨味が楽しめるもの

 甘さを感じる旨味と程良い酸味のバランスがよく喉越しもいい

 美味しかったです


 先日、今月の料理教室へ行ってきました

 今回のメニューはカルボナーラ
NCM_2085(料理教室1)

 男子に人気のあるパスタです

 自分も大好きなのでしっかり覚えて帰りたい

 先生にサポートされながら料理完成です
NCM_2080(料理教室2)

 ソースがパスタにいい感じに絡んでいます
NCM_2081(料理教室3) 

 我ながらうまくできた

 一緒に作ったグリーンビーンズサラダも3種類の豆がアクセントとなりいい感じ
NCM_2082(料理教室4)

 早速、家で作るぞ~ 



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村