勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2016-04-09 (土) | Edit |
 徳島のお酒を飲んでいます

 鳴門鯛 吟醸しぼりたて生酒
 NEC_0933.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:58%


 このお酒を造るのは創業文化元年(1804年)の本家松浦酒造場さん

 徳島県鳴門市にあります

 銘柄は鳴門海峡の鯛のように淡麗優雅であるようにとの願いを込めて命名

 魚の種類が銘柄になっている日本酒は珍しいですよね

 ちなみに蔵元の祖先は肥前の松浦党の一派だったようです

 蔵では地元の名産すだちを使ったすだち酒も生産

 アメリカやヨーロッパにもいち早く進出しました

 味の特徴は淡麗辛口だが幾分厚味を持たせたもの  

 とあるHPで蔵元の弟である杜氏が語っていました

 蔵は縦型の階層式であり上の階から順番に工程が降りてくるもの

 クレーンで米を上げて各工程ごとに下に下がってきます

 仕込水は軟水である吉野山系の伏流水を使用しています

 今回のお酒はフレッシュで華やかな味わいが楽しめるもの

 爽快な飲み口のほのかに甘い旨味が心地よい

 後口のキレも鋭く飲み飽きせず食事とも合わせやすい

 美味しかったです



 本格的な単身生活が始まり早くも一週間

 慣れない仕事に慣れない生活と疲れます

 慣れないといえば夕食

 これまでは嫁さんが作ってくれていたものを食べるだけ

 今週からは違います

 当然ながら自分で作らなければなりません
NCM_4485.jpg

 ここはこれまで料理教室に通って培ってきた腕の見せ所

 と言いたいところですが帰りはいつも遅い時間

 とてもここから出汁を取ったりする暇はありません

 しかし、今週は強い味方がいました

 先週末に嫁さんが煮物やひじきなどを作り置きしてくれていたのです
NCM_4486.jpg

 野菜もとれてホント助かります

 来週からどうするかなぁ

 結局、スーパーで惣菜とか買ってそうです

 料理教室で培った腕は週末限定となりそうですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014-02-15 (土) | Edit |
 初めて徳島のお酒を飲みました

 三芳菊 無濾過生原酒おりがらみ
 NEC_0575.jpg

 (データ)
 原材料:米(山田錦)、米麹
 精米歩合:60%
 使用酵母:徳島酵母


 このお酒を造るのは創業明治36年の三芳菊酒造さん

 徳島県三好市池田町にあります

 「其香芳しく其の色淡く其の味美しきを以て三芳菊と名付ける」

 銘柄の由来です

 「日本酒の味わいを限定したくない」

 蔵元杜氏である馬宮さんはもっと自由にお酒を味わってもらいたいと語っていました

 目指すお酒はアルコール感を感じずに飲める日本酒

 現代人の舌に合うよう醸しているとのことです

 使用する酵母は徳島酵母

 香気成分生成量が多く、穏やかな味わいになるようです

 仕込水は吉野川伏流水松尾川の湧水を使用

 超軟水の仕込水で醸します

 今回のお酒はパイナップルのような風味

 フルーティーで濃醇な味わいが口のなかいっぱいに広がります

 とっても美味しかったです


 この鳥は何かわかりますか
NCM_1739.jpg

 国の特別天然記念物「雷鳥」です

 なんと先週の土曜日うちに来ました

 というのは冗談で来たのは「雷鳥の里」
NCM_1742(雷鳥2)

 義姉がお土産として持ってきてくれたお菓子です

 先週土曜日の大雪の時、スキーに行った長野から家に帰れなくなり急遽大宮に途中下車

 お詫びにと持ってきました

 「雷鳥の里」、かなりうまいです
NCM_1743(雷鳥3)
 
 義姉に悪いですが、大雪のおかげで今週は長野銘菓を楽しめましたよ 

 ちなみに昨日も関東地方は大雪

 義姉は蔵王にスキーに行く予定です

 さすがに2週連続でのお菓子持参はないか

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村