勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2016-12-26 (月) | Edit |
 山口のお酒を飲んでいます

 東洋美人 地帆紅 限定大吟醸
 NEC_1039.jpg

 (データ) 
 原材料:米、米麹、醸造アルコール(原料米:山田錦)
 精米歩合:40%
 日本酒度:±0
 アミノ酸度:1.4


 このお酒を造るのは山口県萩市にある澄川酒造場さん

 東洋美人は今回で2回目

 前回は2年半前のブラジルW杯のときの企画ものを飲みました

 ちなみに「地帆紅」は「ジパング」と読みます

 このお酒は28BYと新酒ですがラベルには「2013.7.28」とある

 この日は澄川酒造場さんが洪水で大被害を受けた日です

 ちなみにこのスペックはSAKE COMPETITION 2014で注目されたお酒

 Free Style Under 5000部門で見事1位を獲得しています

 今回のお酒はマスカットのようなフルーティーな香りが楽しめるもの

 味わいは優しく軽快ながら上品な旨味が楽しめる

 心地よい含み香の余韻を楽しみつつも味わいのキレはいい

 とっても美味しかったです

 非常にバランスのいいお酒でした



 昨日はクリスマスでしたね

 我が家でもクリスマスイブはパーティー

 クリスマスツリーもスタンバイして準備万端です
NCM_5446.jpg

 今年のお酒は今回紹介している東洋美人

 チーズフォンデュやチキンで楽しみました
NCM_5449.jpg

 さらに娘がケーキを作成
NCM_5450.jpg

 お菓子のマーブルチョコやアポロもトッピングに使用

 少しガチャガチャした感はありますが美味しかったです

 そして娘のクリスマスプレゼントは3DSのソフト

 朝から張り切ってやってましたよ

 スノーボードセットだった去年と比べて親としてもかなりのコストダウン

 来年は小学5年生なのでサンタが夜に届けるのもあと1~2回ですかね 





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016-12-06 (火) | Edit |
 山口のお酒を飲んでいます

 日下無双 純米60 生 おりがらみ
 NEC_1016.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:西都の雫)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業昭和34年の村重酒造さん

 山口県岩国市にあります

 村重酒造さんは明治初期創業の森乃井酒造を引き継ぎ創業しています

 メイン銘柄は「金冠黒松」

 ちなみに「日下無双」は日下信次杜氏の名前が由来

 世界、天下にならぶものがないほど優れているという意味だそうです

 蔵は来てもらうための蔵造りにも励んでいます

 そのひとつが「酒まつり」

 毎年、蔵でお祭りを行い今年ですでに10回目

 日本一大きいという大杉玉もあります

 まずは日本酒に触れてもらいたいという蔵の気持ちが伝わります

 仕込水は超軟水の巌流井戸と硬水の観音井戸を使用

 求める酒質に応じて使い分けています

 今回のお酒はパイナップルのような果実の味わいが楽しめるもの

 ボリューム感のある旨味と心地よい苦味の余韻がいい

 生なのに秋に熟成させて出荷しているせいか口当たりも落ち着いている

 美味しかったです



 この前の日曜日は愛知県尾張旭市にある森林公園へ行きました
NCM_5398.jpg

 目的は尾張旭森林マラソン

 ついにハーフマラソン大会にデビューです

 会場は朝からランナーで溢れています
NCM_5402.jpg

 大会にはあさぴーというゆるキャラも来てました
NCM_5404.jpg

 フルマラソンのランナーがスタートした後にハーフマラソンもスタート

 園内の木々は色づいていて気持ちがいい
NCM_5408.jpg

 この日のために練習してきた成果はというと・・・

 タイムは1時間35分36秒

 あれ、こんなに自分は速かったっけ

 疑問に思いつつ自分のGPS時計の距離をみると19.76㎞

 ハーフマラソンって21.0975㎞走るはずなのですが

 まあ、よくわかりませんが完走できて良かったです

 今月はもう1回ハーフマラソン大会に出る予定

 次も頑張りますよ~




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-12-04 (日) | Edit |
 山口のお酒を飲んでいます

 山縣 純米無濾過生原酒
 NEC_1017.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:西都の雫)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 酸度:1.4


 このお酒を造るのは創業明治8年の山縣本店さん

 山口県周南市にあります

 メイン銘柄は「かほり」「毛利公」

 「山縣」は特約店限定流通品なのでしょうか

 「心をこめてお酒をつくれば、世界中の人に気持ちが伝わる」 

 HPに書かれていた言葉です

 「美しい酒をつくる」ことに杜氏のこだわりがあります

 蔵は全員で7人と小規模ですが梅酒や焼酎も醸造

 米は鶴の越冬地である八代盆地のものを使用しています

 今回のお酒は梨のような爽やかな甘味と旨味が楽しめるもの

 香りは穏やかでスッとキレる後口がいい感じ

 主張しすぎないながらも料理にも負けない存在感は秀逸

 食事をしているといつの間にか盃がドンドン進んでしまう

 とっても美味しかったです



 昨日は名鉄に乗って布袋駅まで行ってきました

 お目当ては勲碧酒造さん
NCM_5388.jpg

 新酒祭が開催されていたのです
NCM_5387.jpg

 午前10時に到着して試飲開始

 蔵のなかは既に大混雑です
NCM_5384.jpg

 色々と飲み比べた後は席をとっておつまみを購入

 燗にした純米酒といただきました
NCM_5385.jpg

 12月の寒い外気と燗がグッド

 朝からかなり気持ちよく酔っ払ってしまいました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2015-04-08 (水) | Edit |
 山口のお酒を飲んでいます

 原田 特別純米酒
 NEC_0756.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+5


 このお酒を造るのは創業文政2年(1819年)のはつもみぢさん家

 山口県周南市にあります

 銘柄は蔵元の姓からきています

 蔵の歴史には紆余曲折があります

 昭和20年には戦争による空襲で蔵は全焼

 その後は他の蔵と合併等もあり造りを再開しますが昭和60年に醸造中止

 卸売業をメインに転換しましたが平成17年より醸造を再開

 ちなみに醸造を再開した蔵元は県の利き酒選手権5年連続優勝

 全国でも準優勝しており醸造再開へ自信がついたそうです

 蔵の造りは全量純米酒

 米もすべて山口県産にこだわります

 年間製造量は約100石

 純米酒クラスのスペックでも小仕込で丁寧に醸します

 今回のお酒は米の旨味が存分に楽しめるもの

 穏やかな飲み口とコクのある味わいがいい

 それでいて飲みながら食事も進むレベルが高い食中酒といった感じ

 とにかく全体のバランスがよく盃が進む

 とっても美味しかったです



 娘は今日から小学3年生

 春休みはあっという間に終わりますね

 そんな娘が春休み中、嬉しいことがありました

 これを作ってくれたのです
NCM_3336(お弁当1)
 
 会社に持って行った娘お手製の弁当

 朝早く起きて作ってくれました
NCM_3337(お弁当2)

 嫁さんに聞くと前日から準備してくれていたとか

 とっても美味しかったですよ

 次は夏休みかな

 もしかしたら最初で最後かもしれませんね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2015-01-15 (木) | Edit |
 山口のお酒を飲んでいます

 長陽福娘 五百万石 純米吟醸55 無ろ過生原酒
 NEC_0726.jpg


 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:五百万石)
 精米歩合:55%
 日本酒度:+3
 酸度:1.9


 このお酒を造るのは創業明治34年の岩崎酒造さん

 山口県萩市にあります

 銘柄は子供が福々しい良い子に育つようにと願いを込められたことが由来

 創業当時岩崎家に女子が続けて誕生したことによるものです

 少し甘味があってお米のおいしさを感じることのできるお酒

 蔵が心がける酒造りです

 造りの特徴は少仕込による徹底した品質管理

 すべてのスペックに同じ手間をかけて醸すお酒は秀逸
 
 各種賞を受賞するなど全国でも屈指の実力を誇る蔵です

 今回のお酒は爽やかなガス感が心地よいもの

 マスカットのような味わいと香りが口と鼻を突き抜ける

 ジュワーッとした旨味とドライな飲み口、酸のキレもいい

 とっても美味しかったです

 また違うスペックを是非とも飲んでみたいです


 この前の三連休は遅ればせながら初詣に行ってきました

 行き先は武蔵国の一宮である氷川神社
NCM_2992(氷川神社2)

 正月から2週間程経っていましたが結構混んでました
NCM_2984(氷川神社1)

 神殿にお参りをしたあとは毎年恒例のおみくじへ

 おみくじの納め所もぎっちり
NCM_2988(氷川神社3)

 テンションが高まってきます

 ちなみに昨年の結果は「凶」

 リベンジを図りたいところです

 おみくじを引き結果を見ると・・・
NCM_2987(氷川神社4)

 吉凶相交???

 なんだこの結果は⁉ 大吉とか末吉とか凶ではない

 いいのか悪いのかわからずキョロキョロしていると説明がありました
NCM_2990(氷川神社5)

 結局、下から2番目のようです

 オーソドックスなおみくじからすると大凶の次の凶といったところか

 な~んだ、去年とかわらないじゃないか

 どうやら今年も運勢は悪そうです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村