勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-02-25 (日) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 蓬莱泉 特別純米酒 可
 NEC_1200.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは愛知県北設楽郡設楽町にある関谷醸造さん

 蓬莱泉は今回で5回目

 前回は先月に元旦に初搾りしたものをいただきました

 今年は毎月飲むと決めた蓬莱泉自分

 特別純米酒スペックはどのような味でしょう

 今回のお酒はマスカットのような香りが楽しめるもの

 円みを帯びたほのかな甘味を伴う旨味がいい感じ

 喉越しがいいうえキレもあり飲み飽きしないのがグッド

 とっても美味しかったです



 先日、埼玉の大宮に帰ったときのことです

 塾に通う娘を迎えに大宮駅まで車で行きました

 そして娘を乗せて家に帰る途中

 大宮駅の繁華街の交差点を左折して20mくらい走ったあと

 ある男性が車の窓を叩いています

 何事かと窓を開けると「車の横に体が当たった」とのこと

 そんな音も感触も無かったのですがとりあえず謝ります

 すると車から降りてきて謝罪しろというではないですか

 当たったかなぁと思いつつ下車して謝罪

 男性は腕が痛くて痛くてたまらないと言い始めました

 何かおかしいと思いつつも謝罪すると「謝罪してすむものではない」と

 どうやら治療費を出せと暗に言っているようです

 改めて風貌を見るとチンピラ風

 これは当たり屋なのではないかと思いました

 当たって痛いと言う腕部分の服も全く汚れていない

 自慢じゃないですけど我が家の車は泥だらけ
DSC_0816.jpg

 当たったなら当然服が汚れててもいいはずです

 腕を見してもらっても怪我の形跡は全くありません

 その間も相手は治療費を要求します

 そこで警察を呼ぶので話を聞いてもらいましょうと相手に提案

 すると「なんで警察呼ぶんだ、被害者はこっちだぞ」と焦った様子

 これで完全に相手は芝居だと確信

 電話で警察に連絡する素振りを見せると足早に逃げていきました

 こういう輩がオレオレ詐欺とかするのかなぁ

 物凄く嫌な気持ちになりました

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-01-29 (月) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 蓬莱泉 純米吟醸 初しぼり
 NEC_1201.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは愛知県北設楽郡設楽町にある関谷醸造さん

 蓬莱泉は今回で4回目

 前回は約1年前に立春朝搾りのものをいただきました

 埼玉の家の近くではあまり見かけない蓬莱泉

 愛知県内にいると至る所といっていいほど見かけます

 見ると本当に色々なスペックのものがある

 昨年は宮城の浦霞について様々なスペックを試した自分

 今年は蓬莱泉にチャレンジします

 いちおう毎月1本紹介していければと思います

 ちなみにこの蓬莱泉は元旦の朝に搾られたもの

 まさに初しぼりですね

 今回のお酒はイチゴのようなフルーティーな香りが楽しめるもの

 フレッシュな口当たりに瑞々しい旨味が広がります

 心地よい渋みとふわっと広がる含み香が心地よい

 とっても美味しかったです



 東三河に行った時のことも今回が最後です

 田原城から再び三河田原駅に戻りバスに乗車

 向かうは渥美半島の先端にある伊良子岬です

 バスに揺られること約50分

 先端の中心地である道の駅伊良湖クリスタルポルトに到着です
DSC_0741.jpg

 遠くに知多半島が見えます
DSC_0745.jpg

 知多半島から釣船に乗るときは海側からみる伊良湖岬

 灯台は意外と小さかったです
DSC_0746.jpg

 さらに歩くと恋路ヶ浜に到着
DSC_0753.jpg

 とっても砂浜が広い綺麗な場所でした

 ちなみに恋路ヶ浜は恋のパワースポットとして有名

 周りを見ると確かにカップルが多い

 1人の自分は居たたまれなくなり足早に失礼しました

 ただ自分も何もしなかったわけではありません

 近くの海小屋で岩ガキを食べましたよ
DSC_0758.jpg

 ジューシー&ミルキーな巨大岩ガキ

 やっぱり現地で食べると美味しいですね

 そうこうしているうちに夕方に

 伊勢湾の反対側の鳥羽に向かうフェリーも夕日を浴びて趣がある
DSC_0760.jpg

 とっても充実した1日となりました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-12-26 (火) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 四海王 特別純米酒
 NEC_1155.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%
 日本酒度:+1
 酸度:1.5
 アミノ酸度:1.4
 酵母:k-1801,k1401


 このお酒を造るのは創業明治45年の福井酒造さん

 愛知県豊橋市にあります

 4つの海に囲まれた四海は日本そのものを表します

 その日本を代表する酒を目指す意気込みで命名されました

 特徴は「FOP式酒造システム」

 一般的に蒸し米は窯から取り出して平らに伸ばしながら冷やします

 それから発酵用タンクに移す作業は全て手作業

 このシステムではタンク内で水に液化酵素を加えて煮る

 これにより一気に発酵作業に移ることができるそうです

 仕込水には自社から汲み上げる軟水を使用

 王さんという杜氏さんが造りを担当します

 今回のお酒は香り穏やかでフレッシュな飲み口が楽しめるもの

 やや青みがかった味もしますが渋みを伴う旨味が心地よい

 全体的にはサッパリしており料理の邪魔をしない
 
 美味しかったです



 週末に帰っていた埼玉

 この時期にしなければならないことをしてました

 それは年賀状作り

 名古屋の家にはプリンターがないので埼玉で作っていました
DSC_0617.jpg

 それほど年賀状にこだわりがない自分

 デザインもシンプルであっという間に完成です
DSC_0618.jpg

 しかし年賀状を出さなくするタイミングって難しいですよね

 もうこの人はいいかと出さないと相手からは来る

 翌年、昨年は来たからと出すと相手から来ない

 こんな繰り返しでなかなか出す量が減りませんね




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-12-24 (日) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 四天王 純米吟醸酒 いっこく
 NEC_1160.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業文久2年(1862年)の甘強酒造さん

 愛知県海部郡蟹江町にあります

 銘柄は仏教で四方を鎮護するとされる四神が由来

 四天王はその道に最も秀でた四人の総称として用いられるそうです

 ちなみに「いっこく」とは頑固者の意味です

 もともとは味醂メーカーだった甘強酒造さん

 1954年に日本酒の醸造へ参入しました

 他にも焼酎も製造しています

 HPを見るかぎりメインは味醂の取り扱いなのでしょうか
 
 今回のお酒はやや老ねたような木質っぽい香りがするもの

 微妙に甘味を感じますが少しえぐみのある味を感じる

 全体的に雑味がありスッといただきにくい

 ちょっと厳しい感じでした 



 今週末は埼玉の家に戻っています

 今回は今シーズンの初スキーに行く予定

 ところが娘が発熱

 結局、家にじっとしていました

 家にいてもやることがない

 そんなとき娘が友達からもらったというおもちゃを発見
DSC_0615.jpg

 ハンドスピナーです

 初めて手に振れるこのおもちゃ

 これが結構面白い
DSC_0616.jpg

 結局、1日には殆どこれに費やしてしまいました

 ちょっとは上手くなったハンドスピナー

 名古屋に持って帰るとハマりそうなので置いておきます




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-12-22 (金) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 義侠 純米原酒
 NEC_1177.jpg
 
 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 使用酵母:9号


 このお酒を造るのは愛知県愛西市にある山忠本家酒造さん

 義侠は今回で2回目

 前回は約3年半前にいただきました

 このお酒は名古屋市内にある知多繁さんという酒屋で購入

 知多繁さんが仕込タンク別に唎き酒して買い付けしたものです

 蔵元と小売店の信頼関係があっての商品ですね

 ちなみにこのお酒は仕込みNo7のお酒です

 知多繁さんには他の仕込みNoのお酒も多数ありましたよ

 今回のお酒はフレッシュで力強い味わいが楽しめるもの

 マスカットのような含み香に渋味と酸味が心地よい

 上質でビターな旨味が余韻として続いていく

 とっても美味しかったです



 先日、本屋さんで本を買ったらコーヒーの試供品をもらいました
DSC_0611.jpg

 インスタントコーヒーですが4種類ある

 日本酒を飲み比べする癖がしみ込んでいるからか

 飲み比べてみたくなりました

 入っているのはコロンビア・ブラジル・モカ・キリマンジャロ
DSC_0612.jpg

 いざ飲み比べです
DSC_0613.jpg

 部屋の中がコーヒーの香りが充満します

 味はというと・・・

 よく分からん

 それぞれ苦味や旨味、コク、酸味など違います

 個人的にはコロンビアが好みか

 コーヒーも奥が深いと思うので今度は喫茶店で飲み比べてみます
   
 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村