勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-04-05 (水) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 宮の松 純米吟醸 生酒あらばしり
 NEC_1082.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業江戸末期の松尾酒造場さん

 佐賀県西松浦郡有田町にあります

 銘柄は明治30年代の歌会始の勅題が「社頭の松」だったことが由来

 商標の兼ね合いで現銘柄にしたそうです

 蔵が使用する水は日本名水百選にも選ばれる竜門峡の清水

 この水は奇跡の水とも呼ばれる硬度10の軟水です

 造りを担当するのは肥前杜氏の井上満さん

 南部で修行し、静岡や広島、福岡と全国で醸してきた名杜氏です

 年間製造量は約350石
  
 各種鑑評会での受賞も多い実力ある蔵です

 今回のお酒は梨のような果実香が楽しめるもの

 豊かな含み香とフレッシュな飲み口がいい感じ

 ビターな旨味が心地よい余韻を楽しませてくれる 

 とっても美味しかったです 



 先日の日曜日は愛知県犬山に行ってきました

 お目当ては犬山祭り
NCM_5839.jpg

 年1回行われるこのお祭りは今年でなんと383回目

 寛永12年(1635)にスタートした歴史あるお祭りなのです

 ちなみにユネスコ無形文化遺産にも登録されています

 3層の車山13輌が城下町に繰り出すこのお祭り
NCM_5842.jpg

 特徴は全ての車山にからくり人形を備えていることです
NCM_5844.jpg

 このからくりを針綱神社に奉納します
NCM_5860.jpg

 さらに重さ5トンの車山を豪快に持ち上げて方向転換する「どんでん」

 男達の掛け声とともに大きな車山が動くさまはまさに迫力満点

 昼しか行けませんでしたが夜は車山に提灯が灯るとか

 歴史あるお祭りはなんか誇らしいですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016-07-23 (土) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 万齢 純米吟醸 無濾過生原酒
 NEC_0966.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(麹米:山田錦、掛米:美山錦)
 精米歩合:50%
 日本酒度:+3
 酸度:1.5
 使用酵母:佐賀酵母


 このお酒を造るのは創業江戸末期の小松酒造さん

 佐賀県唐津市にあります

 蔵のお酒はかつては海軍御用達酒となったこともありました

 佐世保港より南方の前線基地まで運ばれていたそうです

 しかしながら時代とともに生産量は減少

 平成2年に休蔵を余儀なくされます

 そこに証券マンだった現蔵元杜氏の大祐氏が帰郷

 平成7年に酒造りを再開しました

 他蔵や国税庁醸造研究所で修業して平成10年に酒造りを再開

 平成12年度には全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています

 造りは全工程が丁寧な手作業

 焼酎も醸しています

 今回のお酒はジューシーな旨味が存分に楽しめるもの

 ギュッと詰まったメロンのような味わいと心地よい吟醸香がたまらない

 後口のキレもよく盃が進む

 とっても美味しかったです



 先週の連休は神奈川にある自分の実家に帰省しました

 実家の前に埼玉の家へ帰宅

 深夜の帰宅のため、今回も娘が手紙を書いていました
NCM_4764.jpg

 娘も祖父母と会えるのを楽しみにしているようです

 実家ではいつものようにボードゲームを楽しみましたよ
NCM_4780.jpg

 さらに恒例のバーベキュー
NCM_4783.jpg

 娘はおやつのアイスを食べ過ぎバーベキューをあまり食べれず

 確か去年も同じように腹痛になっていた気がします

 あまり成長していませんね

 それでもバーベキュー後の花火のときには復活

 夏を満喫できました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2015-11-04 (水) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 宗政 ひやおろし 原酒
 NEC_0860.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:68%
 日本酒度:+3
 酸度:1.2
 アミノ酸度:2.0


 このお酒を造るのは創業昭和60年の宗政酒造さん

 佐賀県西松浦郡有田町にあります

 銘柄は蔵元の姓と同じです

 蔵としてはかなり新しい宗政酒造さん

 宗政家の先祖はもともと広島で酒造りをしていました

 しかし第2次世界大戦もあり三代前に廃業

 現蔵元の父親の強い想いもあり昭和60年に第二の故郷の佐賀で復活

 始めは焼酎から造り、平成2年に清酒へ参入しました

 創業当時の酒造りを任されたのは古賀強杜氏

 熊本の酒蔵で各種賞を受賞した名杜氏に酒造りが任されました

 企業理念は「酒創豊世」

 黒髪山水系の水で醸します

 ちなみに「酒・器」のテーマパークである有田ポーセリンパークも運営しています

 今回のお酒は燗映えするもの

 含むと円みのある甘味がフワッと口のなかに広がる

 力強い旨味も感じられ味わい深い

 美味しかったです



 先週の土曜日は大宮のソニックシティに行ってきました

 お目当ては大宮区民ふれあいフェア
NCM_4007(大宮区民ふれあいフェア1)

 PTA会やボランティア団体などが多数出店しています
NCM_4016(大宮区民ふれあいフェア4)

 中学生の吹奏楽部の生演奏や漫才なども楽しめる

 結構、充実したイベントです

 イベントのなかには小学生のお手伝いコーナーもあります

 出店している団体のお手伝いすると駄菓子引換券がもらえる

 娘も視覚障がい者向けのパソコン教室でお手伝い
(大宮区民ふれあいフェア2)

 駄菓子引換券をゲット

 真剣に駄菓子を選んでいました
NCM_4012(大宮区民ふれあいフェア3)

 このような就業体験ができると子供もいい経験ができます

 来年も参加したい素晴らしいフェアでした




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2015-10-20 (火) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 天吹 山廃純米
 NEC_0870.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:65%
 使用酵母:マリーゴールド酵母


 このお酒を造るのは佐賀県三養基郡みやき町にある天吹酒造さん

 天吹酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は今年の1月に飲みました

 そのときに飲んだのは鮨に合わせるコンセプトのものでした

 そして天吹酒造さんと言えば花酵母

 東の来福、西の天吹と言われる程

 このお酒もマリーゴールド酵母という花酵母を使っています 

 今回のお酒は山廃らしいしっかりした味わいが楽しめるもの

 しっかりした後口の酸もいい感じ

 それでいて華やかで比較的軽い飲み口はいい意味で山廃らしくない

 花酵母を使っているからでしょうか 

 とっても美味しかったです



 会社から派遣されている研修も残すところあと1回

 プライベートに余裕が出てきました

 そこで新たに学ぶためカルチャーセンターへ

 もちろん経営戦略やらマーケティングなど小難しいものではありません

 日本酒の勉強に行ってきたのです
NCM_3958(日本酒1)

 これまでも日本酒については本を読んで勉強してきたつもりでした

 ただ、分からないことが沢山あることも事実

 講座では先生が分かりやすく教えてくれました

 もちろん試飲もあります
NCM_3956(日本酒2)

 飲み比べると新発見がありますね

 ちなみに今回紹介する天吹も授業の残りもの

 半分くらい残っていたので頂いてきました

 これから月1ペースで通うこの講座

 次回が楽しみです 

  

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2015-09-28 (月) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 幸姫 特別純米 笑酒
 NEC_0843.jpg
 
 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業昭和9年の幸姫酒造さん

 佐賀県鹿島市にあります

 銘柄は初代が孫娘の幸せを願って名付けたことが由来です

 創業が昭和9年と新しいからか蔵は次々と新たな取組みを進めます

 酒蔵の開放は1986年からスタート

 どぶろくも九州で初めて製造・販売しました

 2011年には新鳥栖駅開業記念の「新さがんもんコンテスト」に出展

 どぶろくアイスクリームが最優秀賞に選ばれました

 造りを担当するのは蔵元の息子さん

「キレが良く香りは抑えめで米の味がぱっと広がるのが特徴。料理と引き立て合うような調和を大切にしている」

 とあるHPに書かれていた言葉です

 多良岳山系の伏流水で醸します

 今回のお酒はややサッパリとした軽い飲み口

 とはいっても旨味は十分あり酸にキレもいい

 食事の邪魔をせず、料理も美味しくする正に食中酒といった感じ

 とっても美味しかったです



 シルバーウィークは1日だけ遠出しました

 行き先は彩の国ふれあい牧場

 東秩父にあるよく行く牧場です

 当日は天気がよくて高原らしい爽やかな風が気持ちがよかったですよ
NCM_3910(③連休1)

 娘は今回も自分と同じ名前のヤギを可愛がっていました
NCM_3913(③連休2)

 帰りには清流の河原でリラックス
NCM_3917(③連休3)

 家からそれ程遠くなくても素敵な場所はあるものですね

 遠くに行くと何かとお金がかかりますしね~




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村