勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-07-17 (月) | Edit |
 山形のお酒を飲んでいます

 東の麓 吟醸酒 生詰
 NEC_1122.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは山形県南陽市にある東の麓酒造さん

 東の麓は今回で2回目

 前回は約5年前にいただきました

 東の麓は東京はもちろん仙台でも殆ど見かけませんでした

 前回も山形に旅行に行った時に買ったもの

 そんな東の麓が名古屋に名鉄百貨店にあるではないですか

 名鉄百貨店の幅広い品揃えに感謝です

 今回のお酒はメロンのような味わいが楽しめるもの

 瑞々しい飲み口にギュッと詰まった少し甘みのある旨味がたまらない

 それでいて夏酒らしい軽快感もありバランスがグッド

 とっても美味しかったです



 引き続き桑名と西美濃へ行った時のことです

 桑名漁港をあとに九華公園へ

 桑名城本丸跡と二の丸跡に造られた公園です

 ここには初代桑名藩主の本多忠勝の銅像がありました
DSC_0161.jpg

 この公園から眺める揖斐川と長良川の姿は雄大そのもの
DSC_0152.jpg

 さらにここには七里の渡という東海道唯一の海路の跡があります

 この地から伊勢の国が始まるんですね
DSC_0148.jpg

 そしてさらに歩くと六華苑という洋館がありました

 ここは鹿鳴館の設計で有名な建築家コンドルが設計したもの
DSC_0154.jpg

 建物の中も歴史ドラマに出てきそうな重層な雰囲気
DSC_0155.jpg

 実はこの建物、全面は洋館ですが奥は和館という造り
DSC_0158.jpg

 明治・大正期の貴族の生活を思い偲ぶことができました

 自分には全く関係のない世界ですがねぇ~

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-03-23 (木) | Edit |
 山形のお酒を飲んでいます

 初孫 魔斬 生酛純米本辛口 生原酒
 NEC_1069.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%
 日本酒度:+10
 酸度:1.5
 使用酵母:自社酵母
 

 このお酒を造るのは山形県酒田市にある東北銘醸さん

 初孫は今回で2回目

 前回は7年前に飲みました

 7年前に飲んだのは酒田へ旅行に行って購入したもの

 一緒に行った当時3歳だった娘もいまや10歳

 時の流れを感じます

 ちなみに自分の両親にとって娘はまさに初孫でした

 やっぱり孫は可愛いんでしょうね

 今回のお酒は生酒らしいフレッシュな口当たりが楽しめるもの

 爽快な飲み口から急にギュッと詰まった生酛らしい深い旨味が広がる

 旨味が広がったあとのドライな切れ味のメリハリがいい感じ

 とっても美味しかったです

 生酛の進化を感じる一品でした



 先週末は連休でしたね

 自分も埼玉の家へ帰宅

 冬も終わりに近づき今シーズン最後のスキーへ

 行ったのは菅平高原スキー場
NCM_5798.jpg

 今年は雪が多かったのかゲレンデコンディションは昨年に比べて悪くない

 ただ南側の斜面は雪が解けてベチャベチャでした

 ここのスキー場は横に広がりがあり縦に短い印象
NCM_5796.jpg

 そのため長い距離を滑るには少々物足りない感じ

 ただ、どのコースの幅が広く滑りやすかったです

 スキーのあとは温泉へ

 行ったのは千古温泉
NCM_5804.jpg

 洗い場が2つ、浴槽にも3人程度しか入れない小さな温泉です

 それでも地元の人を中心にお客さんは入っている

 自分が入浴した時は3人いました

 お風呂に入り洗い場で洗う2人が終わるのを待ちます

 どうやら2人とも80代後半の様子

 この2人の洗う時間がスローでとっても長い

 高齢の方に湯船から出て後ろからプレッシャーをかけるのも気が引ける

 結局、20分以上は湯船で待っていたでしょうか 

 おかげで無茶苦茶のぼせました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-10-12 (水) | Edit |
 山形のお酒を飲んでいます

 奥羽自慢 純米吟醸生詰原酒 ひやおろし
 NEC_0990.jpg

 (データ)
 原材料:米、米こうじ(原料米:美山錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+5前後
 酸度:1.7前後
 アミノ酸度:1.1前後
 使用酵母:協会701号


 このお酒を造るのは山形県鶴岡市にある奥羽自慢さん

 奥羽自慢を飲むのは今回で2回目

 前回は4年前の2012年にいただきました

 前回飲んだ時は後継者不足から蔵を閉鎖することが決定していました

 しかし、300年以上続いた蔵を閉じて欲しくない

 こんな想いから楯の川酒造さんが再建を支援しました

 辞めた蔵人を戻すとともに楯の川酒造さんの蔵人も派遣

 今では名古屋の酒販店でも買うことができるようになりました

 一時は窮地に立たされた蔵であり、これからも頑張って欲しいです

 今回のお酒は繊細で上品な香りと旨味が楽しめるもの  

 全体的にはややサッパリ感はあるも飲む程に円みのある旨味が顔を出す

 料理の邪魔をせず和食と合わせやすいのがいい感じ

 とっても美味しかったです



 引き続き愛知県日進市に行ったときのことです

 愛知牧場をあとに向かったのが五色園
NCM_5070.jpg

 日本で唯一の宗教公園で園内には大安寺というお寺があります

 ここの特徴は何と言っても浅野祥雲さんのコンクリート像
NCM_5061.jpg

 親鸞の教えを視覚的に感知できる塑像がたくさんあります
NCM_5064.jpg

 いたるところにある像は迫力がある
NCM_5066.jpg

 夜に行くと本気で怖そうです

 五色園を出てレンタルサイクルを返すために再び長久手市へ

 自転車を走らせていると金色の稲穂の揺れる姿が目に入ります
NCM_5041.jpg

 自然と歴史、ディープなコンクリート像などが楽しめる日進市

 名古屋からも近くお勧めスポットですよ




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-07-29 (金) | Edit |
 山形のお酒を飲んでいます

 羽前白梅 穂の香 純米
 NEC_0983.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは山形県鶴岡市にある羽根田酒造さん

 羽田酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は東日本大震災のあった5年前にいだたきました

 凄く久し振りと思っていたのですが震災から5年も経っている

 時が経つのは早いものですね

 今回のお酒は上品で華やかな含み香が楽しめるもの

 ふわっと突き抜ける香りと穏やかな旨味のバランスがいい

 それでいて香り過ぎずキレもいいため食事とも合わせやすい

 とっても美味しかったです



 単身赴任となって約4か月

 埼玉の自分の家にも変化がありました

 ベランダにはヘチマが植えられています
NCM_4771.jpg

 黄色の花が美しい

 他にもトマトを栽培していました

 6月に生まれたメダカもだいぶ大きくなっていましたよ

 現在生き残っている第二世代のメダカは26匹
NCM_4770.jpg

 大きくなって来年に卵を生んでほしいものです

 ちなみに自分の部屋にはどんどん荷物が置かれています

 なんか少しずつ居場所がなくなっている気がしますね




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-01-13 (水) | Edit |
 山形のお酒を飲んでいます

 楯野川 純米大吟醸 初槽 生
 NEC_0894.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:美山錦)
 精米歩合:50%
 日本酒度:+2
 酸度:1.5
 アミノ酸度:1.0
 使用酵母:山形KA


 このお酒を造るのは山形県酒田市にある楯の川酒造さん

 楯野川を飲むのは今回で2回目

 前回は約4年前に飲みました

 純米大吟醸しか醸さないこの蔵

 都内の店でも結構見られます

 それがために買おう買おうと思って4年が経過

 コスパも素晴らしい蔵です

 今回のお酒は搾りたてらしいフレッシュな味わいが楽しめるもの

 ギュッと詰まった米の旨味

 シャープで軽快なサイダーのような飲み口がたまらない

 とっても美味しかったです

 

 引き続き先週のスキー&スノボ旅行の続きです

 新潟県の上越国際スキー場で滑った後は宿泊地へ

 宿泊地は群馬県の宝川温泉汪泉閣

 川沿いにある巨大な露天風呂が有名な温泉宿です
NCM_4208(宝川温泉2)

 映画テルマエ・ロマエのロケ地にもなったこの温泉

 海外観光客にも人気があります

 自分が泊まったときも何組も海外観光客が宿泊してましたよ

 スキーで疲れた体を露天風呂で休ませる

 温泉がじわっと体に沁みていい感じ

 夕食は群馬の地酒である水芭蕉と合わせる
NCM_4204(宝川温泉1)

 温泉と日本酒で極楽です

 のんびりリラックスできました


 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村