勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-04-05 (水) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 宮の松 純米吟醸 生酒あらばしり
 NEC_1082.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業江戸末期の松尾酒造場さん

 佐賀県西松浦郡有田町にあります

 銘柄は明治30年代の歌会始の勅題が「社頭の松」だったことが由来

 商標の兼ね合いで現銘柄にしたそうです

 蔵が使用する水は日本名水百選にも選ばれる竜門峡の清水

 この水は奇跡の水とも呼ばれる硬度10の軟水です

 造りを担当するのは肥前杜氏の井上満さん

 南部で修行し、静岡や広島、福岡と全国で醸してきた名杜氏です

 年間製造量は約350石
  
 各種鑑評会での受賞も多い実力ある蔵です

 今回のお酒は梨のような果実香が楽しめるもの

 豊かな含み香とフレッシュな飲み口がいい感じ

 ビターな旨味が心地よい余韻を楽しませてくれる 

 とっても美味しかったです 



 先日の日曜日は愛知県犬山に行ってきました

 お目当ては犬山祭り
NCM_5839.jpg

 年1回行われるこのお祭りは今年でなんと383回目

 寛永12年(1635)にスタートした歴史あるお祭りなのです

 ちなみにユネスコ無形文化遺産にも登録されています

 3層の車山13輌が城下町に繰り出すこのお祭り
NCM_5842.jpg

 特徴は全ての車山にからくり人形を備えていることです
NCM_5844.jpg

 このからくりを針綱神社に奉納します
NCM_5860.jpg

 さらに重さ5トンの車山を豪快に持ち上げて方向転換する「どんでん」

 男達の掛け声とともに大きな車山が動くさまはまさに迫力満点

 昼しか行けませんでしたが夜は車山に提灯が灯るとか

 歴史あるお祭りはなんか誇らしいですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-01-12 (木) | Edit |
 福岡のお酒を飲んでいます

 天心 つきのひかり 辛口純米酒
 NEC_1037.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:夢一献)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+5
 酸度:1.4


 このお酒を造るのは創業弘化元年(1844年)の溝上酒造さん

 福岡県北九州市八幡東区にあります

 もともと天空に舞う鶴を吉兆とし「鶴天心」を銘柄にしていました

 昭和6年に大分県中津市から現在地に移転

 その際に銘柄も「天心」としました

 ちなみに移転の際、大分の蔵を解体して北九州に運んだそうです

 創業時からのモットーは「うまい酒造り一筋」

 年間製造量は約300石
 
 初めて日本酒を飲む人が美味しく2杯3杯と飲めるお酒を醸します

 蔵は北九州三醸造士の会の一員でもあります

 他には無法松酒造さんと門司港レトロビールがメンバーです

 清酒・焼酎・ビールを楽しめるイベントを開催しているようです

 今回のお酒は優しい華やかな香りが楽しめるもの

 ほのかな甘みのあとにくるフレーバーな旨味

 そのあとにズバッとキレる後口は飲みやすくまさに辛口と言った感じ

 美味しかったです



 引き続きスキーに行った時のことです

 塩原は那須塩原温泉がある有名な地

 スキーの後は冷えた体を温めるため温泉へ

 行ったのは奥塩原温泉渓雲閣さん
NCM_5507.jpg

 日本秘湯を守る会の会員宿です

 泉質は単純酸性硫黄温泉

 源泉かけ流しの贅沢なうすにごりの泉質がたまらない
NCM_5508.jpg

 ポッカポッカに温まりましたよ

 最後は道の駅でお買い物
NCM_5509.jpg

 自分も最近はスーパーで野菜を買っているため相場感はあります

 衝撃的な野菜の安さに驚き、嫁さんも爆買い状態

 久し振りに家族で旅行に行った感じになれました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-10-17 (月) | Edit |
 福岡のお酒を飲んでいます

 若波 Sparkling Sake
 NEC_0994.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:寿限無)
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは創業大正11年の若波酒造さん

 福岡県大川市にあります

 銘柄の由来は蔵の傍を流れる筑紫次郎(筑後川)

 筑紫次郎のように「若い波を起こせ」という想いが込められています

 蔵の製造責任者は蔵元の娘さん

 後継者は息子さんと家族が主体の蔵です

 福岡は仕込の時期でも気温が下がらないことも少なくない

 そのため仕込水をクラッシュアイスにしているそうです

 いろいろと工夫しているのですね

 年間製造量は約400石

 5人で構成するチーム若波が醸します 

 今回のお酒はスパークリングタイプで心地よい炭酸が楽しめるもの

 ほのかな甘みとヨーグルトのような酸味が絶妙

 爽快感のある飲み口は暑さが残る夜に心地よい

 とっても美味しかったです



 先日の土曜日は愛知県春日井市に行ってきました

 目的は春日井まつり
NCM_5084.jpg

 今年で40回を迎える歴史ある祭りです

 さすがは30万人都市の祭り

 人の多さにびっくりしました
NCM_5091.jpg

 お祭りのコーナーでお酒を売っているコーナーを発見

 愛知県江南市にある勲碧の本醸造ひやおろしを購入しましたよ
NCM_5087.jpg

 つまみを物色していると全国の名産を取り扱うブースがありました

 ここなら充実したつまみが買える

 まずは宮崎県名物の地鶏の炭焼き
NCM_5092.jpg

 炭火の香ばしさが酒に合う

 さらに山形の芋煮でしめる
NCM_5093.jpg

 仙台に住んでいた頃、山形まで芋煮を食べに行ったなぁ~

 感傷に浸りつつ昼から幸せな気分になれました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-09-06 (火) | Edit |
 長崎のお酒を飲んでいます

 横山五十 純米大吟醸
 NEC_0978.jpg

  (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業大正13年の重家酒造さん

 長崎県壱岐市石田町にあります

 銘柄の横山は蔵元の姓

 五十は精米歩合50%です

 福岡の白糸酒造さんが醸す田中六五と同じネーミング法ですね

 蔵のある壱岐は麦焼酎発祥の地

 そのためもありHPを見る限り製造のメインは焼酎です

 横山五十が生まれたのは蔵元の次男の壱岐島で日本酒蔵を復活させたい想いから

 山口にある蔵に泊まり込んで醸しています

 今回のお酒はマスカットのようなフルーティーな味わいのもの

 心地よい上品な果実のような甘味のあとはズバッと切れ味がいい

 香りはそれ程強くはないですがワイングラスで楽しむのもいい感じ

 とっても美味しかったです



 突然ですが昔の建物内部を表した写真があります
NCM_4971.jpg

 こっちはペンキを塗っている人がいます
NCM_4973.jpg

 これはいずれも絵です

 先日、高尾山に行ったときトリックアート美術館にも行きました

 立体に浮かび上がる絵が多数展示

 小学4年生の娘も不思議な感じを楽しんでいましたよ

 そんなトリックアート美術館にも一つ困ったことがありました

 それはトイレ

 トイレの個室のなかにリアルな絵が描かれているのです

 幼稚園児くらいの子が本気で怖がりトイレ前で泣いていました

 もちろん一人でトイレに行けないでいる・・・

 あまりにリアリティーがあると困ることもありますね

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-07-23 (土) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 万齢 純米吟醸 無濾過生原酒
 NEC_0966.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(麹米:山田錦、掛米:美山錦)
 精米歩合:50%
 日本酒度:+3
 酸度:1.5
 使用酵母:佐賀酵母


 このお酒を造るのは創業江戸末期の小松酒造さん

 佐賀県唐津市にあります

 蔵のお酒はかつては海軍御用達酒となったこともありました

 佐世保港より南方の前線基地まで運ばれていたそうです

 しかしながら時代とともに生産量は減少

 平成2年に休蔵を余儀なくされます

 そこに証券マンだった現蔵元杜氏の大祐氏が帰郷

 平成7年に酒造りを再開しました

 他蔵や国税庁醸造研究所で修業して平成10年に酒造りを再開

 平成12年度には全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています

 造りは全工程が丁寧な手作業

 焼酎も醸しています

 今回のお酒はジューシーな旨味が存分に楽しめるもの

 ギュッと詰まったメロンのような味わいと心地よい吟醸香がたまらない

 後口のキレもよく盃が進む

 とっても美味しかったです



 先週の連休は神奈川にある自分の実家に帰省しました

 実家の前に埼玉の家へ帰宅

 深夜の帰宅のため、今回も娘が手紙を書いていました
NCM_4764.jpg

 娘も祖父母と会えるのを楽しみにしているようです

 実家ではいつものようにボードゲームを楽しみましたよ
NCM_4780.jpg

 さらに恒例のバーベキュー
NCM_4783.jpg

 娘はおやつのアイスを食べ過ぎバーベキューをあまり食べれず

 確か去年も同じように腹痛になっていた気がします

 あまり成長していませんね

 それでもバーベキュー後の花火のときには復活

 夏を満喫できました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村