勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-04-09 (月) | Edit |
 佐賀のお酒を飲んでいます

 七田 純米無濾過
 NEC_1216.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは佐賀県小城市にある天山酒造さん

 七田は今回で2回目

 前回は約4年前にいただきました

 様々な雑誌にも取り上げられている七田

 銘酒の揃いがいい酒販店なんかではよく見かけます

 これは埼玉の家の近くの酒販店で購入したもの

 やはり関東では様々なお酒が手に入りますね

 今回のお酒はちょっとガス感が感じられるもの

 濃醇な飲み口で心地よい渋味とビターな旨味が楽しめる

 しっかりした酸もいい感じで濃い目の料理にも合いやすい

 とっても美味しかったです

 

 先週末は名古屋からの引越で届いた荷物を整理していました

 名古屋では単身赴任で荷物も殆どなかった自分

 それでも埼玉の家に帰ると荷物が溢れてしまいますね
DSC_0972.jpg

 部屋一つが荷物で埋まるほど

 色々と整理し、不要なものは捨てて何とか収納完了しました

 単身赴任から帰ってくるにも苦労がありますね
  


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-01-11 (木) | Edit |
 熊本のお酒を飲んでいます

 千代の園 大吟醸酒 EXCEL
 NEC_1190.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール(原料米:山田錦)
 精米歩合:40%
 日本酒度:+3
 酸度:1.3
 使用酵母:熊本酵母、協会1801号


 このお酒を造るのは創業明治29年の千代の園酒造さん

 熊本県山鹿市にあります

 銘柄は初代蔵元の本田喜久八氏が命名

 地域と共なる繁栄と平和を願いつつ慶事にふさわしい名前

 そんな想いが込められています
 
 蔵は清酒以外にも焼酎や赤酒を醸造

 赤酒とは木灰を使った熊本地方に伝わる地酒です

 熊本にあることから蔵は熊本地震で被災

 蔵の白壁や煙突が破損してしまいました

 災害復旧のためファンドを組んで復興資金を募集

 頑張って欲しいものです

 今回のお酒は白ワインのような味わいが楽しめるもの

 マスカットのような果実香にフルーティーな飲み口はまさに大吟醸

 余韻は短めでキレも良くワイングラスで飲みたくなる

 とっても美味しかったです



 引き続きスキーに行った時のことです

 スキー場には当然のことながら雪がたくさんあります
DSC_0674.jpg

 そんなふわふわな雪で娘は雪遊び

 とっても気持ちよさそうでした

 さらにスキー場のレストランで看板犬を発見

 2匹のメスのワンちゃんは可愛らしくとっても人懐っこい

 娘はこの2匹とも楽しんで遊んでいましたよ
DSC_0661.jpg

 スキーの滑走以外でも楽しめた今回のスキー

 空を見上げると綺麗な虹が見えました
DSC_0671.jpg

 なんか今年はいい事ありそうです

 ちなみに自分は今年、本厄なんですがねぇ




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-09 (火) | Edit |
 福岡のお酒を飲んでいます

 旭菊 特別純米 大地
 NEC_1193.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは福岡県久留米市三潴町にある旭菊酒造さん

 旭菊は今回で2回目

 前回は約5年前にいただきました

 前に飲んだ時は仙台にいたとき

 宮城県大崎市の酒屋で買った記憶があります

 このお酒は実家近くの酒屋で買ったもの

 関東はいいお酒が簡単に手に入るのでありがたいですね

 今回のお酒はぬる燗くらいで丁度よい味わいが楽しめるもの

 上品な甘さと穀物由来の豊かな含み香がふわっと広がります

 後味もスッキリしていて色々な食事に合わせやすい

 とっても美味しかったです



 年末年始は10連休だった自分

 今シーズン初のスキーにも行ってきましたよ

 行ったのは尾瀬岩鞍スキー場
DSC_0665.jpg

 関東でも最大級の広さを誇るスキー場です

 行った日の天気は最高

 雪のコンディションもバッチリで滑りやすい
DSC_0669.jpg

 思いっ切りスキーを楽しみました

 スキー場ではグルメも楽しみましたよ

 自分が若い頃のスキー場の食事といえば結構ひどいもの

 カレーや親子丼など簡単なものしかなかった気がします

 ただ、今は違います

 お洒落で美味しい食事が食べられるのです

 自分が食べたのは焼カレー
DSC_0667.jpg

 カレーの上に焦げててとろけるチーズがたまらない

 スキーだけでなくご飯も楽しめました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-11-19 (日) | Edit |
 大分のお酒を飲んでいます

 和香牡丹 純米酒 秋あがり
 NEC_1171.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは昭和33年設立の三和酒類さん

 大分県宇佐市にあります

 三和酒類さんといえば麦焼酎「いいちこ」で有名

 言わずとしれた国内でも屈指の焼酎メーカーです

 もともと3つの酒蔵の共同瓶詰場として設立された三和酒類さん

 社名も三つの酒蔵が一緒に和をもってまとまろうという意味だそうです

 焼酎以外にも清酒、ブランデー、リキュール、ワインなども製造

 日本でも有数の総合酒類メーカーといったところでしょうか

 今回のお酒はピーチのようなフルーティーな味わいが楽しめるもの

 瑞々しい甘味と心地よい渋みを伴う旨味がグッド

 芳醇な味わいと綺麗な飲み口が飲み飽きせずに盃が進む

 とっても美味しかったです

 ところでこのお酒は少し寝かせた「秋あがり」仕様

 一方で「うすにごり」という表示があり大手っぽい感じがしました



 引き続き知多四国巡礼のことです

 第59番札所をあとに行ったのが第60番札所安楽寺
DSC_0402.jpg

 かつては境内に松の大木がありましたが松喰い虫被害で枯れたそうです

 行った時はちょうど境内を改修してました

 第61番へ向かうまではちょっとした台地を歩きます

 天気も良く中部国際空港を臨む素敵な風景を楽しみました
DSC_0404.jpg

 続いて行ったのは第61番札所高讃時
DSC_0409.jpg

 知多三山の一つに数えらる名刹です

 参道も趣があります
DSC_0405.jpg

 仁王門には池の中から出てきた仁王様がいました
DSC_0408.jpg

 この仁王様、織田・今川の戦火を逃れるため池の中にいたもの

 江戸時代に引き上げられたそうです

 続いて行ったのは第62番札所洞雲寺
DSC_0413.jpg

 ここは別名「蓮の寺」とも呼ばれているそうです

 夏には境内に蓮がたくさん咲くようで季節が外れて残念です

 続いて行ったのは第63番札所大善院
DSC_0417.jpg

 このお寺には樹齢約550年の立派なイブキがありました
DSC_0415.jpg

 いったいイブキは何年生きるのでしょうか





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-11-15 (水) | Edit |
 大分のお酒を飲んでいます

 八鹿 純米大吟醸 蔵出し熟成
 NEC_1159.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米;五百万石)
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業元治元年(1864年)の八鹿酒造さん

 大分県玖珠郡九重町にあります

 銘柄の由来は三代目と当時の杜氏の名前が由来

 三代目は麻生観八、杜氏は仲摩鹿太郎という名です

 蔵は清酒以外にも焼酎やリキュールなども醸造

 昭和43年には四季醸造が可能な永錫蔵も完成

 地方にある総合酒造メーカーといったところでしょうか

 今回のお酒は角のとれた心地よい苦味が味わえるもの

 香り穏やかで旨味の乗った飲み口が心地よい

 お酒単体で楽しむというより食事と合わせて真価を発揮するタイプか

 美味しくいただきました 



 先週の週末は横浜の実家から両親が来ました

 そのため名古屋市内を観光

 熱田神宮に行ってきました
DSC_0533.jpg

 週末は七五三だったため熱田神宮な子連れの親子で混雑

 それでも立派な建物や神木は見事でした
DSC_0532.jpg

 夜は家の近くの焼き鳥屋に行き、翌日は名古屋めしを堪能

 やっぱり名古屋にきたらこれ

 ひつまぶしです
DSC_0534.jpg

 栄の松坂屋にある蓬莱軒でいただきましたよ
DSC_0535.jpg

 両親も喜んでくれて良かったです

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村