勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-09-12 (火) | Edit |
 島根のお酒を飲んでいます

 KAKEYA 純米無ろ過生原酒
 NEC_1126.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:五百万石)
 精米歩合:70%
 日本酒度:+4.2
 酸度:2.0
 使用酵母:901号


 このお酒を造るのは創業慶応2年(1866年)の竹下本店さん

 島根県雲南市掛合町にあります

 メイン銘柄は出雲誉

 出雲の地にふさわしい代表的な銘酒との願いが込められています

 この蔵の12代当主は元内閣総理大臣の竹下登さん

 そのため孫のDAIGOラベルのお酒もあるそうです

 ちなみに今回のお酒は日本酒応援団という会社の企画商品

 全量純米で無濾過生原酒のラインナップ

 現時点で全国4つの蔵が参加しています 

 今回のお酒は花のような心地よ香りが楽しめるもの

 やや濃醇な味わいで甘味と渋味のバランスがいい

 しっかりと芯のある味わいは濃い目の料理にも合わせやすい 

 とっても美味しかったです



 この前の土曜日は愛知県の瀬戸市に行ってきました

 お目当てはせともの祭り

 天気もよくたくさんの人が訪れてましたよ
DSC_0383.jpg

 もちろん窯元や陶器卸の出店もたくさん
DSC_0385.jpg

 色々と目移りしてしまいます

 陶器は見ているだけでも楽しいですね

 去年はお猪口を買った自分

 今年はカレー皿を購入しましたよ
DSC_0386.jpg

 このお皿を作ったのは仕事でお世話になった作家さん

 絶妙な曲線がたまりません

 暑いなか一生懸命販売しており応援の意味も込めて買いました

 単身赴任なのでレトルトですが結構食べるカレー 

 この器が活躍してくれそうです



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-09-09 (土) | Edit |
 岡山のお酒を飲んでいます

 櫻室町 赤碧雄町 80%純米
 NEC_1132.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:80%
 日本酒度:+6
 酸度:1.9


 このお酒を造るのは創業元禄元年(1688年)の室町酒造さん

 岡山県赤碧市にあります

 銘柄の一部にある「室町」は三越百貨店のあった地が由来

 もともと三越百貨店のプライベートブランドで売られていました

 それが戦後に商標の兼ね合いで使できず現銘柄となったそうです

 蔵は高度成長期には灘の清酒メーカーの桶売りで成長

 しかしながら消費量の低迷もあり備前の酒屋への回帰する方針へ

 現在、蔵がこだわるのは原料米として使用する雄町

 確かに蔵のある赤碧市は雄町の生産で有名です

 安定的に調達できる契約農家があるのでしょう

 仕込水には日本の名水百選にも選ばれる「雄町の冷泉」を使用

 国内外の多くのコンテストで受賞する実力ある蔵です

 今回のお酒は膨らみのあるしっかりとした旨味が楽しめるもの

 穀物由来の甘みがふわっと広がり心地よい

 低精白ながらも変な雑味を感じず飲みやすい

 とっても美味しかったです
 


 昨年の12月に膝を痛めてから半年以上が経過

 4月頃から痛みも和らぎ週末は20㎞程走っています

 ただ、どうも違和感がなくならずタイムも上がりません

 それに週末に雨が降るとトレーニングができなくなる

 そこで最近行き始めたのが名古屋市千種スポーツセンター
DSC_0319.jpg

 ここにはプールがあるのです

 プールならば膝にもそれほど負担がかからない

 まずはしっかり2.5㎞泳ぎましたよ

 これを習慣化していけば訛った体も鍛えなおせると思います



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-09-06 (水) | Edit |
 広島のお酒を飲んでいます

 華鳩 華colombe
 NEC_1125.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:こいおまち)
 精米歩合:58%
 日本酒度:+0.6
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは広島県呉市にある榎酒造さん

 華鳩は今回で2回目

 前回は約1年半前に飲みました

 ちなみに「colombe」はフランス語で平和を象徴する白い鳩のこと

 お気に入りの蔵のひとつです

 今回のお酒は柔らかく上質な口当たりのタッチが楽しめるもの

 少し甘味のある穏やかな旨味がとっても心地よい

 綺麗な酸でキレもよく何杯でも飲めてしまう優しいお酒

 とっても美味しかったです



 先日、釣りに行ってきました

 今回は前に釣果2匹という惨憺たる結果のリベンジを果たすために行くもの

 狙うはイサキです

 知多半島の先端から出向していざポイントへ

 さあ、釣りの開始です
DSC_0205.jpg

 コンディションは悪くない

 結果はというと19匹の大漁
DSC_0210.jpg

 見事、前回のリベンジを果たしました

 ちなみに今回も隣の人は30匹以上つって大差をつけられましたが・・・

 家に帰って魚を調理

 刺身になめろう、塩焼きを日本酒と共にいただきましたよ
DSC_0211.jpg

 その日に使った魚は3匹

 残りの16匹は干物にして冷凍庫へ

 しばらくイサキ生活が続きそうです



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-04-11 (火) | Edit |
 島根のお酒を飲んでいます

 金鳳 原酒 出雲ノ国 本醸造
 NEC_1081.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:65%
 日本酒度:±0


 このお酒を造るのは創業明治2年の金鳳酒造さん

 島根県安来市にあります

 銘柄は古代中国で聖人と共に現われたとされる鳥「鳳凰」に由来

 「鳳凰」に「金」を冠して「金鳳」としました

 「山は大山、お酒はキンポー」

 蔵のHPにあった言葉です

 これは地元のCMに使われていたキャッチフレーズ

 地元の人から親しまれていたのでしょう

 ちなみに蔵のある地名は「清井」

 仕込水は自家用の井戸を使用しています

 地名からも昔からいい水が湧いていたことが伺えます

 今回のお酒はガツンと濃い米の旨味が味わえるもの

 アルコール度数も高めで原酒の荒々しさが楽しめる

 ロックにすると溶けた水でサラリと軽快にいただける

 美味しかったです



 先日ふるさと納税でゲットした燕三条の包丁

 切れ味が凄すぎて料理が楽しい

 色々と料理してますよ

 この前はアドガボを買って調理
NCM_5832.jpg

 しかし、ここでアクシデント発生

 包丁の切れ味が良すぎて指を切ってしまったのです
NCM_5834.jpg

 幸い傷口は小さく大事には至りませんでした

 でも気をつけないといけないですね

 ちなみに作った料理はこちら
NCM_5835.jpg

 アドガボとマグロにわさび醤油をかけたもの

 他にも鳥皮を炒めたもの作りました
NCM_5836.jpg

 完全に居酒屋メニューですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-04-08 (土) | Edit |
 鳥取のお酒を飲んでいます

 稲田姫 純米吟醸
 NEC_1083.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(使用米:強力)
 精米歩合:55%
 日本酒度:+3.5
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは創業延宝元年(1673年)の稲田本店さん

 鳥取県米子市にあります

 銘柄の由来は出雲神話に登場する稲田姫

 八岐大蛇を退治したスサノオと結ばれた姫です

 もともと米子城下の久米町で醸造していました

 平成元年に病院の拡張工事により現在地に移転しています

 蔵に残るのはチャレンジ精神

 明治25年には地ビールの生産を開始します

 さらに昭和6年にはいち早く冷用酒を開発

 また昭和42年に精米歩合50%の純米酒の醸造を開始しています

 積極的に新しいものを受け入れる雰囲気があるのですね

 今回のお酒は華やかで穏やかな吟醸香が楽しめるもの

 香りの割には上品でややさっぱりとした口当たり

 それでいて程よい旨味とキレが盃を進める

 美味しかったです



 引き続き犬山に行った時のことです

 犬山祭りの車山のからくりが奉納される針綱神社にも行きました
NCM_5859.jpg

 尾張五社のひとつであるこの神社

 太古より犬山の峯に鎮座されています

 拝殿で今年度の仕事の無事を祈願
NCM_5858.jpg

 今年もやっぱり神頼みです

 境内には桜が咲いていました
NCM_5845.jpg

 来春には仕事でも桜咲くようないい成果が出ればいいですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村