勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-09-21 (木) | Edit |
 兵庫のお酒を飲んでいます

 南長 純米
 NEC_1146.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:75%
 日本酒度:+3
 酸度:1.5
 アミノ酸度:1.6


 このお酒を造るのは創業昭和7年の本庄酒造さん

 兵庫県南あわじ市にあります

 蔵のある淡路島は酒の名産地として「南灘」と呼ばれていました

 銘柄はそこで「一番=長」になることを願い命名されています

 もともと江戸時代から続く南海酒造の番頭だった創業者

 この蔵を引き継いだのが創業のきっかけです

 南海酒造の銘柄が「南洋長」

 地元では「南長」と親しまれており、そのまま今に残ります

 このお酒も前の都美人同様に淡路島出身の上司からいただきました

 どうも現在は自醸はしていないようですがどうなんでしょうか

 今回のお酒はいちごのようなほのかな甘さが楽しめるもの

 そのあとにくる純米らしいふくよかな旨味もたまらない

 低精白の割には比較的綺麗な飲み口で飲みやすい

 美味しかったです



 引き続き大垣に行った時のことです

 大垣は歴史も有名ですが水の都とも言われています

 町のなかにはいくつもの川があります
DSC_0295.jpg

 松尾芭蕉も大垣から桑名まで船で向かったとされています
DSC_0289.jpg

 さらによく目にするのが湧き水

 町のいたる所に湧き水スポットがあるのです
DSC_0285.jpg

 なんか爽やかでいいですよね

 そのためか町の名物も水まんじょう
DSC_0297.jpg

 湧き水をかけていただきます

 プルンとした食感がたまりません

 歴史に食と存分に楽しめました

 


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-09-18 (月) | Edit |
 兵庫のお酒を飲んでいます

 純米吟醸 碧乃都美人
 NEC_1145.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは兵庫県南あわじ市にある都美人酒造さん

 都美人は今回で2回目

 前回は約2年前にいただきました

 埼玉の家の近くの酒屋で取り扱っている都美人

 今回は淡路島出身の上司からお土産としてもらいました

 山廃に強いイメージがありますが今回は速醸酛のようです

 今回のお酒は香り穏やかで柔らかい口当たりが楽しめるもの

 少し黒糖っぽい穏やかな甘味が心地よい

 後口のキレもあり料理とも合わせやすい

 美味しかったです

 

 先日、岐阜県の大垣市に行ってきました

 大垣といえば関ヶ原の戦い直前に西軍が本拠地にした場所

 それならば大垣城に行くしかない
DSC_0282.jpg

 行ってみると西軍の本拠地にしては意外と小さいと感じました

 ただ昔の大垣城跡のジオラマを見ると壮大なスケールにビックリ
DSC_0286.jpg

 そして大垣城の最上階から関ケ原方面を見る
DSC_0283.jpg

 石田三成もこのような景色を見たのでしょうか

 歴史ロマンに浸っていました

 大垣といえばもうひとつ歴史的なものがあります

 それは松尾芭蕉「奥の細道」の結びの地
DSC_0290.jpg

 奥の細道むすびの地記念館にも行きました
DSC_0294.jpg

 記念館には3D映像や展示資料があり勉強になる
 
 大垣は歴史好きにはたまらない町ですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-26 (土) | Edit |
 大阪のお酒を飲んでいます

 秋鹿 純米酒 ひや
 NEC_1137.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:70%
 日本酒度:+2
 酸度:1.8


 このお酒を造るのは大阪府豊能郡能勢町にある秋鹿酒造さん

 秋鹿は今回で2回目

 前回は約2年半前にいただきました

 実家の近くにある酒屋で取り扱っている秋鹿

 いつでも飲めると思っているとなかなか飲めませんね

 帰省中に買って飲みました

 今回のお酒は全体的にサッパリとした飲み口が楽しめるもの

 軽やかな飲み口ながらほのかな甘味がしっかりと楽しめる

 暑い夏の日に飲むお酒の序盤戦に最適な味わい

 美味しかったです



 先週の日曜日は岐阜に行ってきました

 目的は「岐阜の地酒に酔う2017」に参加するため

 岐阜県内の酒蔵が集まるイベントです

 会場は満員状態
DSC_0305.jpg

 自分もお猪口を持ってスタンバイOK
DSC_0303.jpg

 ミス日本酒岐阜代表の乾杯の挨拶でスタートです

 これまで飲んだことがある蔵や飲んだことない蔵
DSC_0313.jpg

 色々あって迷います

 とりあえずぐるりと一周

 色々な蔵のお酒を楽しみましたよ

 お酒を飲むにも休憩が必要

 休憩所には各蔵の仕込水が置いてありました
DSC_0315.jpg

 色々楽しみ最後は個人的に大好きな房島屋でしめる
DSC_0311.jpg

 大満足な会でした

 相当酔っ払いましたがね~

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-03-29 (水) | Edit |
 京都のお酒を飲んでます

 翁鶴 生酒 初搾りの酒
 NEC_1080.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:70%


 このお酒を造るのは創業元禄年間の大石酒造さん

 京都府亀岡市にあります

 銘柄は長寿と縁起のよさを由来としています

 蔵は平成26年に美山蔵を完成

 亀岡から南丹市に造りの拠点を移しています

 HPを見ると中国の天津にも拠点がある様子

 積極的に事業展開しているんですね

 造りを担当するのは丹波杜氏

 亀岡駅前にはアンテナショップ「酒の館」を運営しています

 今回のお酒は青りんごのような香りが楽しめるもの

 生酒らしいフレッシュ感に甘みが広がっていく

 後口はアルコール度数の高さからか辛みが続いていきます

 美味しくいただきました



 この前の日曜日は名鉄の有松駅に行ってきました

 駅前は古い建物が並び雰囲気があります
NCM_5823.jpg

 有松絞りという絞り染めで栄えた面影を感じました

 しかし有松に行ったのは古い町並みを見るためではありません

 ここは日本史を変えた一大合戦があった場所なのです

 それは桶狭間の戦い

 桶狭間古戦場公園に行ってきたのです
NCM_5819.jpg

 公園内には織田信長と今川義元の像がありました
NCM_5820.jpg

 ここで歴史が動く戦いがあったと感じるだけでワクワクします

 そして敗れた今川義元のお墓もありました
NCM_5821.jpg

 愛知県には歴史を感じるスポットがたくさんあって楽しいです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-03-27 (月) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 弥栄鶴 亀の尾蔵舞
 NEC_1079.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:亀の尾)
 精米歩合:60%


 このお酒を使うのは創業昭和22年の竹野酒造さん

 京都府京丹後市にあります

 もとは明治期に創業し、戦時に休業していた行待酒造場

 戦後に行待酒造場が呼びかけ4社が合併してできた蔵です

 銘柄は蔵のある地「弥栄町」が由来

 このお酒は「蔵舞(くらぶ)」シリーズです

 古の造りの技術を貯え、伝えていくという意味が込められています

 ちなみに蔵舞シリーズは使用する米によって銘柄が変わります

 他にも旭蔵舞、祝蔵舞、錦蔵舞(山田錦)、祭蔵舞(祭りばやし)があります

 今回のお酒は上品でほのかな甘みのある味わいが楽しめるもの

 つるっと滑らかな飲み口で程よい吟醸香が心地よい

 爽やかな酸味によるキレもよく盃が進む

 とっても美味しかったです



 この前の土曜日は名古屋市の伏見に行ってきました

 目的はなやばし夜イチ 日本酒まつり

 堀川が流れる納屋橋と錦橋の両岸に13の蔵が出店するイベントです
NCM_5805.jpg

 早速チケットとお猪口を購入

 気になる蔵でお酒を注いでもらいます
NCM_5807.jpg

 時期的にどの蔵も搾りたてのお酒が多い印象

 外で飲むお酒がこれまた美味い
NCM_5806.jpg

 色々な蔵のお酒をその場で飲み比べられるのもいいですね

 結局お猪口10杯分のお酒をいただく

 昼間からとってもいい気持ちになりました




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村