勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-08-09 (水) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 鯨波 吟醸 夏吟
 NEC_1128.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール(原料米:五百万石)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは岐阜県中津川市にある恵那醸造さん

 鯨波は今回で2回目

 前回は約2年半前にいただきました

 規模小さい蔵なのか名古屋でもあまり見かけない鯨波

 埼玉の家の近くの酒屋が取り扱ってくれていて助かります

 今回のお酒は瑞々しく軽快な飲み口が楽しめるもの

 上質でほのかな甘味としっかりとした旨味が乗っている

 心地よいキレも暑い夏にはグッド

 とっても美味しかったです



 先日、家族で今年の夏旅行に行ってきました

 行き先は長野と群馬

 しばらくこのことを書きたいと思います

 まず行ったのは軽井沢
DSC_0222.jpg

 暑い夏の日が続いており避暑地にとの思いで行ったのですが・・・

 ここも暑かった

 そこでお店に入りかき氷を注文
DSC_0226.jpg

 天然氷を使用しておりバクバク食べても頭が痛くならない

 体の中から涼めました

 軽井沢から移動して行ったのは上田城
DSC_0229.jpg

 娘が最近歴史に興味を持っているので行ってきました

 昨年の大河ドラマ「真田丸」の人気もあり場内は真田一色

 娘も真田一族の甲冑を興味深く見てました
DSC_0228.jpg

 本丸があったところは今は神社になっています
DSC_0231.jpg

 神社の敷地内には六文銭の大きな冑のモニュメントが・・・
DSC_0232.jpg

 なんか何でもありな感じでした
 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-08-06 (日) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 醴泉 特別純米酒
 NEC_1091.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+2
 酸度:1.6
 アミノ酸度:1.4
 使用酵母:熊本9号酵母


 このお酒を造るのは岐阜県養老郡養老町にある玉泉堂酒造さん

 玉泉堂酒造さんのお酒は今回で3回目

 前回は一つ前に飲みました

 スペックは前回のものとほぼ同じ

 前回は生酒で今回は火入れしています

 生酒と火入れしたのとではどのように味に違いにあるのでしょうか

 今回のお酒は奥行きの深い落ち着いた味わいが楽しめるもの

 ほのかな甘みと円みの帯びた旨味が心地よい

 生酒と同様にビターな上質な味わいはここでも健在

 美味しかったです

 生酒も火入れも互いにいい持ち味がありますね



 世間は夏休みですね

 仕事をしていると夏休みを感じている余裕はありません

 単身赴任であり夏休み中の娘と生活していないので尚更です

 それでも少し夏休み感を感じられたことがあります

 それは先日、埼玉に帰ったとき朝のラジオ体操に行ったこと

 娘に誘われ朝早くから行ってきました
DSC_0258.jpg

 そこで昨年までとは違うちょっとした変化に気づきました

 それはラジオ体操の音のボリュームが小さくなっていること

 さらにラジオ体操第二が省略されている

 確かに朝6時30分から大きな音で体操されると近所迷惑かもしれない

 クレームでもあったのでしょうか

 何だか世知がない世の中になりましたね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-03 (木) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 醴泉 特別純米酒 生酒
 NEC_1090.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 アミノ酸度:1.5
 酸度:1.6
 使用酵母:熊本9号酵母


 このお酒を造るのは岐阜県養老郡養老町にある玉泉堂酒造さん

 玉泉堂酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は約3年半前に別銘柄の無風をいただきました

 銘柄は蔵近くにある養老の滝が由来

 奈良時代にこの滝を訪れた元正天皇
 
 天皇が滝の水が甘く健康に良い、まさに醴泉と言ったとか

 ちなみに醴泉とは中国の故事による大地より湧き出た泉の名です

 今回のお酒はフレッシュな口当たりが楽しめるもの

 香り穏やかでボリューム感のある旨味がたまらない

 角のないきれいな苦味が飲み飽きず盃が進む

 美味しかったです



 先週の週末は土用の丑の日でしたね

 自分も鰻を楽しみましたよ

 行ったのは名鉄百貨店に入っているまるや本店

 昼過ぎに行ったのですが土用の丑ということもあり大行列

 少し時間をずらしたものの約1時間待ち

 ようやく店内に入り早速注文

 注文するのは大好物のひつまぶし
DSC_0259.jpg

 一度に色々な食べ方が楽しめていい

 まずはそのままいただきます
DSC_0260.jpg

 次に薬味を投入
DSC_0261.jpg

 最後は出汁でいただく
DSC_0262.jpg

 やっぱりひつまぶしは美味しいですね

 値段的にそんなに頻繁には食べれませんが・・・

 美味しいものを食べると幸せな気持ちになれます

 心身ともに鰻を食べて少しスタミナが回復した気がします




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-07-14 (金) | Edit |
 三重のお酒を飲んでいます

 三重錦 涼純
 NEC_1115.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦、八反錦、雄山錦)
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは三重県伊賀市にある中井仁平酒造場さん

 三重錦を飲むのは今回で2回目

 前回は約3年前にいただきました

 前回は栃木県栃木市の酒屋さんで購入したもの

 関東では殆ど見かけず珍しいと思ったものでした

 名古屋に来るとさすがに三重錦をチラホラと見かけます

 今回のお酒は夏酒らしい瑞々しい口当たりが楽しめるもの

 軽いタッチながらメロンのような味わいがたまらない
 
 香りは穏やかで食事とも合わせやすい

 とっても美味しかったです



 先週の土曜日は三重県桑名市と西美濃へ行ってきました

 しばらくこのことを書きたいと思います

 まず行ったのは桑名

 一番の目的は桑名港で行われたていた漁業まつり

 会場は朝から大賑わいです
DSC_0133.jpg

 いろいろな海産物が売っており自分が並んだのはこちら

 桑名名物の蛤の網焼きです
DSC_0137.jpg

 長蛇の列にならび売り切れ直前に何とかゲット

 女性の大人の拳くらいはある大きさの蛤
DSC_0140.jpg

 肉厚でジューシーな旨味と磯の香りがたまらない

 正直、こんな美味しい蛤を初めて食べました

 港に併設してあるのははまぐりプラザ
DSC_0144.jpg

 ここでは桑名漁港の歴史や蛤の漁獲高等の変遷を学べました

 漁獲高ピーク時より激減している蛤

 こんなに美味しいので少しでも多く獲れるようになって欲しいものです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-07-06 (木) | Edit |
 静岡のお酒を飲んでいます

 正雪 備前雄町 特別純米
 NEC_1113.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+4
 酸度:1.4


 このお酒を造るのは静岡県静岡市清水区にある神沢川酒造場さん

 正雪は今回で2回目

 前回は約3年前にいただきました

 ホームページを見ると蔵の場所がありました

 ホント目の前に海がある場所に蔵があるんですね

 今回のお酒は柔らかで幅のある旨味が楽しめるもの

 上質で穏やかな香りと渋みの効いた膨らみのある味わいがいい

 後半にくる少しビターな飲み口が食事と合わせやすく盃が進む

 とっても美味しかったです

 

 引き続き伊賀上野のことです

 伊賀上野にはお城があります

 それは藤堂高虎が改修したという伊賀上野城
DSC_0090.jpg

 ここのお城が有名なのはその石垣の高さ

 約30mの高さを誇り国内でもトップクラスです

 外から見ると確かに高い
DSC_0096.jpg

 さらに中から見ると足元がすくむような高さです
DSC_0094.jpg

 こんな城を築城されたら攻めるのは登るだけでも大変

 ただ天守閣自体は改修後、すぐに嵐で倒壊したそうです

 そのため、今はあるのは地元の名士が近年再建したもの

 城の中には伊賀のゆるキャラ「た伊賀―くん」がいました
DSC_0091.jpg

 そうこうしているうちにお腹が空いてきた

 昼食は伊賀牛のハンバーグをいただく
DSC_0114.jpg

 ジューシーな肉の旨味を堪能できましたよ

    

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村