勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-04-21 (土) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 西之門 純米吟醸
 NEC_1223.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業寛永14年(1637年)のよしのやさん

 長野県長野市にあります

 銘柄の由来は蔵のある場所

 善光寺に隣接する西之門町に蔵はあります

 二つの工場で醸造するよしのやさん

 西之門工場で醸造するのは吟醸以上の特定名称酒

 桐原工場は熟成を必要とする本醸造酒と普通酒を醸造しているそうです

 西之門工場は酒蔵見学コースのほか売店、レストランもあります

 まさに複合観光施設

 是非とも一度行ってみたいですね

 今回のお酒はリンゴのようなフルーティーな味わいが楽しめるもの

 上質な酸味を伴う甘味と華やかな吟醸香が広がります

 綺麗な飲み口でビターな旨味が余韻とともに心地よく広がる

 とっても美味しかったです



 我が家は結婚して15年くらいたちます

 そんな家で最近起きていることがあります

 それは色々な家電が壊れること

 一番痛いのが冷蔵庫

 この出費は馬鹿にならない

 とりあえずビックカメラに行って冷蔵庫を購入してきました
DSC_0978.jpg

 そんななかクーラーが稼働ストップ

 さらにこんなときに嫁さんのパソコンが不調に・・・

 ボーナスが一気に吹っ飛ぶ出費

 娘の教育代も増えてきた我が家の家計は火の車です




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-04-18 (水) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 水尾 純米吟醸
 NEC_1217.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:金紋錦)
 精米歩合:49%
 日本酒度:+3


 このお酒を造るのは創業明治元年の田中屋酒造店さん

 長野県飯山市にあります

 銘柄は地元にある水尾山に由来

 仕込水も水尾山の湧き水をトラックで運び使用しています

 「良い水を使い、良い米を使い、そして基本に忠実な良い造りをする」

 蔵のHPに書かれていた方針です

 使用するは全て長野県産酒造好適米を使用

 そのうちの70%が蔵から5㎞圏内で製造されているそうです
 
 年間製造量は500石

 地元の飯山杜氏が醸します

 今回のお酒はメロンのような味わいが楽しめるもの

 透明感のある飲み口に上質な旨味が心地よい

 後口の余韻も綺麗に消えていき和食と会う感じか

 とっても美味しかったです



 3月末から4月上旬は転勤やら引越で週末はバタバタ

 そのためランニングを怠っていました

 名古屋にいるときはコンスタントに週末20~30㎞は走っていた自分

 ここ3週間の走行距離は0㎞です

 ちょっと落ち着いてきたので先日久しぶりに走りました
DSC_0977.jpg

 この走っていない空白の3週間

 結構ブランクは大きいです

 これまでは平気で15㎞は走れていた自分

 しかし今回は何と6㎞でストップ

 こんなに体力が落ちているとは

 ともかく一から体を作り直さないといけないですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-02-12 (月) | Edit |
 長野のお酒を飲んでいます

 夜明け前 純米吟醸生一本
 NEC_1198.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは長野県上伊那郡辰野町にある小野酒造店さん

 夜明け前は今回で2回目

 前回は約3年前にいただきました

 個人的に大好きな蔵のひとつ

 埼玉や名古屋であまり見かけないのが残念です

 今回のお酒はサイダーのような味わいが楽しめるもの

 爽快でガス感のある口当たりほのかで上質な甘味が広がります

 心地よい渋みと苦味を伴う旨味がいい感じ

 綺麗な酸があとをひき盃が止まらない

 とっても美味しかったです

 やはり夜明け前はいいですね

 

 自分の兄は福岡の博多に住んでいます

 年末年始に実家であったときお土産をもらいました

 博多といえばとんこつラーメン

 もらったのはラーメンセットです
DSC_0810.jpg

 味は三種類

 違う味が入っていると猛烈に味比べをしたくなる自分

 ただラーメン三杯を一気に食べるのは無理です

 そのため分けて食べましたが、まずは八ちゃんラーメン
DSC_0811.jpg

 結構濃い目の味付け

 次に食べたのは郷家ラーメン
DSC_0812.jpg

 豚骨と醤油の味わいですがこちらも濃い

 最後に食べたのが達磨ラーメン
DSC_0813.jpg

 これはシンプルな豚骨ラーメンといった感じ

 どれも美味しかったですが豚骨が続くとさすがに飽きる

 当たり前ですが3つあるので時期を分けた方がいいですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-02-10 (土) | Edit |
 新潟のお酒を飲んでいます

 清泉 亀の翁 純米大吟醸
 NEC_1209.jpg
 
 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:亀の尾)
 精米歩合:40%
 日本酒度:+3
 酸度:1.3
 アミノ酸度:1.0


 このお酒を造るのは新潟県長岡市にある久須美酒造さん

 久須美酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は約5年半前に別銘柄の夏子物語をいただきました

 言わずと知れた漫画「夏子の酒」のモデルとなった蔵

 主人公夏子の兄が亀の尾の復活に命をかけています

 何気に前回飲んだ夏子物語には亀の尾が使われていない

 初めて久須美酒造さんが亀の尾で醸すお酒を飲みます

 今回のお酒は繊細で透明感の高いタッチが楽しめるもの

 上質な少しバナナのような香りとほのかな甘みがいい感じ

 その後にくるビターな旨味が広がり余韻も心地よい

 とっても美味しかったです

 これぞ純米大吟醸といった感じのお酒でした



 先日、会社でプレゼントをもらいました
DSC_0776.jpg

 それは自分が誕生日だったから

 いわゆる中間管理職の自分

 9名の部下から貰いました
DSC_0777.jpg

 そのなかには今回紹介する清泉もあります

 そして嬉しかったのが大吟醸用のグラス
DSC_0778.jpg

 これでしっかり吟醸香がとれるはず

 ただ自分のスキルをもっと上げないととれませんが・・・

 頑張ってスキルアップに励みたいと思います



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-25 (木) | Edit |
 新潟のお酒を飲んでいます

 天領盃 大吟醸 冴
 NEC_1189.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業昭和58年の天領盃酒造さん

 新潟県佐渡市にあります

 佐渡は江戸時代に幕府直轄地である天領でした

 銘柄はこの天領が由来です

 そういえば岐阜の天領酒造さんも同じように命名してますね

 昭和58年創業という比較的新しい酒蔵

 品質のバラつきをなくすため最新鋭の設備を導入しています

 造りを担当するのは新潟清酒学校の卒業生

 軟水である金北山の伏流水を仕込水に使用します

 今回のお酒は瑞々しい飲み口が楽しめるもの

 大吟醸らしい華やかな香りに比較的スッキリした味わい

 ほのかな甘みとキレがいい感じ

 美味しかったです



 引き続き東三河に行った時のことです

 豊川稲荷を出て向かったのは御油という場所

 ここは東海道53次の35番目の宿場「御油宿」があります

 そして目的は御油の松並木
DSC_0715.jpg

 街道を守るため江戸幕府の命令で植えられたこの松

 十返舎一九が書いた東海道中膝栗毛でも舞台になっています

 弥次さんと喜多さんもこの松を見たのでしょうか

 小学生時代に東海道中膝栗毛を読んだ自分

 なんか歴史ロマンに浸ってしましました

 そんな御油宿から36番目の「赤坂宿」まで歩きましたよ
DSC_0719.jpg

 続いて向かったのは愛知県豊橋市

 まずは市電に乗って移動
DSC_0720.jpg

 目的地は吉田城です
DSC_0726.jpg

 徳川四天王の一人であった酒井忠次が長年治めたこのお城

 石垣は高く、堀も深く掘られています
DSC_0724.jpg

 さらに城の後ろには川が流れており天然の要害
DSC_0728.jpg

 酒井忠次は長篠の戦いでも大活躍した名将

 これはなかなか落ちない城ですね




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村