勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-04-02 (日) | Edit |
 群馬のお酒を飲んでいます

 大盃 純米原酒 桶五十三号
 
NEC_1078.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 酸度:1.7


 このお酒を造るのは群馬県高崎市にある牧野酒造さん

 大盃を飲むのは今回で3回目

 前回は昨年の2月にいただきました

 昨年飲んだお酒のなかで最も美味しいと思った大盃

 大好きな蔵のひとつです

 今回のお酒はマスカットのような穏やかな香りが楽しめるもの

 軽やかな飲み口で上品な甘味とフルーティーな味わいが広がります

 綺麗な酸でキレもよくコスパがいいのも嬉しい

 とっても美味しかったです



 先日、仕事から帰ってくるとポストに郵便がありました

 入っていたのは娘からの封筒

 何が入っているのかと思い開けてみると手紙でした
NCM_5828.jpg

 中を開くと3匹のライオンがいます
NCM_5829.jpg

 自分と嫁さんと娘なのでしょうか

 一番小さいライオンが何故か雄なのが気になりますが・・・

 そして手紙の裏にはこんなコメントがありました
NCM_5831.jpg

 単身赴任生活も2年目に突入

 頑張っていかないといけないですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-01-04 (水) | Edit |
 千葉のお酒を飲んでいます

 木戸泉 醍醐 特別純米
 NEC_1034.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業明治12年の木戸泉酒造さん

 千葉県いすみ市にあります

 創業当初の銘柄は「泉藤」

 その後に茨城に「藤泉」という銘柄があり紛らわしいため現銘柄にしたそうです

 蔵の特徴は高温山廃モト

 普通の山廃モトの仕込み温度は8℃前後

 木戸泉酒造さんでは55℃の高温で仕込んでいます

 さらにモトに生の乳酸菌を投入

 これが蔵の特徴である乳酸の強い味わいになるそうです

 年間製造量は約1400石
 
 昭和40年代にはいち早く古酒を世に出しました

 今回のお酒は燗にするとふくよかな味わいが楽しめるもの

 ふわっと広がる上品な甘味のあとに深みがあって力強い旨味がくる

 山廃らしい酸も楽しめ余韻もいい感じ

 とっても美味しかったです



 正月後半の嫁さんの実家にいるときのことです

 実家にはちょっとした庭があります
NCM_5472.jpg

 この庭に義母はいつも米を撒き鳥が食べにくるのを楽しみにしています

 いつも来るのはスズメ

 しかし、帰省した時は山鳩が訪れました
NCM_5473.jpg

 この山鳩がなかなか図太い

 近くにいってもなかなか逃げないのです

 娘も近くまで寄って興味津々
NCM_5474.jpg

 ずっと見ていると首の動きなど可愛く感じられる

 生まれて初めて30分くらいじっと同じ鳥を観察しました

 意外と飽きないものですね

  


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-12-30 (金) | Edit |
 群馬のお酒を飲んでいます

 利根錦 しぼりたて生酒
 NEC_1047.jpg
 
 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール


 このお酒を造るのは群馬県沼田市にある永井本家さん

 永井本家さんのお酒は今回で2回目

 前回は約3年前にいただきました

 蔵の近くにある水芭蕉を醸す永井酒造さんは有名

 永井本家さんのお酒は首都圏でも殆ど見かけません

 まさに地酒といったところでしょうか

 今回のお酒は搾りたてらしい瑞々しさが味わえるもの

 ただし味わいに膨らみが少なく幅が乏しい

 雑味が感じられ高いアルコール度数からか辛みは感じられる

 美味しくいただきました



 引き続きたんばらスノーパークに行った時のことです

 スキーに行ったのは12月24日

 夜にクリスマスパーティーをするためスキー場を早めに出ました

 いつもは温泉に寄るのですがパーティーのため寄り道せず沼田ICへ

 その道沿いに今回紹介する永井本家があるのです

 まだ杉玉が緑で青々しい蔵に立ち寄りました
NCM_5442.jpg

 時間がなくお酒を買っただけですが、蔵のある周りの風景が記憶に残ります

 そんな造られたお酒の場所の風景を思いながら飲むのもいいですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-11-26 (土) | Edit |
 茨城のお酒を飲んでいます

 順子 純米酒
 NEC_1013.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:80%
 日本酒度:+17
 酸度:1.5
 使用酵母:7号


 このお酒を造るのは茨城県常陸太田市にある剛烈富永酒造店さん

 剛烈富永酒造店さんのお酒は今回で2回目

 前回は2年前の夏に別銘柄の剛烈をいただきました

 ちなみに今回の「順子」は新井順子氏が醸したもの

 新井氏は自然派ワインで有名な方

 そんな新井氏が東日本大震災の復興のために醸造

 やはり震災で被災した剛烈富永酒造店の場所を借りて醸しています

 収益の一部で震災被害にあった子供達に役立てるとか

 震災時に仙台にいて被災した自分としても頑張ってもらいたいです

 今回のお酒は白ワインのようなタッチが楽しめるもの

 果実っぽい酸のあとやや薄い旨味が続きます

 精米80%とは思えないクリアさはありますがややメリハリがないか

 美味しくいただきました

 というかイメージする日本酒度と酸度とは全く違う味わいでしたね



 単身赴任生活を始めて8か月が終了しようとしています

 家事にもだいぶ慣れてきました

 土日はどちらかを家事する日にしています

 晴れていると洗濯が気持ちいい
NCM_5300.jpg

 ワイシャツのアイロンもだいぶ手際がよくなってきました
NCM_5303.jpg

 一番苦にならないのは掃除
NCM_5301.jpg

 音楽を聴きながらノリノリで掃除機を操っています

 スムーズに家事が終わる様にはなりましたが・・・

 やっぱり嫁さんが家事をしてくれるのが一番ですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-09-11 (日) | Edit |
 山梨のお酒を飲んでいます

 甲斐の開運 特別純米 北麓
 NEC_0985.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(麹米:玉栄、掛米:玉栄、あさひの夢)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+2
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは山梨県南都留郡富士河口湖町にある井手醸造店さん

 甲斐の開運は今回で2回目

 前回は昨年の9月にいただきました

 なかなか埼玉や名古屋では見かけない甲斐の開運

 というか山梨のお酒自体、自分の活動エリアであまり見かけません

 今回のお酒は透明感があり滑らかな口当たりが楽しめるもの

 上品で程よい甘味と軽快で飲み口がいい感じ

 それでいてしっかりとした旨味もある

 派手さはないものの知らず知らずに盃が進む

 とっても美味しかったです



 昨日は愛知県の瀬戸市まで行ってきました

 お目当ては「せともの祭り」
NCM_4996.jpg

 陶器の町である瀬戸は祭りで人がいっぱい
NCM_4999.jpg

 今年のミスせとものもパレードしてました

 もちろん陶器も沢山売っている
NCM_5001.jpg

 未だにラーメン鉢が家になく物色していたのですが・・・

 結局、いつもの悪い癖である優柔不断な性格で買えませんでした

 しかし、今回は祭りということもありこれを買ってきましたよ
NCM_5004.jpg

 夜は新しい酒器で火照った体を冷酒で冷やす

 いい一日になりました

 ただ、この調子だと酒器ばかりがどんどん増えていきますね




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村