勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-06-28 (水) | Edit |
 茨城のお酒を飲んでいます

 一品 特別純米酒 風流人
 NEC_1119.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは茨城県水戸市にある吉久保酒造さん

 一品を飲むのは今回で3回目

 前回は約2年前に飲みました

 このお酒は名古屋の家の近くで最近オープンしたスーパーで発見

 名古屋で一品を見るのは初めてです

 結構好きな蔵なので即買いしてしまいました

 今回のお酒は程よい旨味と心地よい渋みが楽しめるもの

 最初は少し物足りないかと思いましたがここからが本領発揮

 食事が進み盃を重ねるごとに口に馴染み知らず知らず飲んでいる

 とっても美味しかったです

 食中酒としてレベルが高いお酒だと思いました



 今月は久し振りに名古屋めしを楽しんでいます

 まずは海老フライから

 行ったのは先日釣りの帰りに寄ったまるは食堂
DSC_0081.jpg

 大きな海老フライが2本
DSC_0078.jpg

 ドドーンと出てきてボリューム満点です

 セットについていた煮魚もグッド
DSC_0079.jpg

 食べごたえ十分でした

 さらにもう一つは名古屋駅の地下街にある大須きしめん
NCM_5866.jpg

 カツオ節と麺がうまく絡んで絶妙のコラボ
NCM_5865.jpg

 店主の少し寒い??ギャグもアクセントになる

 引き続き名古屋めしを楽しんでいきますよ



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-06-03 (土) | Edit |
 埼玉のお酒を飲んでいます

 神亀 純米酒
 NEC_1105.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは埼玉県蓮田市にある神亀酒造さん

 神亀は今回で3回目

 前回は約1年半前にいただきました

 いち早く全量純米蔵へ移行した神亀

 全国的にも有名で名古屋でも見かける銘柄です

 今回のお酒は膨らみのある旨味が楽しめるもの

 穀物っぽいコクのある味わいが燗にするとよく広がる

 華やかさとは無縁でありこれぞ純米酒といった感じ

 美味しかったです
 


 先週の土曜日は名古屋市の池下へ行ってきました

 目的はあおぞらマルシェ

 名古屋セントラルガーデンで定期開催されるイベントです
DSC_0054.jpg

 そもそも行くきっかけは会社の人が勧めてくれたから

 確かに新鮮な野菜や美味しそうなものが多数揃っている

 ここで驚きの車を発見

 石窯ピザを作れる移動販売車両です
DSC_0055.jpg

 なんと車内に石窯があるんです

 早速注文していただく
DSC_0056.jpg

 モチモチの生地に具が合ってグッド

 満足しながら食べてて、ふと周りを見ると上品なマダムばかり

 男の人もいるにはいますが夫婦やカップルがほどんど

 一人アラフォーのおっさんがピザを必死に食べている

 ちょっと恥ずかしい気持ちになりました




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-05-12 (金) | Edit |
 栃木のお酒を飲んでいます

 開華 純米吟醸生原酒 あらばしり 無垢之酒
 NEC_1103.jpg


 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:美山錦、五百万石)
 精米歩合:53%
 日本酒度:+1
 酸度:1.2
 アミノ酸度:1.1
 使用酵母:栃木酵母


 このお酒を造るのは栃木県佐野市にある第一酒造さん

 第一酒造さんのお酒は今回で4回目

 開華ブランドは3回目で前回は約一年前にいただきました

 ちなみに無垢之酒は日本名門酒会の企画商品

 毎年新酒搾りたての商品として出されています

 今年は13蔵が参加しているようです

 今回のお酒は吟醸らしい華やかな香りが楽しめるもの

 全体的にフレッシュで雑味のない綺麗な味わいがいい感じ

 フルーティーな口当たりはワイングラスで飲むのもいいかも

 とっても美味しかったです



 先日、名古屋の家の近くの日帰り温泉施設へ行ってきました

 行き先は長久手温泉ござらっせ
NCM_5926.jpg

 日本最大級の炭酸温泉があります

 ここで嬉しいのは野菜の直売所があること
NCM_5925.jpg

 直売所の野菜の値段がと~っても安い

 調子に乗って一人では食べきれないくらいの野菜を買いました

 ところで名古屋には車を持っていってない自分

 長久手温泉ござらっせには藤が丘駅から無料バスで行きます

 このバスの利用者の平均年齢がかなり高い

 行きも帰りもバスは満員状態ですがほぼ70歳以上

 そのなかにアラフォーの自分一人がポツリと野菜を持って座っている

 何ともいたたまれない気持ちになりました




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-04-02 (日) | Edit |
 群馬のお酒を飲んでいます

 大盃 純米原酒 桶五十三号
 
NEC_1078.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 酸度:1.7


 このお酒を造るのは群馬県高崎市にある牧野酒造さん

 大盃を飲むのは今回で3回目

 前回は昨年の2月にいただきました

 昨年飲んだお酒のなかで最も美味しいと思った大盃

 大好きな蔵のひとつです

 今回のお酒はマスカットのような穏やかな香りが楽しめるもの

 軽やかな飲み口で上品な甘味とフルーティーな味わいが広がります

 綺麗な酸でキレもよくコスパがいいのも嬉しい

 とっても美味しかったです



 先日、仕事から帰ってくるとポストに郵便がありました

 入っていたのは娘からの封筒

 何が入っているのかと思い開けてみると手紙でした
NCM_5828.jpg

 中を開くと3匹のライオンがいます
NCM_5829.jpg

 自分と嫁さんと娘なのでしょうか

 一番小さいライオンが何故か雄なのが気になりますが・・・

 そして手紙の裏にはこんなコメントがありました
NCM_5831.jpg

 単身赴任生活も2年目に突入

 頑張っていかないといけないですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-01-04 (水) | Edit |
 千葉のお酒を飲んでいます

 木戸泉 醍醐 特別純米
 NEC_1034.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業明治12年の木戸泉酒造さん

 千葉県いすみ市にあります

 創業当初の銘柄は「泉藤」

 その後に茨城に「藤泉」という銘柄があり紛らわしいため現銘柄にしたそうです

 蔵の特徴は高温山廃モト

 普通の山廃モトの仕込み温度は8℃前後

 木戸泉酒造さんでは55℃の高温で仕込んでいます

 さらにモトに生の乳酸菌を投入

 これが蔵の特徴である乳酸の強い味わいになるそうです

 年間製造量は約1400石
 
 昭和40年代にはいち早く古酒を世に出しました

 今回のお酒は燗にするとふくよかな味わいが楽しめるもの

 ふわっと広がる上品な甘味のあとに深みがあって力強い旨味がくる

 山廃らしい酸も楽しめ余韻もいい感じ

 とっても美味しかったです



 正月後半の嫁さんの実家にいるときのことです

 実家にはちょっとした庭があります
NCM_5472.jpg

 この庭に義母はいつも米を撒き鳥が食べにくるのを楽しみにしています

 いつも来るのはスズメ

 しかし、帰省した時は山鳩が訪れました
NCM_5473.jpg

 この山鳩がなかなか図太い

 近くにいってもなかなか逃げないのです

 娘も近くまで寄って興味津々
NCM_5474.jpg

 ずっと見ていると首の動きなど可愛く感じられる

 生まれて初めて30分くらいじっと同じ鳥を観察しました

 意外と飽きないものですね

  


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村