勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-05-21 (月) | Edit |
 埼玉のお酒を飲んでいます

 九重桜 しぼりたて生
 NEC_1238.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール


 このお酒を造るのは埼玉県さいたま市見沼区にある大瀧酒造さん

 九重桜は今回で2回目

 前回は約4年前にいただきました

 自宅から最も近い蔵の大瀧酒造さん

 製造量も少なく全国区とは言い難い蔵

 それでも個人的には実力がある蔵と思っています

 地元ですし頑張って欲しいです

 今回のお酒は原酒かつ度数が20度と高いためロックで楽しめるもの

 甘さはほぼなくクリーミーな旨味がいい感じ

 ロックにしたせいか全体的にサラリと飲みやすい

 美味しかったです



 転勤&引越の時期にサボっていたランニング

 週末には少しずつ走っています

 幸いにも家の近くには比較的大きな公園があります

 ランニングしていて気持ちがいいです
DSC_1042.jpg

 一時期低調だった距離も1回の走りで15㎞まで回復

 タイムは酷いものですがね

 少しずつ体力&走力を戻していきたいと思います





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-05-15 (火) | Edit |
 千葉のお酒を飲んでいます

 東魁盛 純米吟醸 無濾過生原酒
 NEC_1235.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは創業寛政5年(1793年)の小泉酒造さん

 千葉県富津市にあります

 「我、東の国の魁として盛んになる」

 銘柄に込められた想いです

 ホームページには酒造りは米作りからとあります

 蔵は地元に広大な自社田を保有

 自ら育てた米を鹿野山山系の仕込み水で醸します

 また平成8年にはソムリエハウス酒匠の館を開館

 消費者に喜ばれるお酒をモットーに多数の飲酒ができるそうです

 今回のお酒は華やかで質の高い吟醸香が楽しめるもの

 マスカットのようなフルーティーな口当たりがフワッと広がる

 含み香ととものに心地よいビターな旨味がとってもグッド

 序盤の香りと後半の旨味のバランスがとてもよく盃が止まらない

 とっても美味しかったです

 初めて東魁盛を飲みましたがとっても気にいりました



 引き続き上野に行った時のことです

 辯天堂をあとに不忍池の周りを歩きます
DSC_1000.jpg

 不忍池は東京湾の入り江の名残だそうです

 昔はここまで海が来ていたのか

 今の海岸線からの距離に驚きます

 次に向かったのは下町風俗資料館
DSC_1002.jpg

 小さい建物でしたがレトロな展示物がたくさん並んでいる
DSC_1003.jpg

 関東大震災の記録もあり勉強になりました

 そして最後に向かったのがアメ横
DSC_1005.jpg

 休みの日だったからかたくさんの人で溢れかえっていました

 久し振りに上野に行って思ったことは外国人観光客の多さ

 確かに見どころがたくさんあり人気スポットなのが分かる気がします



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-05-12 (土) | Edit |
 千葉のお酒を飲んでいます

 福祝 中汲み純米 無濾過生原酒
 NEC_1236.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは千葉県君津市にある藤平酒造さん

 福祝は今回で2回目

 前回は約5年前にいただきました

 東京駅にあるはせがわ酒店ではよく見かける福祝

 そんなこともありいつでも買えると思っていたら5年も経過

 結局、埼玉の家の近くにある酒屋で購入しました

 今回のお酒はガス感のあるフレッシュな口当たりが楽しめるもの

 ちょっと熟した果実のような甘味とビターな旨味がグッド

 後口の余韻も心地よく飲み飽きせず盃がどんどん進む

 とっても美味しかったです



 引き続き上野に行った時のことです

 上野の森美術館でじっくり美術鑑賞した後は清水観音堂へ
DSC_0997.jpg

 ここは京都の清水寺の舞台を模して造られたそうです

 建物は趣があるもの

 正直、東京にこんな素敵な建物があるなんて知りませんでした

 さらに不忍池辯天堂へ
DSC_0999.jpg

 ここは琵琶湖の竹生島に見たてた中之島に建てられています

 ここで家族の健康と仕事の幸運を祈願しました

 ちょっと小腹が空いたので唐揚げと酎ハイをいただきます
DSC_1001.jpg

 天気も良くいい気分になりました

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-27 (土) | Edit |
 栃木のお酒を飲んでいます

 東力士 極雫 純米吟醸 無濾過生原酒
 NEC_1197.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%
 日本酒度:+1
 酸度:1.8


 このお酒を造るのは栃木県那須烏山市にある島崎酒造さん

 東力士は今回で3回目
 
 前回は約3年前にいただきました

 大好きだった東力士の「極一滴雫酒」シリーズ

 どうやら「極雫」シリーズへと改まったようです

 今回のお酒はヨーグルトのような味わいにガス感が楽しめるもの

 絹のようなタッチに仄かな甘味と酸味が心地よい

 ちょと渋味を伴うビターな旨味が飲み飽きせずどんどん盃が進む

 とっても美味しかったです



 引き続き東三河に行った時のことです

 吉田城から駅に戻り豊橋鉄道渥美線に乗車
DSC_0729.jpg

 向かうは渥美半島にある田原市です

 市の中心にある三河田原駅はモダンな作り
DSC_0731.jpg

 駅からまず歩いて向かったのは田原城
DSC_0732.jpg

 現在、田原城のなかは神社があります

 ひととおりお参りをして歩いていると赤い無数の鳥居が
DSC_0738.jpg

 ミニ伏見稲荷のような感じでした

 さらに城内には市の博物館があります
DSC_0739.jpg

 そんな博物館の館内にあった銅像
DSC_0740.jpg

 若かりし頃の渡辺崋山です

 幕末の蛮社の獄で捕まり自刃した崋山

 田原藩出身で家老でした

 歴史の教科書程度の知識しかなかった自分

 博物館では崋山の人生が展示されており勉強になりました

 藩政だけでなく蘭学や絵画にも精通してた崋山

 とっても立派な人だったんですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-01 (月) | Edit |
 明けましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いします

 新年1本目は干支のラベルが可愛いお酒です

 水芭蕉 純米大吟醸 干支ボトル
 NEC_1184.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは群馬県利根川郡川場村にある永井酒造さん

 永井酒造さんのお酒は今回で5回目

 別銘柄の谷川岳を除くと水芭蕉は4回目です

 前回は約2年弱前にいただきました

 このお酒はジャケットが可愛い戌年のもの

 思わずジャケ買いしました

 新年一発目にふさわしいお酒です

 今回のお酒は全体的にとても綺麗な飲み口のもの

 上品な果実香に仄かな甘みと旨味が心地よい

 酸によるキレもありとてもまとまりのあるお酒

 とっても美味しかったです



 年末年始は帰省をしています

 実家の犬とも久しぶりのご面会
DSC_0623.jpg

 戌年のせいか普段より元気に感じます

 そして例年のごとく暴飲暴食

 ふぐにステーキ、すき焼き、刺身などなど
DSC_0636.jpg
 
 とにかく食べて、とにかく飲んでいます

 家に帰って体重計に乗るのが恐ろしいです



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村