勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-04-27 (金) | Edit |
 福島のお酒を飲んでいます

 花春 純米吟醸
 NEC_1237.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:まいひめ)
 精米歩合:55%
 日本酒度:-2
 酸度:1.6


 このお酒を造るのは福島県会津若松市にある花春酒造さん

 花春は今回で2回目
 
 前回は約6年前にいただきました

 花春は大宮駅の催事場でたまに見かけます

 やはり埼玉だと名古屋に比べてはるかに東北のお酒が手に入りやすい

 いまさらながら埼玉に帰ってきたことを実感します

 今回のお酒は華やかな吟醸香が楽しめるもの

 少しトロリとしたような甘味と円みのある旨味がいい感じ

 喉越しのよいの飲み口が盃を進める

 美味しかったです



 4月から全く畑違いの仕事となった自分

 別会社に転職したような感覚です

 仕事の勘所がなかなかつかめない

 朝から晩まで苦戦しっぱなしです

 体力面もそうですがなかなか精神面が辛い

 メンタルの重要性を身にしみて感じています

 そんな落ち込んでいるとき道に咲くタンポポを発見
DSC_0980.jpg

 アスファルトの合間を縫って逞しく育っています

 なんか勇気をもらいました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-04-24 (火) | Edit |
 福島のお酒を飲んでいます

 三春駒 辛口 特別純米
 NEC_1195.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(麹米:五百万石、掛米:美山錦) 
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3


 このお酒を造るのは福島県田村郡三春町にある佐藤酒造さん

 三春駒は今回で2回目

 前回は約6年前にいただきました

 名古屋ではまず見かけなかった三春駒

 やはり関東では色々な地域のお酒を楽しめます

 今回のお酒はふくよかな米由来の旨味が楽しめるもの

 全体的にはスッキリとした飲み口でキレもばっちり

 どのような料理にも合わせやすく飲み飽きしないのがいい感じ

 とっても美味しかったです



 4月に入って土日は相変わらず本を読んで勉強することが中心

 別に勉強が好きなわけでもないんですが・・・

 でも仕事をするには勉強して知識を身に付ける必要がある

 そんな憂鬱な週末を癒してくれる場所がこちら

 それはかつて義姉からもらったソファ
DSC_0979.jpg

 部屋の片隅にあり、とてもリラックスできます

 気持ちも落ち着き勉強もはかどる

 と思いきや眠くなってついつい昼寝をしていまいます

 リラックスし過ぎるのもダメですね 





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-05 (金) | Edit |
 岩手のお酒を飲んでいます

 鷲の尾 地元米仕込 蔵の舞
 NEC_1191.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:蔵の舞)
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは岩手県八幡平市にあるわしの尾さん

 鷲の尾を飲むのは今回で2回目

 前回は約6年前にいただきました

 正月に実家にあったこのお酒

 岩手に旅行へ行った親戚からもらったそうです

 鷲の尾の流通の9割以上が岩手県内

 関東や名古屋ではもちろん、仙台にいた時も殆ど見かけないわけです

 年間製造量は約2000石
 
 巌鷲山(岩手山)の山麓から湧水で醸します

 今回のお酒は全体的にさっぱりした飲み口が楽しめるもの

 米由来のちょっとした甘さと旨味がふわっと広がります

 香り穏やかななか全体的に舌に残るようなざらつきを感じる

 美味しくいただきました



 正月は嫁さんの実家にも行きました

 まずは昔飼っていたカタツムリのお墓詣り
DSC_0644.jpg

 毎年恒例になっています

 そして公園で凧揚げ
DSC_0645.jpg

 お正月らしい遊びを満喫しました

 嫁さんの実家には義姉夫婦もいましたよ

 公園に行ったとき旦那さんがいきなりパラグライダーを開始
DSC_0648.jpg

 うちの家族もテイクオフに向けてパラシュートを持ち手伝います

 ただ、残念ながらいい風が来ない

 結局、テイクオフできず・・・

 しかし、なんで車にパラグライダーなんて積んでたんだろう 





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-03 (水) | Edit |
 宮城のお酒を飲んでいます

 水鳥記 特別純米酒 直汲み生原酒
 NEC_1182.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:蔵の華)
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは宮城県気仙沼市にある角星さん

 角星さんのお酒は今回で2回目

 前回は別銘柄の金紋両國を約6年半前にいただきました

 水鳥記ブランドは2010年に誕生したもの

 その銘柄の由来は「酒」という字

 「三水(さんずい)」に「酉(とり)」と書いて「酒」

 その語源は酒を醸した容器にあるそうです

 蔵元に伝わる美酒の技という想いが銘柄に込められています

 今回のお酒はパインのような華やかな香りが楽しめるもの

 生酒らしいフレッシュな口当たりに上品な甘みが広がります

 少し辛みを感じたあと余韻がスッと綺麗に消えていく

 美味しかったです



 正月には自分の実家にも途中から娘が来ましたよ

 恒例の実家の犬を連れての散歩
DSC_0638.jpg

 今回は兄の子供達である従弟も一緒です

 公園ではみんなでボール遊び
DSC_0641.jpg

 小学5年の娘も幼稚園児の従弟の元気さに驚いていました

 家に帰ってからはみんなでゲーム遊び

 娘も弟ができたようで楽しんでいました





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-01-02 (火) | Edit |
 青森のお酒を飲んでいます

 田酒 特別純米酒 生
 NEC_1183.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは青森県青森市にある西田酒造店さん

 田酒は今回で4回目
 
 前回は昨月にいただきました

 年末年始に実家で飲むため酒屋で物色してて発見したこのお酒
 
 特別純米スペックで生酒とは珍しいと思い購入しました

 今回のお酒は生酒らしいラムネのようなフレッシュ感が楽しめるもの

 ぎゅっと詰まった甘味と渋みを伴う旨味が口に広がり心地よい

 香り穏やかでキレも心地よく何杯でも飲めてしまう

 若々しい味わいは火入れしているものとは違う楽しみ方がある

 とっても美味しかったです



 年末年始の実家には兄の家族も帰省していました

 兄夫婦には2人の息子がおり自分からすると甥っ子
DSC_0627.jpg

 この子達がとても元気がいい

 公園に行っては犬と一緒にサッカー
DSC_0634.jpg

 無尽蔵のスタミナで動き回る

 よく一緒に遊んでいたからでしょうか

 夕方には「おじさんと一緒にお風呂に入る!!」と

 娘とも既に一緒に入らない風呂に甥っ子2人と入る

 しかも風呂場でも水鉄砲などで暴れまくり

 自分の娘は女の子のなかでも比較的おとなしいほう

 男2人を育てるというのが大変なことと身をもって分かりました

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村