勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-03-29 (水) | Edit |
 京都のお酒を飲んでます

 翁鶴 生酒 初搾りの酒
 NEC_1080.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:70%


 このお酒を造るのは創業元禄年間の大石酒造さん

 京都府亀岡市にあります

 銘柄は長寿と縁起のよさを由来としています

 蔵は平成26年に美山蔵を完成

 亀岡から南丹市に造りの拠点を移しています

 HPを見ると中国の天津にも拠点がある様子

 積極的に事業展開しているんですね

 造りを担当するのは丹波杜氏

 亀岡駅前にはアンテナショップ「酒の館」を運営しています

 今回のお酒は青りんごのような香りが楽しめるもの

 生酒らしいフレッシュ感に甘みが広がっていく

 後口はアルコール度数の高さからか辛みが続いていきます

 美味しくいただきました



 この前の日曜日は名鉄の有松駅に行ってきました

 駅前は古い建物が並び雰囲気があります
NCM_5823.jpg

 有松絞りという絞り染めで栄えた面影を感じました

 しかし有松に行ったのは古い町並みを見るためではありません

 ここは日本史を変えた一大合戦があった場所なのです

 それは桶狭間の戦い

 桶狭間古戦場公園に行ってきたのです
NCM_5819.jpg

 公園内には織田信長と今川義元の像がありました
NCM_5820.jpg

 ここで歴史が動く戦いがあったと感じるだけでワクワクします

 そして敗れた今川義元のお墓もありました
NCM_5821.jpg

 愛知県には歴史を感じるスポットがたくさんあって楽しいです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-03-27 (月) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 弥栄鶴 亀の尾蔵舞
 NEC_1079.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:亀の尾)
 精米歩合:60%


 このお酒を使うのは創業昭和22年の竹野酒造さん

 京都府京丹後市にあります

 もとは明治期に創業し、戦時に休業していた行待酒造場

 戦後に行待酒造場が呼びかけ4社が合併してできた蔵です

 銘柄は蔵のある地「弥栄町」が由来

 このお酒は「蔵舞(くらぶ)」シリーズです

 古の造りの技術を貯え、伝えていくという意味が込められています

 ちなみに蔵舞シリーズは使用する米によって銘柄が変わります

 他にも旭蔵舞、祝蔵舞、錦蔵舞(山田錦)、祭蔵舞(祭りばやし)があります

 今回のお酒は上品でほのかな甘みのある味わいが楽しめるもの

 つるっと滑らかな飲み口で程よい吟醸香が心地よい

 爽やかな酸味によるキレもよく盃が進む

 とっても美味しかったです



 この前の土曜日は名古屋市の伏見に行ってきました

 目的はなやばし夜イチ 日本酒まつり

 堀川が流れる納屋橋と錦橋の両岸に13の蔵が出店するイベントです
NCM_5805.jpg

 早速チケットとお猪口を購入

 気になる蔵でお酒を注いでもらいます
NCM_5807.jpg

 時期的にどの蔵も搾りたてのお酒が多い印象

 外で飲むお酒がこれまた美味い
NCM_5806.jpg

 色々な蔵のお酒をその場で飲み比べられるのもいいですね

 結局お猪口10杯分のお酒をいただく

 昼間からとってもいい気持ちになりました




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-08-29 (月) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 キンシ正宗 純米酒 季の雫
 NEC_0975.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは創業天明元年(1781年)のキンシ正宗さん

 京都市伏見区にあります

 銘柄の由来はかつての軍人勲章である「金鵄(きんし)勲章」

 日清戦争の2年後に金鵄(きんし)に正宗を配して商号登録しました

 蔵は平成7年に新常盤蔵を建設

 この蔵は酒造りの一貫システムを導入しています

 もともと醸していた蔵には京都町家麦酒醸造所を開設

 酒蔵がビール製造場に替わるなんて珍しいですよね 
 
 仕込み水は伏見七井のひとつ「常盤井」を使用

 蔵では丹後杜氏の流れをくむ杜氏が醸します

 今回のお酒は瑞々しく軽快な飲み口が楽しめるもの

 軽やかな口当たりのあと上品な旨味がふわっと広がる 

 後味はスッキリしており正に夏酒といったところ

 美味しかったです



 先日、地下鉄で中村公園駅に行ってきました

 目的は豊國神社
NCM_4932.jpg

 ここは豊臣秀吉の生誕地

 ちなみに隣ある妙行寺は加藤清正の生誕地です

 豊臣秀吉を祀ってることもありご利益は出世や開運もあります
NCM_4935.jpg

 それならばお参りするしかない
NCM_4934.jpg

 「出世はいいとして開運して宝くじの一等が当たりますように」

 しっかりお願いしましたよ

 ただちょうど小銭がなく投銭したのは1円玉1枚のみ

 これで宝くじが当たったら凄いですよね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-08-26 (金) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 城陽 純米吟醸
 NEC_0974.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:58%


 このお酒を造るのは創業明治28年の城陽酒造さん

 京都府城陽市にあります

 銘柄は蔵のある地に由来していると思われます

 原料は地元京都産を使用

 五百万石、祝、日本晴、山田錦などを使用しています

 年間製造量は約250石

 軟水の木津川の伏流水で醸します

 清酒にほかに蔵では梅酒も製造

 使用する梅は地元にある青谷梅林特産の「城州白」という品種

 この取組は経産省が認定する農商工連携88選にも選ばれています 

 今回のお酒は上品で綺麗な飲み口が楽しめるもの

 ほのかでフルーティーな甘味と心地よい香り

 そのあとの深みのある旨味と酸によるキレがいい感じ

 とっても美味しかったです



 新居に引越し、落ち着かない日が続いています

 なぜか落ち着かない

 それはカーテンがないから

 窓や戸の外は庭で誰かに見られるわけでもありません

 でもカーテンぐらいは一般的な住環境としてするだろう

 ということで地下鉄に乗って大曽根という駅まで買い物へ

 目的地はニトリ

 た~くさん種類があります
NCM_4927.jpg

 しかし、戸のサイズを測っていったのですがジャストサイズがない

 このサイズでいいのか、でも柄はあっちもいいし・・・

 ちょうど昼になったので購入せず、一時撤退

 近くにある「矢田とん」というお店でお昼ご飯
NCM_4926.jpg

 ここはみそカツが有名なお店

 しっかりみそカツ食べてきましたよ
NCM_4922.jpg

 さらに湯の城という日帰り温泉施設でリラックス
NCM_4928.jpg

 美味しいランチと温泉でリラックスムードに包まれました

 肝心のカーテンはというと・・・

 結局、購入を先送り

 大曽根まで何しに行ったんでしょうね

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-07-14 (木) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 白木久 夏酒純米生原酒
 NEC_0964.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:コシヒカリ)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 アミノ酸度:2.0


 このお酒を造るのは創業安永6年(1777年)の白杉酒造さん

 京都府京丹後市にあります

 銘柄の由来は蔵元の姓が変化したもの

 白杉はもともと白杦であり白木久に変化したそうです

「美味しいお米だから美味しいお酒になる」

 蔵の信念です

 今回のお酒でも使われている米はコシヒカリ

 吸水など食米ならではの造りの難しさもあるそうです

 仕込水は超軟水である蔵の地下からの湧き水を使用

 蔵元杜氏が醸します

 今回のお酒はフレッシュで円やかな味わいが楽しめるもの

 すっきりしたの飲み口ながら程よい酸と円みのある旨味が心地よい

 ストレスなくクイクイと飲めるため盃が進む

 美味しかったです



 名古屋には個人で行うような喫茶店だけではなくチェーン店もあります

 代表的なのがコメダ珈琲店

 最近上場したコメダ珈琲店に行ってきました
NCM_4648.jpg

 ランチの時間でもあり店内は混雑

 頼んだプレートは結構ボリュームもある
NCM_4649.jpg

 美味しかったですよ

 コメダ珈琲以外にもチェーン展開する店に行きました

 行ったのは支留比亜珈琲店
NCM_4737.jpg

 ここは店内の造りが重厚で落ち着いた雰囲気

 メニューを見て美味しそうだったカルボトーストを注文
NCM_4738.jpg

 パンとカルボスープの相性が抜群

 これは美味しかったですね

 珈琲店に行くと食事と合わせて美味しいコーヒーが飲めるのが魅力

 昼から優雅な気分になりますね



 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村