勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-12-14 (木) | Edit |
 三重のお酒を飲んでいます

 若戎 純米吟醸 お燗しよう
 NEC_1169.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:-1
 酸度:2.2
 アミノ酸度:1.2


 このお酒を造るのは三重県伊賀市にある若戎酒造さん

 若戎酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は約5年前に別銘柄の義左衛門をいただきました

 関東でも名古屋でも結構見かける義左衛門

 販売力のありそうな蔵です

 今回のお酒は燗にすると心地よいふわりとした甘味が楽しめるもの

 奥行きのある旨味が飲み飽きせず味わい深い

 余韻は思いのほか短く鍋などの料理ともバッチリ合わせやすい

 美味しかったです



 引き続き知多四国巡礼のことです

 第77番札所をあとに向かったのは第78番札所福生寺
DSC_0579.jpg

 福生寺の開創は桶狭間の戦いがあった永禄3年(1560年)
 
 しかし大正2年に大火災が発生

 殆ど焼失するなか残っていた大黒天を安置すると大雨が降り鎮火

 以来、防火等の守護神「やけん大黒天」として信仰されてます
DSC_0578.jpg

 続いて行ったのは第79番札所妙楽寺
DSC_0581.jpg

 後花園天皇の勅願所として開創されたこのお寺

 かつては戦火にかかる、寺領を没収されるなど苦難が続きました

 しかし寛永12年(1635年)に現在地で再興されたそうです

 そして13代目の住職を務めたのが亮山阿闍梨

 知多四国霊場の開創を発願し、成し遂げたお坊さんです

 寺には立派な像がありましたよ
DSC_0582.jpg

 さらにお寺を散策すると面白いお地蔵さんを発見

 いぼ地蔵です
DSC_0583.jpg

 調子の悪いところを撫でるとよくなるとか

 自分も左膝をしっかり撫でました

 続いて行ったのは第80番札所栖光院
DSC_0586.jpg

 もともと真言宗でしたが曹洞宗に改宗したそうです

 行ったとき本堂は再建中でした

 それでも観音堂と大師堂へ上る石段は見事
DSC_0585.jpg

 趣のある建造物には歴史を感じますね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-12-12 (火) | Edit |
 三重のお酒を飲んでいます

 御山杉 純米吟醸
 NEC_1170.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業明治16年の稲垣酒造場さん

 三重県三重郡朝日町にあります

 銘柄である「御山杉」は伊勢神宮の敷地内に樹生する杉のこと

 この神木を銘柄としています

 造りを担当するのは女性杜氏

 ピーク時以外は殆ど1人で醸しているそうです

 そのため生産量も極少量

 三重県内でも最も規模が小さい蔵のひとつです

 蔵のお酒はできる限り熟成させたもの

 タンクにて熟成させるとまろやかさが増す

 先代からの方針を守り醸しています

 今回のお酒はミントのような爽やかな香りが楽しめるもの

 円やかな口当たりにコクのある少し苦味を伴う旨味がいい感じ

 それほど酸味は感じず余韻が心地よい

 美味しかったです



 先週の土曜日は知多四国巡礼に行ってきました

 今回は第72番札所慈雲寺からです
DSC_0564.jpg

 ここはかつて木綿が有名だった岡田の集落にあります

 妙心寺十刹に数えられるこのお寺

 傑僧を何人も輩出しているそうです

 続いて行ったのは73番から77番まで集まる雨宝山

 まずは第76番札所如意寺
DSC_0575.jpg

 ここは後鳥羽天皇の勅願寺として創建されたもの

 一時は雨宝山一山九坊の本堂として隆盛を極めたこのお寺

 しかし戦国時代の兵火にあい寺宝の殆どが焼失

 今は無住のお寺となっています

 続いて行ったのは第73番札所正法院
DSC_0568.jpg

 雨宝山一山九坊の本坊といて開創されました

 今は75番と76番の管理もしているお寺です

 続いて行ったのは第75番札所誕生堂
DSC_0570.jpg

 正法院の敷地から急な階段を上ったところにあります
DSC_0569.jpg

 名前の由来は75番という札番号

 本四国霊場の75番善通寺と同じであることだそうです

 続いて行ったのは第74番札所光厳寺
DSC_0572.jpg

 古くから佐布里の祈願所として地元で親しまれているそうです

 そして第77番札所浄蓮寺へ
DSC_0566.jpg

 ここも雨宝山一山九坊の一坊として開創

 77番は喜寿に通じることから長寿祈願をされる方も多いそうです

 5つも札所がある雨宝山

 土地も広大で昔は栄えていたんだろうなぁ



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
[READ MORE...]
2017-12-10 (日) | Edit |
 三重のお酒を飲んでいます

 噴井 吟醸
 NEC_1168.jpg
 
 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:60%

 
 このお酒を造るのは創業天保元年(1830年)の石川酒造さん

 三重県四日市市にあります

 銘柄の由来は蔵にある自噴水

 「手を入れて 井の噴き上ぐる ものに触る」
 
 山口誓子氏が詠んだ俳句がもとになっています

 そんな蔵の水は軟水

 蔵の数百m離れた所に名水百選の一つの智積用水が流れます

 「湧き出たばかりの湧き水のごとく爽やかな喉ごし」をほこる酒

 HPに書かれた蔵の味わいの特徴です

 今回のお酒はイチゴのようなフルーティーな香りが楽しめるもの

 ほのかな甘さと少し膨らみのある旨味がいい

 全体的にスッキリしていて飲みやすい

 美味しかったです



 最近、寒くなってきましたがトレーニングは欠かしていません

 すっかり生活に習慣化してきたプール
DSC_0539.jpg

 ほぼ毎週末は3㎞泳いでいます

 そして昨年末に痛めた膝が問題のランニング

 土日に各10㎞強走っています

 とりあえず痛みは再発していない膝

 当面は様子をみながらのランニングになると思います

 そんなランニングですがシューズを買って2年弱

 右足の靴が劣化
DSC_0558.jpg

 左足の靴も劣化が進んでいます
DSC_0560.jpg

 そろそろ買い替えの時期なのかもしれません

 ああ、また出費が・・・

 今度は膝に負担が少ない靴を買おうと思います




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-10-19 (木) | Edit |
 三重のお酒を飲んでいます

 半蔵 純米吟醸 ひやおろし
 NEC_1154.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+1
 酸度:1.6


 このお酒を造るのは三重県伊賀市にある大田酒造さん

 半蔵は今回で2回目

 前回は2年前にいただきました

 半蔵といえば伊勢志摩サミットの乾杯酒で選ばれたことで有名

 初日ワーキングディナーの乾杯酒となりました

 ちなみに初日のワーキングランチの乾杯酒は清水清三郎商店さんの作

 2日目ワーキングランチは瀧自慢だったようです

 今回のお酒は角の取れた円やかな飲み口が楽しめるもの

 ちょっと甘さのあるタッチからじわじわ広がる旨味と余韻がいい感じ
 
 吟醸スペックとはいえ華やかさは少なく原酒ながら飲みやすい

 美味しかったです



 今回の知多四国巡礼もこれで最後です

 第50番札所をあとに向かったのは第55番札所法山寺
DSC_0377.jpg

 ここは弘法大師が霊泉に浴する病人のために密教秘修を行った場所

 平安時代には源義朝も入浴

 なんとここで入浴中に長田忠致親子に殺害されてしまいます

 今もその御湯殿跡が残っています
DSC_0379.jpg

 日本史を変えたかもしれない出来事が目の前で起きてたんですね

 続いて行ったのは第57番札所報恩寺
DSC_0381.jpg

 ここは源義朝の家臣である鎌田兵衛正清の菩提を弔うために創建

 正清は平治の乱で活躍した武将

 舅である長田忠致に殺害されていまったそうです

 今回の歩いた距離は約30㎞

 特に源義朝のまつわるお寺や史跡が多くて勉強になりました

 知多四国巡礼も残すはあと30寺ほど

 あと2日ほどあれば満願成就できそうです



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-07-14 (金) | Edit |
 三重のお酒を飲んでいます

 三重錦 涼純
 NEC_1115.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦、八反錦、雄山錦)
 精米歩合:50%


 このお酒を造るのは三重県伊賀市にある中井仁平酒造場さん

 三重錦を飲むのは今回で2回目

 前回は約3年前にいただきました

 前回は栃木県栃木市の酒屋さんで購入したもの

 関東では殆ど見かけず珍しいと思ったものでした

 名古屋に来るとさすがに三重錦をチラホラと見かけます

 今回のお酒は夏酒らしい瑞々しい口当たりが楽しめるもの

 軽いタッチながらメロンのような味わいがたまらない
 
 香りは穏やかで食事とも合わせやすい

 とっても美味しかったです



 先週の土曜日は三重県桑名市と西美濃へ行ってきました

 しばらくこのことを書きたいと思います

 まず行ったのは桑名

 一番の目的は桑名港で行われたていた漁業まつり

 会場は朝から大賑わいです
DSC_0133.jpg

 いろいろな海産物が売っており自分が並んだのはこちら

 桑名名物の蛤の網焼きです
DSC_0137.jpg

 長蛇の列にならび売り切れ直前に何とかゲット

 女性の大人の拳くらいはある大きさの蛤
DSC_0140.jpg

 肉厚でジューシーな旨味と磯の香りがたまらない

 正直、こんな美味しい蛤を初めて食べました

 港に併設してあるのははまぐりプラザ
DSC_0144.jpg

 ここでは桑名漁港の歴史や蛤の漁獲高等の変遷を学べました

 漁獲高ピーク時より激減している蛤

 こんなに美味しいので少しでも多く獲れるようになって欲しいものです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村