勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-02-20 (火) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 鈴正宗 純米大吟醸
 NEC_1208.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%

 
 このお酒を造るのは創業寛政3年(1791年)の矢尾酒造さん

 滋賀県蒲生郡日野町にあります

 銘柄にある鈴は神社の鈴

 正宗は名刀の代名詞でお酒の銘柄にはよく使われるもの

 鈴のような余韻と切れ味のよいお酒という想いが込められています

 蔵のルーツは近江商人

 埼玉で秩父錦を醸す矢尾本店の分家が日野に戻り始めました

 現在の7代目の蔵元は元DJ

 スノーボードもプロ級の腕前だそうです

 仕込水には銘水「若草清水」を使用

 蔵元も若く期待の蔵ですね

 今回のお酒は爽やかな葉類のような香りが楽しめるもの

 綺麗な飲み口でイチゴのようなほのかな甘みが心地よい

 少しミントのような感じがしたあと苦味を伴う旨味がいい感じ

 美味しかったです

 

 引き続き岐阜県多治見市に行った時のことです

 虎渓山をあとに虎渓公園へ

 ここからは多治見市内を一望できました
DSC_0787.jpg

 そうこうしているうちにお腹がすいてきた

 昼食は信濃屋という少しレトロなお店へ
DSC_0784.jpg

 ここで食べたのは多治見名物「ころうどん」
DSC_0785.jpg

 夏の多治見は暑いことで有名

 そんな土地柄もあり「ころうどん」は冷たいんです

 ちょっと柔らかいうどんにたまり醤油ベースのつゆがグッド

 美味しかったですよ

 そして最後に向かったのが「たじみ創造館」

 このなかで多治見市のゆるキャラを発見
DSC_0806.jpg

 名前は「うなかっぱ」

 なんかNHKの番組の「はなかっぱ」に似ている気が・・・

 それはともかく名古屋からも近くいい一日になりました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-02-17 (土) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 神開 一番汲み 純米しぼりたて
 NEC_1185.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:日本晴)
 精米歩合:60%
 使用酵母:協会9号


 このお酒を造るのは滋賀県甲賀郡水口町にある藤本酒造さん

 神開は今回で2回目

 前回は約2年前にいただきました

 埼玉ではあまり見ないですが名古屋では結構見かける神開

 ラベルが個性的という印象があります

 このお酒もまさにラベルに魅かれて買ったものです

 今回のお酒はマスカットのような香りが楽しめるもの

 搾りたてらしいフレッシュ感と濃醇な旨味が広がります

 心地よい渋みのあとの短い余韻がいい感じ

 とっても美味しかったです



 引き続き岐阜県多治見市に行った時のことです

 市之倉地区をあとに向かったのは虎渓山
DSC_0804.jpg

 約700年の歴史がある禅宗建築のお寺があります

 まずは永保寺を参拝

 ここには国指定名勝庭園があります
DSC_0789.jpg

 とっても綺麗な景色にたたずむのは国宝観音堂

 厳かな雰囲気があります

 虎渓山には他にも寺院があります

 赤い門が特徴的な保寿院
DSC_0802.jpg

 綺麗な庭園が禅寺らしい徳林院
DSC_0801.jpg

 広くどこか開放的な続芳院
DSC_0799.jpg

 名古屋から電車で30~40分でこんな素敵な寺院があるんですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-12-24 (土) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 大治郎 純米生酒
 NEC_1027.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:吟吹雪)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+3
 酸度:2.0
 使用酵母:9号系


 このお酒を造るのは創業大正3年の畑酒造さん

 滋賀県東近江市にあります

 銘柄の由来は創業者の名前

 ちなみに現蔵元杜氏の名前でもあります

 「口の中ではじけた衝撃がストレートに頭のてっぺんまで届く力強い味わい」

 とあるHPに書かれた大治郎の特徴です

 米は地元農家と契約栽培したものを使用

 鈴鹿山系の伏流水で醸します

 今回のお酒は力強い熟れた果実のような旨味が存分に楽しめるもの

 心地よい甘味と苦味に酸が絡み合い飲みごたえ十分

 それでいて生酒のためフレッシュなため重たさがなく飲みやすい

 とっても美味しかったです



 先週の日曜日は今シーズン最後のマラソンに行ってきました

 参加したのは愛知池ハーフマラソン

 当日は快晴
NCM_5427.jpg

 参加者も1000人を超す盛況ぶりでした

 愛知池の周りを3周するこのレース

 アップダウンが少なく走りやすい

 10㎞過ぎくらいから50歳前後の女性と抜きつ抜かれつの小競り合い

 一時は抜かしたのですが最後の最後で抜かされてしまいました

 それでも怪我なく完走できてよかった
NCM_5429.jpg

 ネットタイムは自分でも驚きの1時間39分21秒
NCM_5432.jpg

 これは自信になりますね

 来年はフルマラソンに挑戦できるよう頑張りたいと思います

 ちなみにレース後に小競り合いしていた女性が声を掛けてくれました

 「あなたのおかげで私もベストタイムをだせましたよ」

 やっぱりスポーツはいいですね~




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-11-16 (水) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 一博 純米
 NEC_1010.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業昭和23年の中澤酒造さん

 滋賀県東近江市にあります

 創業については江戸時代後期と書かれているものもあります

 蔵の外観を見ても古めかしさがあり戦争前後に何かあったのでしょうか

 蔵は2000年に日本酒の消費低迷もあり自社醸造を中止

 現蔵元が畑酒造さんで蔵人として修業し、設備を借りて醸造してました

 そして自社醸造中止から15年

 ついに再開に踏み切ったのです

 ちなみに銘柄の一博はお世話になった2人の杜氏の名前が由来

 一人は「薄桜」の増本藤兵衛酒造場にいた能登流の坂頭宝一氏

 もう一人「大治郎」の畑酒造にいた能登流の谷内博氏です

 蔵元の名前「一洋(かずひろ)」もかけて2005年に誕生しました

 今回のお酒はフルーティーでしっかりした味わいが楽しめるもの

 上質な甘みとギュッと詰まった旨みは飲みごたえ十分

 余韻も心地よく盃が進む

 美味しかったです



 知多四国霊場へ行った1日も今回で最後です

 第十二番から第十三番札所へ

 辺りはのどかな田園風景
NCM_5175.jpg

 心地よい風を受けながら歩き到着したのが第十三番板嶺山安楽寺
NCM_5177.jpg

 行った時は門の横を工事してました

 続いて行ったのは第十四番円通山興昌寺
NCM_5180.jpg

 このお寺を開創したのは今川義元の家臣である岡戸祢宜左衛門

 桶狭間の戦いに敗れてこの地に住み、和尚を迎えたそうです

 そしてこの日の最後に行ったのが第十五番龍渓山洞雲院
NCM_5182.jpg

 このお寺の創建は天暦2年(948年)と1000年以上の歴史があります

 開基は学問の神様である菅原道真の孫である菅原雅規

 とても立派なお寺で猫も住み着いていました
NCM_5185.jpg

 猫を撫でようとしたら逃げられてしまいましたが・・・

 結局、この日は行ったお寺の数は16

 豊明市から入り大府市、東浦町、半田市、阿久比町を散策

 その距離は約35㎞にも及びました

 朝の8時30分から夕方16時45分までほぼ歩きっぱなし

 足の付け根や太ももの裏の調子が悪くなるくらい歩きました

 少し調子に乗って飛ばし過ぎたようです




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2016-11-14 (月) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 薄桜 近江藤兵衛 純米酒
 NEC_1012.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(吟吹雪)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+4.5
 酸度:1.6
 使用酵母:AK12


 このお酒を造るのは創業明治元年の増本藤兵衛酒造場さん

 滋賀県東近江市にあります

 銘柄にある藤兵衛は初代の名前

 薄い桜色のように美しいお酒を造りたい

 初代が蔵近くにある神社の桜に感動して命名しました

 造りを担当するのは平成25年度分より蔵元杜氏
 
 それまでは能登流の坂頭宝一杜氏が造りを担当していました

 その年数はなんと約40年

 酒造りに約50年、杜氏として約35年携わった超ベテランです 

 今の蔵元杜氏が最初に仕込む大吟醸にもアドバイス 
 
 杜氏の重責とプレッシャー、不安を強く感じていた時のアドバイス

 身にしみるほどありがたかったとあるHPに書かれていました

 人の絆ってやっぱり素晴らしいですね

 年間製造量は約200石

 鈴鹿山系の水で醸します

 今回のお酒は飲みごたえのある濃醇な旨味が楽しめるもの

 ふくらみと厚みのある甘味が広がっていきます

 そのあとにくる心地よい渋みと苦味がいい感じ

 美味しかったです



 引き続き知多四国霊場巡りのことです

 第十番をあとに第十一番光明山安徳寺へ
NCM_5162.jpg

 永徳二年(1559年)に開創したそうですが低地にあり水害のため移転

 今あるお寺はかなり広々した感じでした

 続いて行ったのは番外である亀宝山東光寺
NCM_5163.jpg

 このお寺にはたくさんの像がありました
NCM_5165.jpg

 どうやら弘法大師62年の生涯を1年一体で表しているとのこと

 なかなかの迫力です

 続いて行ったのはルートの関係で第五十三番亀嶺山海潮院
NCM_5167.jpg

 ここでの御朱印はまさかのセルフサービス
NCM_5168.jpg

 これまでで色々とお寺に行きましたが初めての経験でした

 海潮院の近くからは海が見えました
NCM_5172.jpg

 知多四国霊場は海沿いや島にもたくさん札所があります

 これからはもっと海を見ていくことになるでしょう

 さらに向かったのは第十二番徳応山福住寺
NCM_5173.jpg

 このお寺の開創は桶狭間の戦いの1年前

 開創直後に近くで歴史のキーとなるような戦が起こるとは・・・

 その時の和尚さんはどのように戦を見ていたのでしょうかね
 


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村