勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-07-23 (日) | Edit |
 今月も浦霞を飲んでいます

 浦霞 純米生酒
 NEC_1117.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:まなむすめ)
 精米歩合:65%
 日本酒度:+1.5
 酸度:1.5


 このお酒を造るのは宮城県塩竃市にある佐浦さん

 浦霞は今回で11回目

 今年は毎月必ずいただいています

 ちなみに今回のお酒で使用される米は「まなむすめ」

 あまり聞いたことがありません

 調べると父が「ひとめぼれ」で母が「チヨニシキ」

 『大切なひとめぼれの「可愛い娘」をよろしくお願いします』

 米の名前に込められた想いです

 宮城県で開発された食用米のようですね

 今回のお酒はラムネのような清涼感溢れる飲み口が楽しめるもの

 すっきりした甘味にギュッと詰まったビターな旨味がたまらない

 それでいて軽快にいただけ盃が進む

 とっても美味しかったです
 


 桑名と西美濃へ行った時のことも今回が最後です

 多度駅をあとに向かったは養老駅

 ここにあるのは岐阜県内でも有数の観光スポット「養老の滝」

 滝の水がお酒になった孝子物語の舞台になった場所です

 さらに元正天皇が行幸した飲浴したとも伝わっています

 ちなみにこの行幸がもとで元号が「養老」となったそうです

 駅からはずっと坂道が続きなかなか辛い

 ようやく到着すると約30mの滝に圧倒されます
DSC_0192.jpg

 さらに冷涼な空気が心地いいですね

 ちなみに養老の滝の下流には養老公園があります

 ここでも子供達が川遊びをしてましたよ
DSC_0193.jpg

 続いて行ったのが養老天命反転地

 ここはヘンテコな建造物がたくさんある施設
DSC_0197.jpg

 平衡感覚がおかしくなるようなものも多数揃います
DSC_0196.jpg

 なんか不思議な感覚になりました

 今回の旅行では桑名・多度・養老を満喫できました

 そのなかで大変助かったのがレンタルサイクル

 自転車がゆえに効率よく回れました

 これから様々な観光地でもレンタルサイクルが普及することを願います

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-07-20 (木) | Edit |
 宮城のお酒を飲んでいます
 
 宮寒梅 純米吟醸
 NEC_1123.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:45%


 このお酒を造るのは宮城県大崎市にある寒梅酒造さん

 宮寒梅は今回で6回目

 前回は4年前にいただきました

 そのときは仙台から埼玉へ転勤する前の最後の夜にいただきたもの

 何だかんだで埼玉では宮寒梅を飲んでなかったんですね

 今回のお酒は青りんごのような味わいが楽しめるもの

 ジューシーな旨味と心地よい吟醸香がたまらない

 酸による綺麗なキレと心地よい優雅な余韻が楽しめるのもいい

 とっても美味しかったです



 引き続き桑名と西美濃へ行った時のことです

 六華苑をあとに桑名駅に戻って昼食

 食べたのは蛤御前
DSC_0164.jpg

 港の蛤に比べるとかなり小振りな印象
DSC_0167.jpg

 それでもフライや刺身、蒸し物など色々と味わえました

 昼食もおわりここから電車に乗って移動

 乗った電車は養老鉄道です
DSC_0189.jpg

 まずは多度駅に下車

 向かったのは多度大社
DSC_0171.jpg

 「お伊勢まいらばお多度もかけよ、お多度かけねば片まいり」

 昔から詠われるほど伊勢神宮とはセットでお参りする神社です

 確かに厳かな雰囲気をビンビンに感じます
DSC_0175.jpg

 神社のなかには神馬もいました
DSC_0173.jpg

 最近、良い事がなかったのでしっかりとお参りしてきましたよ

 続いて行ったのは多度峡

 ここには川をせき止めた天然プールがあります
DSC_0179.jpg

 消毒剤など一切使っておらず清潔に保たれたこのプール

 近くで川遊びができるなんて多度に住む子供達は羨ましいですね 



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-06-09 (金) | Edit |
 今月も浦霞を飲んでいます

 浦霞 純米酒
 NEC_1104.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは宮城県塩釜市にある佐浦さん

 浦霞は今回で10回目

 前回は先月飲みました

 毎月コンスタントに飲んでいる浦霞

 遂に二桁に突入です

 さすがに三桁になることはないでしょう

 今回のお酒は芳醇で膨らみのある旨味が楽しめるもの

 ほのかに甘い味わいとスッキリとした後口

 色々な食材と合わせやすく晩酌にもってこいなお酒

 美味しかったです

 

 ゴールデンウィークに嫁さんと娘が名古屋に来た時のことです

 名古屋の自分の家について嫁さんが一言

 「コンドミニアムみたいだね」

 確かに殆ど荷物がない自分の家
DSC_0043.jpg

 別に狙ったわけでもないですがミニマリスト状態です

 そんな家に待望の大型荷物が登場しました

 それはソファー

 義姉が結婚するのでいらなくなったと送ってくれました
DSC_0053.jpg

 少しは人が住む家らしくなりました

 まあ、日中は仕事で週末も殆ど家にいないんですけどねぇ




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-05-14 (日) | Edit |
 今月も浦霞を飲んでいます

 浦霞 純米吟醸生酒 春酣
 NEC_1102.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:トヨニシキ、山田錦)
 精米歩合:50%
 日本酒度:+1.5
 酸度:1.5



 このお酒を造るのは宮城県塩釜市にある佐浦さん

 浦霞は今回で9回目

 前回は先月いただきました

 この春酣(はるたけなわ)は季節限定商品

 春の訪れを感じられるような味わいが特徴です

 今回のお酒はラムネのような爽快な味わいが楽しめるもの

 微かなガス感に軽快なタッチ

 それでいてジワッとビターな旨味が広がり存在感も十分

 上品で主張し過ぎない含み香が鼻を突き抜けるのも心地よい

 とっても美味しかったです



 先日、長久手温泉ござらっせで野菜を買ってきました

 そのなかにはネギ3本もありました

 ネギを有効活用しようと考え鶏肉を購入
NCM_5933.jpg

 作ったメニューは焼き鳥です
NCM_5934.jpg

 居酒屋では定番の焼き鳥

 どおせグリルに入れて焼くだけだと思っていたら大間違い

 火加減や焼き加減が難しい

 特にタレに付けたのは周りが焦げてしまう
NCM_5935.jpg

 それでも悪戦苦闘しながらなんとか完成
NCM_5936.jpg

 お酒に合わせていただきましたよ

 しかし、改めて焼き鳥を作る難しさが身にしみました

 やっぱり焼き鳥は居酒屋で食べるか買ってくるかがいいですね

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-04-14 (金) | Edit |
 宮城のお酒を飲んでいます

 浦霞 本醸造 辛口
 NEC_1094.jpg


 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは宮城県塩釜市にある佐浦さん

 浦霞は今回で8回目

 前回は先月に搾りたての特別純米生酒をいただきました

 浦霞は自分の味覚の軸とするお酒

 定期的に飲む銘柄です

 今回のお酒はスッキリした飲み口と米の旨味がマッチしたもの

 ただ燗にすると仄かな甘味が広がり味わい深い

 幅広い温度帯で味わえ飲み飽きしないうえ驚きのコスパ

 美味しかったです



 当分、知多四国巡礼の旅について紹介します

 実は昨秋に行ったのですがなかなかアップできなかったものです

 今回は第16番札所から

 第16番札所は平泉寺
NCM_5305.jpg

 このお寺は源頼朝が父義朝の墓参りの帰りに立ち寄ったそうです

 さらに元寇の折には後宇多天皇の勅願で異国降伏を祈願されたとか

 歴史のあるお寺ですね

 続いて行ったのは第17番札所の観音寺
NCM_5308.jpg

 本尊は江戸時代に快慶が作ったもの

 50年に一度しか開帳されない秘仏です

 境内に行くには74段の長い階段を上がります
NCM_5307.jpg

 続いて行ったのは番外の海蔵寺
NCM_5310.jpg

 明治中期に霊場会の発足の運営・援助に尽力して番外に追加されました

 第18番は光照寺
NCM_5313.jpg

 このお寺は南北朝時代に建立されたもの

 境内には清水次郎長が闘いの前に願掛けした蔵が祀られています

 一つ一つのお寺に凄く歴史を感じます





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村