勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-11-22 (水) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 千代の花 特別本醸造 揖斐川
 NEC_1147.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業明治25年の杉原酒造さん

 岐阜県揖斐郡大野町にあります

 杉原酒造さんには「千代の花」以外にも銘柄があります

 それは特約店限定流通品の「射美」

 もともと小さい蔵のうえ人気がありなかなか手に入りません

 そんな蔵の杜氏は5代目

 もともと海外青年隊で活躍していたそうです

 蔵が使用する米のうち特徴的なものは「揖斐の誉」

 なんと蔵のオリジナル米なのです

 母方が山田錦で父方が若水を人口交配して作ったこのお米

 地元農家の友人が杜氏のために作ったそうです

 今回のお酒はサッパリした味わいのもの

 ほのかな米由来の甘味がふわっと広がります

 後口はアル添由来のキレの良さでスッキリしてて飲み飽きしない

 美味しかったです



 引き続き知多四国巡礼のことです

 第63番札所をあとに向かったのは第65番札所相持院
DSC_0420.jpg

 ここは映画「20世紀少年」のロケ地にもなった場所

 知多随一という大きさである大梵鐘がありました
DSC_0422.jpg

 続いて向かう第64番へは常滑市内を歩く道のり

 趣のある古い街並みに可愛らしい焼き物がマッチしてました
DSC_0423.jpg

 そして着いたのが第64番札所宝全寺
DSC_0425.jpg

 このお寺の塀には常滑焼の四孔管が使われています

 ここから常滑駅から名鉄に乗って向かったのは第68番札所寳藏寺
DSC_0428.jpg

 ここは「火防大師」として名高く祀る人は末代まで火難を逃れるそうです

 続いて行ったのが第69番札所慈光寺
DSC_0430.jpg

 お寺の横にはすぐ名鉄が走っていました

 そして第70番札所地蔵寺へ
DSC_0437.jpg

 ここは「大草のお地蔵さん」として親しまれてきました

 確かに寺内にはたくさんのお地蔵さんがいましたよ
DSC_0438.jpg

 慈光寺と地蔵寺の間に気になるものを発見

 大草城跡です
DSC_0433.jpg

 このお城は織田信長の弟である織田有楽斎が築城しようとしたもの

 もともと有楽斎が築城しようとしたとき本能寺の変が勃発

 その後に有楽斎が摂津へ転封となり築城が中断

 結局は幻の城となったんだそうです

 幻の城の天守閣からの風景
DSC_0435.jpg

 有楽斎は結局はこの風景を見れなかったんですね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-10-09 (月) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 久寿玉 手造り純米
 NEC_1131.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:ひだほまれ)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+5


 このお酒を造るのは元禄年間創業の平瀬酒造店さん

 岐阜県高山市にあります

 銘柄の久寿玉の語源は「薬玉」

 「おめでたい、邪気を払う」という願いを込め名付けられました

 「他の商売には如何なることがあっても振り向かない。酒造り業一筋に生きる」

 蔵に伝わる家訓です

 14代380有余年にわたる歴史を誇る平瀬酒造店さん

 いつの頃からか当主は平瀬市兵衛を襲名します

 蔵が取り扱うのは全量特定名称酒

 造りは越後流のようです

 今回のお酒は柔らかく滑らかな口当たりが楽しめるもの

 香り穏やかで上品でほのかな甘みと旨味に綺麗な酸がいい感じ

 ぬる燗にすると心地よい甘味がふわっと広がり飲みやすい

 美味しかったです



 先日、娘から葉書がきました
InkedDSC_0481_LI.jpg

 さいたま市の小学5年生は福島にキャンプに行きます

 そんなキャンプ先から葉書を送ってくれたのです

 2泊3日のキャンプは初日と最終日が雨だった様子

 それでも2日目のメインイベントの登山はやれたようです

 そんなことが書かれた葉書を娘からもらうと嬉しいですね

 最近、埼玉に帰っても一緒にお風呂に入らなくなった娘

 思春期突入といった感じでしょうか

 もしかしたら手紙的なものは今回の葉書が最後かもしれませんね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-10-06 (金) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 千古乃岩 辛口純米酒
 NEC_1148.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+1.3
 酸度:1.5

 このお酒を造るのは創業明治42年の千古乃岩酒造さん

 岐阜県土岐市にあります

 銘柄は地元にある名石「稚児岩(ちごいわ)」が由来

 千年のめでたさを願いすこやかな子供のように大きくなるよう字を変えています

 仕込水は硬度が0.4以下の超軟水を使用

 4代目で越後流の蔵元杜氏が醸します

 ホームページを見ると海外展開を強化している様子

 香港やシンガポールの食品展示会に出展しています

 蔵元杜氏が若いので色々とチャレンジしているのでしょう

 今回のお酒は円やかな米の旨味が楽しめるもの

 全体的にはスッキリとした辛口ながらコクのある味わいがいい

 香りは穏やかで和食と合わせやすい感じか

 美味しかったです



 引き続き愛知県西部に行った時のことです

 愛西市の佐屋から向かったのは津島市

 今回のメイン目的は津島市

 理由は尾張津島秋まつりが開催されていたから

 町の中には山車が出ています
DSC_0469.jpg

 そして津島神社を参拝
DSC_0473.jpg

 ここは全国約3000あるといわれる「天王社」の総本山
DSC_0475.jpg

 西の八坂神社・東の津島神社と言われるだけあり立派でした

 ちなみに神社の横にあるのは天王川公園
DSC_0476.jpg

 ここも日本歴史公園100選に選らばる大きな公園でした

 津島市をあとに向かったのはあま市の甚目寺

 ここは尾張四観音の一つとして知られるお寺です
DSC_0478.jpg

 塔など立派な建物がいくつもあります
DSC_0479.jpg

 どうやら聖徳太子の母親である推古天皇の時代が始まりの様子

 国の重要文化財も6件あるとのこと

 さすがは駅名になるほどのお寺です

 今回の散策で初めて知るような観光資源がたくさんありました

 まだまだ愛知県も行くところがいっぱいありそうで楽しめそうです

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-09-24 (日) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 白川郷 炭酸純米 泡にごり酒
 NEC_1150.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:70%
 日本酒度:-50


 このお酒を造るのは創業天保8年(1837年)の三輪酒造さん

 岐阜県大垣市にあります

 蔵は白川郷の近くにあるわけではありません

 どぶろく祭り用に売れるどぶろくの製造を白川村から依頼されます

 造った商品が昭和51年に製品化され白川郷が生まれました

 コンセプトは祭りのどぶろくに近いもので都会の人々に喜ばれる商品

 今では海外にもうすにごり酒が輸出されているそうです

 そういえば白川郷純米にごりは埼玉のスーパーでもよく見かけます

 販売力のある蔵なのでしょう

 今回のお酒はヨーグルトのような酸味が楽しめるもの

 発泡しており爽やかなタッチと甘味が女性向きな感じ

 11度の低アルコールなのも飲みやすい

 美味しかったです



 今は名古屋に単身赴任しており自分は社宅暮らしをしています

 家族は埼玉にいますがこちらも社宅暮らし

 家族の方はいつまでも社宅にいられるわけではありません

 そこで最近は埼玉に帰ると不動産屋さんや住宅展示場へ行き物件を物色

 色々とパンフレットを見て研究しています
DSC_0391.jpg

 しかし、これがなかなかしんどい

 特にハウスメーカーは営業が熱心

 大きな買い物なのですぐには決断できないんですが・・・

 とは言っても色々と情報は欲しいし・・・

 当面悩ましい日々が続きそうです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-09 (水) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 鯨波 吟醸 夏吟
 NEC_1128.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール(原料米:五百万石)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは岐阜県中津川市にある恵那醸造さん

 鯨波は今回で2回目

 前回は約2年半前にいただきました

 規模小さい蔵なのか名古屋でもあまり見かけない鯨波

 埼玉の家の近くの酒屋が取り扱ってくれていて助かります

 今回のお酒は瑞々しく軽快な飲み口が楽しめるもの

 上質でほのかな甘味としっかりとした旨味が乗っている

 心地よいキレも暑い夏にはグッド

 とっても美味しかったです



 先日、家族で今年の夏旅行に行ってきました

 行き先は長野と群馬

 しばらくこのことを書きたいと思います

 まず行ったのは軽井沢
DSC_0222.jpg

 暑い夏の日が続いており避暑地にとの思いで行ったのですが・・・

 ここも暑かった

 そこでお店に入りかき氷を注文
DSC_0226.jpg

 天然氷を使用しておりバクバク食べても頭が痛くならない

 体の中から涼めました

 軽井沢から移動して行ったのは上田城
DSC_0229.jpg

 娘が最近歴史に興味を持っているので行ってきました

 昨年の大河ドラマ「真田丸」の人気もあり場内は真田一色

 娘も真田一族の甲冑を興味深く見てました
DSC_0228.jpg

 本丸があったところは今は神社になっています
DSC_0231.jpg

 神社の敷地内には六文銭の大きな冑のモニュメントが・・・
DSC_0232.jpg

 なんか何でもありな感じでした
 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村