勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-03-10 (金) | Edit |
 大阪のお酒を飲んでいます

 国之長 しぼりたて貴一本
 NEC_1065.jpg
 
 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:70%
 日本酒度:-20


 このお酒を造るのは創業文政5年(1822年)の寿酒造さん

 大阪府高槻市にあります

 銘柄は醸の国の長であらんとするための決意が由来

 もともと蔵のある摂津富田郷は江戸時代の銘醸地

 ところが灘や伏見の台頭で存続が危ぶまれることに

 古くは「醸の国」とまで呼ばれた地の酒造りの伝統を絶やさない

 創業者が従来の商売を変え酒造りを始めたのがきっかけです

 蔵が目指すのは地域密着型の総合種類メーカー

 大阪で初めて地ビールや焼酎も手掛けました

 「当蔵は端麗辛口の酒は造りません」

 HPにあった言葉です

 味わいの深さがあってこそ酒との考えで醸しています

 今回のお酒はイチゴのような甘い味わいが楽しめるもの

 生酒らしいフレッシュ感がありつつ深みのある旨味がいい感じ

 キレはほぼ感じられず甘みのある余韻が続く

 美味しかったです



 先週の日曜日は愛知県小牧市に行ってきました

 行き先は航空自衛隊小牧基地

 「小牧基地オープンベース」というイベントに行ってきたのです

 行ってみると予想以上の混雑ぶり

 恐らく数万人単位で来場しているのではないでしょうか

 基地内には多数の飛行機が展示されています
NCM_5757.jpg

 小さい男の子にはたまらないと思います

 そしてメインイベントはブルーインパルスの展示飛行

 青空を一糸乱れぬ編隊で飛行するのはまさに秀逸
NCM_5766.jpg

 間近で見ると迫りくる飛行機の音も体感できて迫力満点

 初めて航空ショーを見ましたがクセになりそうです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014-12-10 (水) | Edit |
 大阪のお酒を飲んでいます

 秋鹿 純米吟醸 歌垣
 NEC_0708.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:60%
 日本酒度:+7
 酸度:2.4
 アミノ酸度:1.1


 このお酒を造るのは創業明治19年の秋鹿酒造さん

 大阪府豊能郡能勢町にあります

 蔵のある能勢町は秋の美しい里

 この美しい秋と創業者の奥鹿之助さんの名が銘柄の由来です

 ちなみに「歌垣」は蔵の裏にある山のこと

 この山の伏流水を用いて醸しています

 秋鹿酒造さんと言えば米作りで有名

 平成に入り山田錦の栽培をスタートします

 蔵人は夏に米の栽培、冬は酒造りを実践

 米は自営田と近隣農家の契約栽培により調達しています

 今回のお酒は寒い日が続くので燗にしました

 口に含むと穏やかで円やかな味わいが楽しめます

 そのあと上品な含み香がふぁっと広がり心地よい余韻が続く

 美味しかったです

 やっぱり寒い夜には燗がいいですね
 




 先週から平日は宇都宮に出張しています

 宇都宮に行ったからにはやっぱりこれでしょう
NCM_2870(めんめん3)

 めんめんの餃子です
NCM_2867(めんめん1)

 このパリパリの羽とジューシーな餡がたまらない
 
 一緒にチャーハンも食べて昼からガッツリです
NCM_2868(めんめん2)

 やっぱり宇都宮出張はいいですね

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2013-09-29 (日) | Edit |
 半年程前に話題になった蔵のお酒を飲んでいます

 浪花正宗 純米吟醸原酒
 NEC_0470.jpg

 (データ)
 原材料:米(山田錦)、米麹
 精米歩合:50%
 日本酒度:+3


 このお酒を造るのは創業享保年間(1716年)の浪花酒造さん

 大阪府阪南市にあります

 蔵は全国新酒鑑評会で金賞を多く受賞する実力ある蔵

 北海道洞爺湖サミットでも振舞われました

 人気で品薄だった春先に事件が発生

 「味がかわらないなら混ぜても問題ないと思っていた」

 蔵元が語るようにお酒を混ぜて販売していたようです

 味を整えるため古いお酒をブレンドすることはよくあるようです

 しかし、普通酒などスペックの異なるものを混ぜていたとか

 ニュースが一気に広がり自主回収を余儀なくされました

 HPを見ると再起を図る様子が見られました

 色々とありましたが、歴史ある蔵であり頑張ってもらいたいです

 今回の製造年月を見ると平成24年12月

 おっと、「不祥事」発覚前の製造ではないですか!?

 24BYの造りたてといったところでしょうか

 まあ、あえて買ってみたんですがね

 今回のお酒はスッキリとした辛口な味わい

 ほんのりフルーティーな香りがします

 味はややコクが足りないかなぁという感じですが後口よく飲みやすい

 美味しくいただきました

 次は25BYのものを買って飲みたいですね 


 先週の土曜日に見に行ったJリーグの試合

 スタジアム内にはグッズショップもありテンションが高まります
NCM_1177(.jpg

 結局、試合はベガルタ仙台が勝ちました

 NACK5スタジアムまでは自転車で行ける距離

 これからは大宮住民としてアルディージャを応援していきたいと思います

 スタジアムからの帰り道、アルディージャが負けて残念だねと娘に話すと

 「残念だけど最後まで一生懸命やることが大事なんだよ、先生言ってたもん」

 う~ん、思わず唸らされました

 結果が全てと行ってもいいプロスポーツの世界

 大人達は会社等で多かれ少なかれ業績等の結果を求められます

 このギャップは何なんでしょうか

 もちろん、小学校で先生が一生懸命やることが大事というのもわかる

 自分もそう教わってきましたしね 

 テストや受験、スポーツ等を通し、成長するにつれ子供も変わっていくんでしょうかね   




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2013-06-13 (木) | Edit |
 大阪のお酒を飲んでいます

 片野桜 特別純米無濾過生原酒
 NEC_0448.jpg

 (データ)
 原材料:米(雄町)、米麹
 精米歩合:58%
 日本酒度:+4
 酸度:1.8

 このお酒を造るのは創業昭和29年の山野酒造さん

 大阪府交野市にあります

 銘柄の由来は藤原俊成の交野の歌

 「またや見ん交野のみ野のさくら狩花の香ちる春のあけぼの」

 交野の字を片野にあてています

 造りは関西では稀な南部杜氏の浅沼政司さんが担当

 生駒山系伏流水を仕込水に使い年間製造量は500石です

 杜氏さんのモットーは「仕事に追われるのではなく、仕事を追え」

 自らを振り返ると耳が痛いです

 今回のお酒はパイナップルのようなフルーティーなもの

 米の旨みが凝縮されており濃淳でコクも楽しめる

 それでいてガス感があり爽やかで辛口のキレ味がいい

 とっても美味しかったです

 またお気に入りの蔵が増えました


 仙台への旅行の続きです

 旅館岩松屋をチェックアウト後に向かったのは作並渓流つり場
NCM_0703(作並釣り場1)

 ここは仙台に住んでいた頃に何度も遊びにきた場所

 透き通るほど綺麗な広瀬川の清流で釣りを楽しめます
NCM_0693(作並釣り場3)

 養殖した魚を放流して釣るので、はっきり言って誰れでも連れます

 娘も魚を釣って大満足です 
 NCM_0692(作並釣り場2)

 釣った魚は敷地内で炭火焼
NCM_0705(作並釣り場4)  
 
 ホクホクしてて美味しかったです

 埼玉へ帰る前に定義如来「西方寺」へ 
 NCM_0708(定義山)

 ここの有名は三角あぶらあげ 
 NCM_0710(三角あぶらあげ)

 揚げたてのあぶらあげは150円

 ふっくらしていて美味しかったです

 また仙台に行きたいなぁ



 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2012-07-08 (日) | Edit |
 引き続き大阪で買ってきたお酒です

 これも阪神デパートで東北ではなかなか手に入らないお酒と勧められました

 元朝 純米吟醸
 NEC_0290.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%

 このお酒を造るのは創業嘉永6年の寺田酒造さん

 「だんじり祭」で有名な大阪府岸和田市にあります

 HPには創業当初から作り続け、守り続けた味わいがあるとあります

 米は五百万石を使用しているようです

 他のブログなどを見ていると、どうも自醸していないのではないかという噂が…

 HPには辛さの中に芳醇な香りがあり、日本酒の観念を変えるとあります

 実際どうなのでしょうかね

 八海山やもろみ酢も寺田酒造さんのHPでは販売しています

 普通は他社のお酒は売らない気がしますがねぇ

 味は確かに辛口でスタンダードな飲みやすい感じ

 美味しくいただきました

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村