勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2016-04-18 (月) | Edit |
 北海道のお酒を飲んでいます

 金滴 純米吟醸 北の微笑
 NEC_0920.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 原料米:55%
 日本酒度:+2


 このお酒を造るのは創業明治39年の金滴酒造さん

 北海道樺戸郡新十津川町にあります

 銘柄は近くを流れる砂金川の水を飲もうとしたときに思いついたもの

 手からこぼれ落ちる水を見て「金の流れの滴」と思い「金滴」と命名されました

 蔵のある新十津川町は奈良の十津川村からの村民が入植したもの

 俺達の呑む酒は俺達で造るとの想いから蔵ができました

 ちなみに金滴酒造さんは北海道初の法人組織の蔵です

 そんな歴史ある蔵ですが2008年に民事再生法を申立て

 日本酒離れからか売上が下がっていたようです

 その後は川端杜氏を迎え入れ品質がアップ

 業況回復傾向にあったようですが2014年に離脱したそうです 

 今はどうなっているのでしょうかね

 今回のお酒は熟れた果実のようなフルーティーな味わいのもの

 それでいて重さはなく後口のキレもいい

 喉越しのよい飲み口で盃が進む

 美味しかったです



 昨日はお休みのためお出掛けしてきました

 行ったのは愛知県の瀬戸市
NCM_4512.jpg

 栄から初めて名古屋鉄道、いわゆる名鉄に乗りました
NCM_4509.jpg

 お目当ては「せと陶祖まつり」

 せとちゃんというゆるキャラも活躍していました
NCM_4515.jpg

 瀬戸市は自分の仕事の担当地域

 お茶碗は有名な瀬戸焼にすると前から決めてました

 そのため窯元でお茶碗を購入
NCM_4518.jpg

 大切に使いたいと思います

 瀬戸は古くから焼き物の町として栄えたところ

 雰囲気のいい小路もありました
NCM_4514.jpg

 新たに行った土地では新たな発見ができていいですね




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015-07-02 (木) | Edit |
 北海道のお酒を飲んでいます

 大雪乃蔵 袋吊り雫酒
 NEC_0798.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:吟風)
 精米歩合:50%
 日本酒度:+3
 酸度:1.4


 このお酒を造るのは創業明治13年の合同酒精の旭川工場さん

 合同酒精さんは東証一部に上場しているオエノングループの一員

 グループ内には酒造メーカーがいくつもあります

 福徳長酒類、富久娘酒造、秋田県醗酵工業、北の誉酒造など

 もちろん製造しているものも清酒だけではなく多様です

 焼酎やワイン、リキュール、チューハイ、ウィスキー、みりんなど

 さすがは日本でも指折りの大手酒造メーカーです

 ちなみに合同酒精の旭川工場ではしそ焼酎「鍛高譚」も製造

 一昔前にかなり流行りましたよね

 今回のお酒は大吟醸らしいスッキリとした感じ

 穏やかながら華やかな吟醸香と含み香がいい感じ

 ややサッパリした味わいでキレはまずまず

 個人的にはもう少し膨らみのあるコクや旨味がある方が好みか

 美味しくいただきました



 先週の土曜日は遅ればせながら父の日を祝ってもらいました

 夜ご飯は大好物の鳥のから揚げ

 娘からは手紙をもらいました
NCM_3582(父の日1)

 裏面を見ると・・
NCM_3583(父の日2)

 いつものお決まりの「長生きしてね」

 少々くどい内容ですが嬉しいですね

 そして布団で娘からマッサージをしてもらいました

 もうすぐ9歳になる娘

 いつまで相手にしてくれるのやら

 父の日のお祝いもあと1~2回ですかね





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2014-01-12 (日) | Edit |
 北海道のお酒を飲みました

 北海男山 生酛純米
 NEC_0563.jpg

 (データ)
 原材料:米(吟の精)、米麹
 精米歩合:60%
 日本酒度:+4


 このお酒を造るのは創業明治32年の男山さん

 北海道旭川市にあります

 もともと男山は寛文年間(1661~1672年)に兵庫県伊丹市で創設されたもの

 時代とともに灘・伏見のお酒に押されて明治初期に廃業してしまいました

 その時、男山ブランドを切り売りしたことで全国に男山ブランドが伝播したようです

 そんな中、昭和43年に元祖男山である伊丹の山本家末裔から印鑑を継承

 数多くの男山の中でも北海男山が正当な男山の末裔とされているようです

 仕込水は市民や観光客に愛される『延命長寿の水』を使用
 
 元は左官職人さんだったというユニークな経歴の杜氏さんを中心に醸します

 今回のお酒は燗映えするもの

 生酛らしいコクのある味わいが燗にすることで口の中にフワッと広がります

 飲みごたえのある円やかな味わいがいいですね

 美味しかったです


 正月後半に行った嫁の実家の続きです

 以前にも書きましたが嫁の実家は神奈川県の三浦半島にあります

 ここは何と言っても海が綺麗
NCM_1570(海1)

 嫁の実家近くには相模湾が広がります
NCM_1557(海2)

 実家は山の上にあるのですが、ここの夕陽がとても綺麗
NCM_1573(夕焼け)

 景色もよく年末年始は癒されました~
 

 
 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2012-01-07 (土) | Edit |
 帰省中に実家で飲んだお酒です

 北の錦 大吟醸
 NEC_0207.jpg

 このお酒を造るのは創業明治11年の小林酒造さん

 北海道夕張郡栗山町にあります

 酒名は初代小林米三郎が北海道で錦を飾ろうという意気込みを表したもの

 北海道でしか醸せない、味わえない酒を長い間一貫して追及してきました

 商品の80%が北海道産米を使用した純米酒

 杜氏はもちろん道産子の南さん

 「北海道の造り酒屋が北海道米を使わないで北海道がよくなるはずはない」という気概を持ち醸します

 蔵は酒屋では極めて珍しい西洋建築のレンガ蔵・札幌軟石の石蔵の美観

 一万坪の敷地内に18棟の蔵があり、築100年蔵では全国でも有数の規模です

 北海道の蔵らしくお洒落ですよね

 今回のお酒は大吟醸にしてはまろやかで柔らかい印象

 美味しかったです

 
 今回の帰省では東北以外のお酒も多く飲みました

 やっぱり地域によって日本酒の味わいは違うものですね

 これからはいろんな地域のお酒にもチャレンジしたいです

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村