勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-08-20 (日) | Edit |
 今月も浦霞を飲んでいます

 浦霞 本醸造
 NEC_1141.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは宮城県塩竃市にある佐浦さん

 浦霞は今回で12回目

 毎月飲んでいる定番のお酒です

 基本的に違うスペックの浦霞を飲んでいます

 ネット購入しないのでさすがの浦霞でも種類が限られてきました

 今回のお酒は浦霞らしい優しい芳醇な旨味が楽しめるもの

 ほのかな甘味とキレのある本醸造らしい後口

 色々な料理にも合わせやすいコスパ十分な味わいがいい

 美味しかったです



 お盆休みは自分と嫁さんの実家に帰っていました

 今年の関東地区のお盆は雨続き

 せっかく帰省したのに実家の犬との散歩は雨のなか
DSC_0264.jpg

 それでも娘は犬との散歩を楽しんでいましたよ

 雨でしたが娘は恒例のバーベキューをしたい様子

 幸い駐車場には屋根があるので雨に濡れずにバーベキューをしました
DSC_0270.jpg

 食後は花火

 みんなで夏の夜を楽しんだのですが・・・
DSC_0272.jpg

 やっぱり雨だと盛り上がりに欠けますね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-08-17 (木) | Edit |
 香川のお酒を飲んでいます

 綾菊 吟醸辛口
 NEC_1130.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは創業寛政2年(1790年)の綾菊酒造さん

 香川県綾歌郡綾川町にあります

 銘柄の「綾菊」は蔵のある地元・綾川が由来です

 別銘柄にあるのが「国重」

 これは現代の名工にも選ばれた名誉杜氏である国重弘明氏に因みます

 現在、綾菊酒造さんは大阪にある飯田グループの一員です

 清酒需要の低迷や後継者不在のなか飯田グループが買収

 グループ内には奈良の長龍酒造さんもあります

 買収による事業承継後も杜氏さんや蔵人は代わっていないようです

 今回のお酒は夏酒らしい瑞々しい味わいのもの

 つるっと軽快な飲み口に心地よい旨味が楽しめる

 後口の辛さが全体を引き締め飲みやすい

 美味しかったです



 夏旅行のことも今回で最後です

 神流町恐竜センターを出て家に向かって帰ることにしました

 帰り道に少し遅い昼食のため道の駅「上州おにし」へ

 メニューを見ると気になるものを発見

 下久保ダムカレーです
DSC_0254.jpg

 聞くと道の駅近くに下久保ダムという大きなダムがあるそうです

 最近ちょっとしたブームとなっているダムカレー

 それならば頼むしかない

 勇んで頼んでみると何とご飯がなくなっており売り切れ

 他のメニューをみるとダムカレーならぬダムラーメンのようなものが

 かどっこラーメンというこのラーメンを注文
DSC_0256.jpg

 豆腐のダムにカレーのダム湖

 さらに放流注意のお揚げがのっています

 味は微妙かと思いきや、これが美味しい

 そして注文したらダムカードをもらえました
IMG_20170729_174729.jpg

 別にダムにそんなに興味はありませんでしたが、このカードは気になる

 集めたくなってきました

 そして充実した2日間が終了して家に到着

 なんか盛だくさんな夏旅行でしたね 





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-15 (火) | Edit |
 新潟のお酒を飲んでいます

 鶴齢 特別純米酒 爽醇
 NEC_1133.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは新潟県南魚沼市にある青木酒造さん

 鶴齢は今回で3回目

 前回は2年前に飲みました

 猛烈に暑い日が続くなか酒屋でみた涼しげなラベル

 思わず買ってしまった1本です

 今回のお酒は軽やかなタッチと綺麗な口当たりが楽しめるもの

 主張し過ぎない爽やかな芳醇な旨味と酸のバランスがいい

 アルコール度数が低いこともありドンドン盃が進む

 とっても美味しかったです

 暑い夏にピッタリなお酒ですね



 引き続き夏旅行に行った時のことです

 2日目は群馬県の西部エリアを楽しみましたよ

 まず行ったのは上野スカイブリッジ

 「川和自然公園」と「まほーばの森」を結ぶ長さ225mの観光吊橋です
DSC_0240.jpg

 高さ90mあり晴れていれば絶景が見えるはずですが・・・

 曇っていてあまり見えない
DSC_0241.jpg

 ちょっと残念でしたね

 さらに行ったのが橋のすぐ近くにある不二洞

 関東随一の広さを誇る鍾乳洞です

 洞内は真夏でも約10℃

 とってもひんやりしており気持ちいい

 洞内は所々に綺麗にライトアップが施されています
DSC_0246.jpg

 生まれて初めて鍾乳洞に入った娘はまさに探検隊気分
DSC_0247.jpg

 アップダウンの激しい道を楽しんでいましたよ

 次に行ったのは神流町恐竜センター

 神流町は日本で初めて恐竜の足跡が発見された場所

 恐竜で町おこしをしておりセンター内の展示物も充実している

 大きな恐竜の頭蓋は迫力がある
DSC_0251.jpg

 レプリカとはいえテレビでしか見たことない化石
DSC_0253.jpg

 映画ジェラシックパークのテーマ曲が頭から離れませんでした



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-12 (土) | Edit |
 神奈川のお酒を飲んでいます

 いづみ橋 夏ヤゴ ブルー
 NEC_1134.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:山田錦)
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは神奈川県海老名市にある泉橋酒造さん

 いづみ橋は今回で3回目

 前回は約1年半前にいただきました

 「酒造りは米作りから」

 泉橋酒造さんの思いで自社田んぼで米から作っています

 いずみ橋といえばトンボラベルのお酒が有名

 赤トンボの子供のヤゴは夏場の田んぼで育つもの

 夏のヤゴが田んぼで健康的に育つ環境づくりに取り組む

 そんな想いが銘柄となっているのでしょうか

 今回のお酒は生酒らしい爽やかな口当たりが楽しめるもの

 一方でどっしりと存在感のあるやや濃醇な旨味がせまる

 心地よい酸による後口も盃を進める

 とっても美味しかったです



 引き続き夏旅行のことです

 上田城をあとに群馬県へ移動して宿泊する宿へ

 泊まったのは下仁田温泉清流荘

 日本秘湯を守る会の会員宿です

 大自然のなかの広大な敷地に綺麗な庭園が広がります
DSC_0237.jpg

 もちろん温泉もいい

 内湯は檜をふんだんに使ったもの
DSC_0235.jpg

 露天風呂は大自然を眺めながらリラックス
DSC_0238.jpg

 鳥のさえずりと川の流れの音が心地いいですね

 ここの湯は日本でも珍しい含二酸化炭素 炭酸水素塩泉

 10℃台という低温の源泉に入ると不思議なことが

 体が温まっているんです

 温泉の成分の不思議ですね

 部屋は囲炉裏があって田舎な感じの雰囲気満点
DSC_0233.jpg

 夕食はほぼ宿主の自作という野菜をふんだんに使ったもの

 地酒の妙義山と合わせていただきました
DSC_0234.jpg

 湯に夕食に雰囲気、さらに温かいサービスに満ちた大満足の宿でしたよ

 改めて日本秘湯を守る会の宿にはずれがないことを実感しました
 




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-08-09 (水) | Edit |
 岐阜のお酒を飲んでいます

 鯨波 吟醸 夏吟
 NEC_1128.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール(原料米:五百万石)
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは岐阜県中津川市にある恵那醸造さん

 鯨波は今回で2回目

 前回は約2年半前にいただきました

 規模小さい蔵なのか名古屋でもあまり見かけない鯨波

 埼玉の家の近くの酒屋が取り扱ってくれていて助かります

 今回のお酒は瑞々しく軽快な飲み口が楽しめるもの

 上質でほのかな甘味としっかりとした旨味が乗っている

 心地よいキレも暑い夏にはグッド

 とっても美味しかったです



 先日、家族で今年の夏旅行に行ってきました

 行き先は長野と群馬

 しばらくこのことを書きたいと思います

 まず行ったのは軽井沢
DSC_0222.jpg

 暑い夏の日が続いており避暑地にとの思いで行ったのですが・・・

 ここも暑かった

 そこでお店に入りかき氷を注文
DSC_0226.jpg

 天然氷を使用しておりバクバク食べても頭が痛くならない

 体の中から涼めました

 軽井沢から移動して行ったのは上田城
DSC_0229.jpg

 娘が最近歴史に興味を持っているので行ってきました

 昨年の大河ドラマ「真田丸」の人気もあり場内は真田一色

 娘も真田一族の甲冑を興味深く見てました
DSC_0228.jpg

 本丸があったところは今は神社になっています
DSC_0231.jpg

 神社の敷地内には六文銭の大きな冑のモニュメントが・・・
DSC_0232.jpg

 なんか何でもありな感じでした
 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村