勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2018-02-25 (日) | Edit |
 愛知のお酒を飲んでいます

 蓬莱泉 特別純米酒 可
 NEC_1200.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%


 このお酒を造るのは愛知県北設楽郡設楽町にある関谷醸造さん

 蓬莱泉は今回で5回目

 前回は先月に元旦に初搾りしたものをいただきました

 今年は毎月飲むと決めた蓬莱泉自分

 特別純米酒スペックはどのような味でしょう

 今回のお酒はマスカットのような香りが楽しめるもの

 円みを帯びたほのかな甘味を伴う旨味がいい感じ

 喉越しがいいうえキレもあり飲み飽きしないのがグッド

 とっても美味しかったです



 先日、埼玉の大宮に帰ったときのことです

 塾に通う娘を迎えに大宮駅まで車で行きました

 そして娘を乗せて家に帰る途中

 大宮駅の繁華街の交差点を左折して20mくらい走ったあと

 ある男性が車の窓を叩いています

 何事かと窓を開けると「車の横に体が当たった」とのこと

 そんな音も感触も無かったのですがとりあえず謝ります

 すると車から降りてきて謝罪しろというではないですか

 当たったかなぁと思いつつ下車して謝罪

 男性は腕が痛くて痛くてたまらないと言い始めました

 何かおかしいと思いつつも謝罪すると「謝罪してすむものではない」と

 どうやら治療費を出せと暗に言っているようです

 改めて風貌を見るとチンピラ風

 これは当たり屋なのではないかと思いました

 当たって痛いと言う腕部分の服も全く汚れていない

 自慢じゃないですけど我が家の車は泥だらけ
DSC_0816.jpg

 当たったなら当然服が汚れててもいいはずです

 腕を見してもらっても怪我の形跡は全くありません

 その間も相手は治療費を要求します

 そこで警察を呼ぶので話を聞いてもらいましょうと相手に提案

 すると「なんで警察呼ぶんだ、被害者はこっちだぞ」と焦った様子

 これで完全に相手は芝居だと確信

 電話で警察に連絡する素振りを見せると足早に逃げていきました

 こういう輩がオレオレ詐欺とかするのかなぁ

 物凄く嫌な気持ちになりました

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2018-02-22 (木) | Edit |
 奈良のお酒を飲んでいます

 睡龍 生酛
 NEC_1212.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:65%


 このお酒を造るのは奈良県宇陀市にある久保本家酒造さん

 久保本家酒造さんのお酒は今回で2回目

 前回は別銘柄の生酛のどぶを約2年半前にいただきました

 自分の感覚的には久保本家酒造さんのお酒は芯がしっかりしている

 熱めの燗にしても味が崩れない印象があります

 ちなみにこのお酒は10年物の古酒

 10年前の自分といえば大宮、仙台の前の浦和に住んでました

 今春には小学6年生になる娘も1歳だったころ

 物凄く昔な感じがしますね

 今回のお酒は黒蜜の香りを強くしたような熟成香が感じられるもの

 濃厚で複雑な甘味と力強い旨味が楽しめる

 燗にすると味に広がりがでつつもしっかりした飲みごたえがいい感じ

 とっても美味しかったです 



 先週の土曜日は日本酒教室でした
DSC_0821.jpg

 1月は仕事で出席できず2ヵ月振りの教室

 今回のテーマはチーズと合わせる日本酒

 チーズは世界中にあり種類豊富で日本酒とも合わせやすいとか

 しかも基本切るだけなので準備が簡単

 自分も家でチーズを少しずつ学びたいと思いました

 そんなチーズと合わせた日本酒はこちら
DSC_0820.jpg

 麓井は生酛だったのですが味わいが自分の知る生酛っぽっくない

 先生に聞くと最近は昔ながらの生酛造りとは違う方法もあるとのこと

 簡単にいうと造りに蔵で培養した乳酸を使用するようです

 速醸酛だと外部で製造された乳酸を添加する

 これだと厳密にいうと全て自蔵で醸造していないことになります

 自蔵で乳酸を培養する生酛造りだと全て自家製とPRできるのです 

 海外マーケットを意識してこの方法で醸す面もあるとか

 毎回勉強になる会です



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-02-20 (火) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 鈴正宗 純米大吟醸
 NEC_1208.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:50%

 
 このお酒を造るのは創業寛政3年(1791年)の矢尾酒造さん

 滋賀県蒲生郡日野町にあります

 銘柄にある鈴は神社の鈴

 正宗は名刀の代名詞でお酒の銘柄にはよく使われるもの

 鈴のような余韻と切れ味のよいお酒という想いが込められています

 蔵のルーツは近江商人

 埼玉で秩父錦を醸す矢尾本店の分家が日野に戻り始めました

 現在の7代目の蔵元は元DJ

 スノーボードもプロ級の腕前だそうです

 仕込水には銘水「若草清水」を使用

 蔵元も若く期待の蔵ですね

 今回のお酒は爽やかな葉類のような香りが楽しめるもの

 綺麗な飲み口でイチゴのようなほのかな甘みが心地よい

 少しミントのような感じがしたあと苦味を伴う旨味がいい感じ

 美味しかったです

 

 引き続き岐阜県多治見市に行った時のことです

 虎渓山をあとに虎渓公園へ

 ここからは多治見市内を一望できました
DSC_0787.jpg

 そうこうしているうちにお腹がすいてきた

 昼食は信濃屋という少しレトロなお店へ
DSC_0784.jpg

 ここで食べたのは多治見名物「ころうどん」
DSC_0785.jpg

 夏の多治見は暑いことで有名

 そんな土地柄もあり「ころうどん」は冷たいんです

 ちょっと柔らかいうどんにたまり醤油ベースのつゆがグッド

 美味しかったですよ

 そして最後に向かったのが「たじみ創造館」

 このなかで多治見市のゆるキャラを発見
DSC_0806.jpg

 名前は「うなかっぱ」

 なんかNHKの番組の「はなかっぱ」に似ている気が・・・

 それはともかく名古屋からも近くいい一日になりました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-02-17 (土) | Edit |
 滋賀のお酒を飲んでいます

 神開 一番汲み 純米しぼりたて
 NEC_1185.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:日本晴)
 精米歩合:60%
 使用酵母:協会9号


 このお酒を造るのは滋賀県甲賀郡水口町にある藤本酒造さん

 神開は今回で2回目

 前回は約2年前にいただきました

 埼玉ではあまり見ないですが名古屋では結構見かける神開

 ラベルが個性的という印象があります

 このお酒もまさにラベルに魅かれて買ったものです

 今回のお酒はマスカットのような香りが楽しめるもの

 搾りたてらしいフレッシュ感と濃醇な旨味が広がります

 心地よい渋みのあとの短い余韻がいい感じ

 とっても美味しかったです



 引き続き岐阜県多治見市に行った時のことです

 市之倉地区をあとに向かったのは虎渓山
DSC_0804.jpg

 約700年の歴史がある禅宗建築のお寺があります

 まずは永保寺を参拝

 ここには国指定名勝庭園があります
DSC_0789.jpg

 とっても綺麗な景色にたたずむのは国宝観音堂

 厳かな雰囲気があります

 虎渓山には他にも寺院があります

 赤い門が特徴的な保寿院
DSC_0802.jpg

 綺麗な庭園が禅寺らしい徳林院
DSC_0801.jpg

 広くどこか開放的な続芳院
DSC_0799.jpg

 名古屋から電車で30~40分でこんな素敵な寺院があるんですね



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2018-02-15 (木) | Edit |
 大阪のお酒を飲んでいます

 かたの桜 特別純米 中汲み無濾過生原酒
 NEC_1199.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:雄町)
 精米歩合:58%
 日本酒度:+3
 酸度:1.8


 このお酒を造るのは大阪府交野市にある山野酒造さん

 かたの桜を飲むのは今回で2回目

 前回は約4年半前にいただきました

 個人的にはとってもお気に入りの蔵

 埼玉や名古屋ではあまり見かけません

 今回のお酒はフルーティーで上質な含み香が楽しめるもの

 フレッシュな飲み口のあとほのかな甘みがいい感じ

 心地よい苦味を伴う旨味が綺麗な余韻とともに消えていく

 とっても美味しかったです

 やっぱりかたの桜はいいお酒ですね



 先日、岐阜県の多治見に行ってきました

 しばらく多治見のことを書きたいと思います

 多治見といえば美濃焼の産地

 まず行ったのは盃の産地として有名な市之倉地区へ

 かつてこの地区の焼物の9割が盃だったとか

 この地区にある市之倉さかづき美術館に行ってきました
DSC_0780.jpg

 数多くの盃が展示されています
DSC_0782.jpg

 盃の歴史や展示物を楽しめましたよ

 町を散策すると古い工房なんかもあります
DSC_0781.jpg

 せっかく特産地に来たんだから盃を買おうと思い悩みましたが・・・

 結局、決めきれず

 またまた決定力不足の優柔不断な性格が出てしまいました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村