勤務先は転勤が多く、各地のお酒を堪能できます♪ 家で飲んだ各地のお酒を紹介!!
2017-03-29 (水) | Edit |
 京都のお酒を飲んでます

 翁鶴 生酒 初搾りの酒
 NEC_1080.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹、醸造アルコール
 精米歩合:70%


 このお酒を造るのは創業元禄年間の大石酒造さん

 京都府亀岡市にあります

 銘柄は長寿と縁起のよさを由来としています

 蔵は平成26年に美山蔵を完成

 亀岡から南丹市に造りの拠点を移しています

 HPを見ると中国の天津にも拠点がある様子

 積極的に事業展開しているんですね

 造りを担当するのは丹波杜氏

 亀岡駅前にはアンテナショップ「酒の館」を運営しています

 今回のお酒は青りんごのような香りが楽しめるもの

 生酒らしいフレッシュ感に甘みが広がっていく

 後口はアルコール度数の高さからか辛みが続いていきます

 美味しくいただきました



 この前の日曜日は名鉄の有松駅に行ってきました

 駅前は古い建物が並び雰囲気があります
NCM_5823.jpg

 有松絞りという絞り染めで栄えた面影を感じました

 しかし有松に行ったのは古い町並みを見るためではありません

 ここは日本史を変えた一大合戦があった場所なのです

 それは桶狭間の戦い

 桶狭間古戦場公園に行ってきたのです
NCM_5819.jpg

 公園内には織田信長と今川義元の像がありました
NCM_5820.jpg

 ここで歴史が動く戦いがあったと感じるだけでワクワクします

 そして敗れた今川義元のお墓もありました
NCM_5821.jpg

 愛知県には歴史を感じるスポットがたくさんあって楽しいです





にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017-03-27 (月) | Edit |
 京都のお酒を飲んでいます

 弥栄鶴 亀の尾蔵舞
 NEC_1079.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹(原料米:亀の尾)
 精米歩合:60%


 このお酒を使うのは創業昭和22年の竹野酒造さん

 京都府京丹後市にあります

 もとは明治期に創業し、戦時に休業していた行待酒造場

 戦後に行待酒造場が呼びかけ4社が合併してできた蔵です

 銘柄は蔵のある地「弥栄町」が由来

 このお酒は「蔵舞(くらぶ)」シリーズです

 古の造りの技術を貯え、伝えていくという意味が込められています

 ちなみに蔵舞シリーズは使用する米によって銘柄が変わります

 他にも旭蔵舞、祝蔵舞、錦蔵舞(山田錦)、祭蔵舞(祭りばやし)があります

 今回のお酒は上品でほのかな甘みのある味わいが楽しめるもの

 つるっと滑らかな飲み口で程よい吟醸香が心地よい

 爽やかな酸味によるキレもよく盃が進む

 とっても美味しかったです



 この前の土曜日は名古屋市の伏見に行ってきました

 目的はなやばし夜イチ 日本酒まつり

 堀川が流れる納屋橋と錦橋の両岸に13の蔵が出店するイベントです
NCM_5805.jpg

 早速チケットとお猪口を購入

 気になる蔵でお酒を注いでもらいます
NCM_5807.jpg

 時期的にどの蔵も搾りたてのお酒が多い印象

 外で飲むお酒がこれまた美味い
NCM_5806.jpg

 色々な蔵のお酒をその場で飲み比べられるのもいいですね

 結局お猪口10杯分のお酒をいただく

 昼間からとってもいい気持ちになりました




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-03-25 (土) | Edit |
 岩手のお酒を飲んでいます

 廣喜 純米にごり 南部初雪 生原酒
 NEC_1064.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは岩手県紫波郡紫波町にある廣田酒造店さん

 廣喜は今回で2回目

 前回は約5年半前にいただきました

 この前に紹介した菊の司と同様に名古屋や埼玉で殆ど見かけない廣喜

 こちらも名古屋の栄にある三越でゲット

 三越には岩手方面をひいきにするバイヤーがいるのでしょうか

 今回のお酒はにごり酒らしいクリーミーな味わいが楽しめるもの

 開栓とともに発泡したピチピチ感がたまらない

 旨味のあとにくるヨーグルトのような酸がいい感じ

 美味しかったです



 先日、待ちに待ったものが家へ届きました
NCM_5749.jpg

 ちなみにこれはふるさとの納税で燕三条市から届いたもの

 中身は包丁です
NCM_5750.jpg

 昨年、包丁で負傷した自分の指

 とっても安くて切れ味が悪かった包丁が原因と考えています

 単身赴任生活では結構料理してる自分
 
 やっぱり毎日のように使うものだからいいものが欲しい

 いい包丁をゲットして料理へのモチベーションもアップ

 でも切れ味が良すぎてまた指を負傷するかもしれない

 結局は自分の腕をあげないといけないのかもしれませんね 




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-03-23 (木) | Edit |
 山形のお酒を飲んでいます

 初孫 魔斬 生酛純米本辛口 生原酒
 NEC_1069.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:55%
 日本酒度:+10
 酸度:1.5
 使用酵母:自社酵母
 

 このお酒を造るのは山形県酒田市にある東北銘醸さん

 初孫は今回で2回目

 前回は7年前に飲みました

 7年前に飲んだのは酒田へ旅行に行って購入したもの

 一緒に行った当時3歳だった娘もいまや10歳

 時の流れを感じます

 ちなみに自分の両親にとって娘はまさに初孫でした

 やっぱり孫は可愛いんでしょうね

 今回のお酒は生酒らしいフレッシュな口当たりが楽しめるもの

 爽快な飲み口から急にギュッと詰まった生酛らしい深い旨味が広がる

 旨味が広がったあとのドライな切れ味のメリハリがいい感じ

 とっても美味しかったです

 生酛の進化を感じる一品でした



 先週末は連休でしたね

 自分も埼玉の家へ帰宅

 冬も終わりに近づき今シーズン最後のスキーへ

 行ったのは菅平高原スキー場
NCM_5798.jpg

 今年は雪が多かったのかゲレンデコンディションは昨年に比べて悪くない

 ただ南側の斜面は雪が解けてベチャベチャでした

 ここのスキー場は横に広がりがあり縦に短い印象
NCM_5796.jpg

 そのため長い距離を滑るには少々物足りない感じ

 ただ、どのコースの幅が広く滑りやすかったです

 スキーのあとは温泉へ

 行ったのは千古温泉
NCM_5804.jpg

 洗い場が2つ、浴槽にも3人程度しか入れない小さな温泉です

 それでも地元の人を中心にお客さんは入っている

 自分が入浴した時は3人いました

 お風呂に入り洗い場で洗う2人が終わるのを待ちます

 どうやら2人とも80代後半の様子

 この2人の洗う時間がスローでとっても長い

 高齢の方に湯船から出て後ろからプレッシャーをかけるのも気が引ける

 結局、20分以上は湯船で待っていたでしょうか 

 おかげで無茶苦茶のぼせました



にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

2017-03-20 (月) | Edit |
 宮城のお酒を飲んでいます

 浦霞 特別純米酒
 NEC_1085.jpg

 (データ)
 原材料:米、米麹
 精米歩合:60%


 このお酒を造るのは宮城県塩釜市にある佐浦さん

 浦霞は今回で7回目

 前回は1年ちょっと前のクリスマスに飲みました

 何だかんだで色々飲んだあげく戻ってきてしまう浦霞

 日本酒教室で先生から軸の1蔵を作るよう教えられました

 自分は浦霞を選び今月からコンスタントんい飲もうと思っています

 今回のお酒はリンゴのようなほのかな甘みと香りが楽しめるもの

 フレッシュで軽快がありながら渋みや苦味のある旨味がいい

 芳醇な味わいのあとの酸の余韻も心地よくグッド

 とっても美味しかったです

 やはり浦霞は安定感がありますね



 先週は飛行機で出張に行ってきました

 行き先は鹿児島
NCM_5793.jpg

 人生初の鹿児島県上陸です

 目的地は霧島温泉
NCM_5774.jpg

 源泉が湧いているところでしょうか
NCM_5782.jpg

 物凄い水蒸気がモクモクと出ていて雰囲気がいい

 せっかく来た鹿児島なので昼ご飯は黒豚を食す
NCM_5778.jpg

 甘味のある肉質がたまりませんね

 一通りの仕事が終わっていざ名古屋へ
NCM_5794.jpg

 日帰りの強行軍だったので殆ど観光はできませんでした

 今度はゆっくりと観光で行きたいですね




にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村